【 決算書の5要素 】分かりやすく解説

今回は、決算書の5要素について解説します。

決算書では、取引によって増減した要素を、「資産」「負債」「資本(純資産)」「収益」「費用」の5つに分けて処理するルールがあります。

また、説明した勘定科目は、基本的に上記の5つに分類されます。


では、それぞれの分類について解説します。

スポンサーリンク

資産

資産とは、財産と呼ばれるもののことです。

例えば、現金預金(詳細→決算書における【 現金預金について 】分かりやすく解説)・建物・土地のことです。

更に、貸付金(他人にお金を貸したときの、後で返してもらえる権利)・売掛金(後払いで商品を販売した際の、あとで代金を受け取れる権利)なども、資産に分類されます。

※売掛金とは→【 売上債権とは 】売掛金・受取手形・未収入金まで分かりやすく解説

主な資産の勘定項目

表にまとめると次の通りです。

勘定項目内容
現金紙幣・硬貨など
売掛金後払いで商品を販売した際の、あとで代金を受け取れる権利
商品ジャン倍目的で所有する物品・売り物
貸付金他人にお金を貸したときの、後で返してもらえる権利
建物店舗・倉庫など
土地店舗・倉庫などの敷地や駐車場

負債

負債とは、将来お金を支払わなければならない義務がある物事です。


下記などが負債に該当します。

銀行などからお金を借り入れた時の、で返さなければならない義務のことを、「借入金」と言います。

代金後払いで商品を購入したときの、後で代金を支払わなければならない義務を、「買掛金」と言います。

主な負債の勘定項目

表にまとめると次の通りです。

勘定項目内容
買掛金後払いで商品を購入した際の、あとで代金を支払わなければならない義務
借入金銀行などからお金を借りた時の、後で返さなければならない義務

資本(純資産)

資本(純資産)とは、事業の元手となる金額のことです。

純資産は、資産合計から負債合計を差し引いた金額のことです。

会社においては、株主から受け取った金額と、事業によって儲けた金額により構成されています。

主な資本の勘定項目

勘定項目内容
資本金出資額のこと。
株式会社では、株主から払い込まれた金額のこと。
利益準備金会社の利益のうち、会社法にて積み立てが強制されている金額のこと。
繰越利益剰余金会社の利益のうち、配当・処分が決定していない金額のこと。

収益

収益とは、外部から受け取った収入のことです。

資本(純資産)を増加させる要因になるものです。

具体的には、商品を販売した時・銀行にお金を預け入れたことによって受け取る利息などのことです。

受取利息とは、銀行にお金を預けておくと利息がつくものです。

主な収益の勘定項目

表にまとめると次の通りです。

勘定項目内容
売上商品の販売によって得た収益
受取利息現金利息・貸付金による利子
受取手数料取引を仲介することによって得た手数料など

費用

費用とは、商品の購入にかかった代金・広告費など、収益を得るためにかかった支出です。

資本(純資産)を減らす要因になります。


例えば、仕入・給料などがあります。

仕入とは、商品を販売するためには、商品を買ってこなければならないため、そのために仕入れるもの金額のことです。

給料とは、収益を得るために雇った従業員への給料のことです。

給料の詳細→【 賃金・給料を支払ったときの決算書 】分かりやすく解説

主な費用の勘定項目

表にまとめると次の通りです。

勘定項目内容
仕入販売するための商品の購入にかかった支出のこと。
給料授業員に支払う給料・手当のこと。
水道光熱費店舗の電気代・ガス代・水道代のこと。
広告宣伝費チラシ代などの商品の広告・宣伝にかかった支出のこと。
支払利息銀行等からの借入金に対して支払った利子のこと。(支出としての利子)
支払手数料取引を仲介してもらったことによる仲介手数料などの支出のこと。
保険料建物に付随する火災保険などの支出のこと。

まとめ

株式投資では、決算を読み込むために簿記の知識もあると優位になります。

今後も決算を読み解いていきましょう。

https://accounts.binance.info/ja/register?ref=TT7DEOPV
株式
スポンサーリンク
\Follow/
スポンサーリンク
\Follow me/
\Follow/
Miories
タイトルとURLをコピーしました