決算書における【 予約販売 】分かりやすく解説

今回は、決算書における「予約販売」について解説します。

スポンサーリンク

予約販売とは

予約販売とは、先に代金を予約金として受け取り、後日、商品の引渡が行われる販売形態のことです。

予約販売の流れ

予約販売の流れは次の通りです。

①顧客から予約金を受け取ります。

②商品を発送します。

予約販売の処理

予約金を受け取った時

予約販売では、予約金を受け取ったときには、まだ商品を引き渡していません。

したがって、予約金を受け取ると、後で商品を引き渡さなければならない義務が生じます。

この義務は前受金として処理します。

商品を引き渡した時

商品を引き渡したときは、引き渡した分だけ売上を計上します。

また、同額の前受金を減少させます。



関連記事→決算書における【 受託販売 】分かりやすく解説

まとめ

株式投資・経営において、決算書の理解は必須になります。

その際、簿記の知識も生かして決算書の理解を深めましょう。


楽天証券 | ネット証券(株・FX・投資信託・確定拠出年金・NISA)
投資信託や確定拠出年金、NISAなら初心者に選ばれる楽天グループの楽天証券。SPUに仲間入りし、ポイント投資で楽天市場のお買い物のポイントが+1倍!取引や残高に応じて楽天ポイントが貯まる、使える楽天証券でおトクに資産形成を始めよう!
株式
スポンサーリンク
\Follow/
スポンサーリンク
\Follow me/
\Follow/
Miories
タイトルとURLをコピーしました