決算書における【 株式交換の連結上の処理 】分かりやすく解説

今回は、決算書における「株式交換の連結上の処理」について解説します。

株式交換によって、親会社・子会社の関係が生じるということは、連結財務諸表を作成しなければなりません。

詳細→決算書において【 子会社がその他有価証券を保有していた場合 】分かりやすく解説

そこで、株式交換が行われた際の、連結上の処理を説明します。

スポンサーリンク

連結上の処理

株式交換で取得した子会社株式の取得原価(完全親会社の投資)と完全子会社の資本を相殺消去し、貸借差額をのれん(または負ののれん)とします。


つまり、支配獲得日に行う投資と資本の相殺消去を行うだけです。

まとめ

株式投資や経営において、決算書の理解は必須になります。

その際、簿記の知識も生かして理解を深めましょう。


楽天証券 | ネット証券(株・FX・投資信託・確定拠出年金・NISA)
投資信託や確定拠出年金、NISAなら初心者に選ばれる楽天グループの楽天証券。SPUに仲間入りし、ポイント投資で楽天市場のお買い物のポイントが+1倍!取引や残高に応じて楽天ポイントが貯まる、使える楽天証券でおトクに資産形成を始めよう!
株式
スポンサーリンク
\Follow/
スポンサーリンク
\Follow me/
\Follow/
Miories
タイトルとURLをコピーしました