【 質問返答 】Q:株の本や勉強ってどれくらいされたんですか?A:それ以上+利益を出せるようになったきっかけまで返答

今回は、スタンドFMにて質問がありましたので、そちらの回答をここで述べさせていただきます。

いつも皆様、ご清聴・コメント・いいねありがとうございます。

スポンサーリンク

質問返答を収録とした理由

いつもはコメントにはそのままコメントとして返信させていただいているのですが、今回は返答がコメントに収まり切れない(かなり長くなる)と判断したため、収録として返信させていただく形としました。

このように個人にご質問に対して詳細に返答させていただくのは、私が一方的に語っているより需要があるのではないかなと思って収録させていただきました。

なぜなら、投資の状況は人それぞれ大きく異なるため、一概には言えません。そのため、その状況に応じて返答させていただく方がリスナー様のおお力になれているのかもしれないと考えたからです。

Q:株の本とか勉強ってどのくらいされたんですか?100冊くらい⁉

まずは質問通りに返答させていただきます。

株の本に関しては、kindleを数えただけでも100冊は超えておりました。(実物の本も合わせると100冊は優に超えます。)

しかし、投資は株専門だけでなく、経営・会計・経済・心理についても学ぶ必要があります。

そのため私は株専門の本だけではなく、株・投資・会計・心理についての本も読んでいたから大量になったのだと振り返りました。

特に株式投資では、経営のノウハウもとても重要になってきます。

なぜなら、経営者さんの能力を推し量ることができるからです。(恐縮ですが重要です。)

経営側になって物事を分析する必要があるからです。


また、私は動画や億トレさん直接ご本人様からお勉強させていただくことも多かったです。

その際私が気を付けていることは、利益を出せている10%のひとからのお話をお聞きするということです。

投資ではどんな時も、90%の人々の損失が10%の人が利益となっています。

そのため、その10%の人のお話を聞くということを徹底しています。

なぜなら、損失を出している層の、90%の人々からお話をお聞きしても「養分になるためのお話」を聞くことになるため意味ないからです。反面教師にするのは良いと思いますが、養分様のお話をお聞きしていても成長にはなりません。

そのため必ず利益を出せている人からお話をお聞きすることです。

もしくは、ロバートキヨサキさんのように、トップ層から勉強して育った人も該当します。



結論:本に関しては100冊以上は読んでおりますが、その他の動画や億トレさんからの直接勉強させていただきました。そこから学ぶことは主に、「考え方」(数えてみたら100冊以上と言う結果でした。)


質問者様のご質問の意味を深掘り

前回の「投資を継続する必要性」の収録で、養分についてのお話を通して、私が投資を始めた当初は損失を出していたのに現在では利益を出せるようになったというお話をさせていただきました。

それに対する質問のため、質問者様がお聞きしたいことはおそらく、「利益を出すまでに本や勉強をどれくらいしたら良いのだろう」と言うことだと思われます。つまり、利益を出せるようになるためにはどのようなことをしたのかということかなと思いました。(推測が違っていたら申し訳ございません。)

その意図に関して質問を返答させていただくと、返答は下記です。

本等で知識を得ることはとても重要です。

しかし私が利益を出せるようになったきっかけをこの機会に振り返ってみると、

きっかけは「投資について自分で深く考えることができるようになったから」と判断しました。

投資に関して、ある程度知識・情報・技術・マインド・経験が身に付いてくると、「自我」が芽生えていきます。

これら全ての方法の中で、自分に適している・好きな手法が解ってきます。

その得意分野をとことん極めることです。

さらに、自分で深く考えることが出来るようになるということは具体的に、「分析力・未来推測力」です。

これは投資で最重要だと捉えています。

なぜなら、これさえできればどんな状況でも利益を出すことができるからです。


例えば、本や億トレさんの手法を真似ていたとしましょう。

すると、億トレさん方は利益の出し方の本質を貫いているため損失とはなりませんが、ある一定のところから利益を出しづらくなります。

それはなぜか

人それぞれ性格・環境・適正が異なるからです。

株式・FX・仮想通貨・ゴールドプラチナのジャンルだけでなく、

手法は、長期投資・短期トレード・グロース株投資(【 成長株投資 】分かりやすく解説)・バリュー株投資(【 バリュー株投資 】分かりやすく解説)等、様々な手法があります。

どのジャンルにどのタイミングでどの手法を使うかということはその都度判断しなければなりません。

そして合う合わないもあります。


例えば私は、株式投資において空売りは致しません。

その理由は、自分がかけた額以上に損失を被るリスクがあり、リスク:期待値=30:70以上にならないからです。

そのため私は空売りを致しません。

しかし世の中には、空売りを得意とする人もいらっしゃいます。

そのため手法次第なのではないかなと思います。


その手法がどれが適切か状況判断しトータルで分析・推測できる能力が最も重要です。

ここを自身で考えることができた瞬間から私は利益を出すことが出来たのだと振り返っています。

まとめ

今回のご質問で、本からの利益を出せるようになったきっかけを自身でも振り返ることができて、質問者様にとても感謝しています。ありがとうございます。

少しずれてしまったかもしれませんが、お役に立てていると嬉しいなと思います。

引き続き皆様からのコメント・ご質問を楽しみにしております。

https://accounts.binance.info/ja/register?ref=TT7DEOPV
投資マインド
スポンサーリンク
\Follow/
スポンサーリンク
\Follow me/
\Follow/
Miories
タイトルとURLをコピーしました