【 在庫回転率とは 】特徴と計算式まで解説

スポンサーリンク

在庫回転率とは

在庫回転率とは、現在その企業が保有している平均在庫数が、一定の期間にどれだけ売れたか(回転数)を示す数値のことです。

在庫回転率は、店舗や在庫の規模に関係なく利益を安定させ、営業利益を出すために重要な数値です。

在庫回転率の数字は大きいほど在庫が入れ替わっている回転数が多く、在庫の仕入れにかかった費用が無駄なく売上になっているということを意味します。

この数値は、商品によっても大きく変わります。

在庫回転率の計算方法

在庫回転率の計算方法は2つあります。

在庫回転率 = 売上原価 / 棚卸資産

金額は同期間のもので計算しましょう。

※棚卸資産とは→貸借対照表における【 棚卸資産とは 】分かりやすく解説


在庫回転率 = 出生数 / 平均在庫数

これも分子と分母が同期間のもので計算しましょう。

これらの数字は、業界によって大きく平均値が異なります。

そのためその業界の平均値と比較する必要があります。

在庫回転率から分かること

①人気商品の明確化

在庫回転率から、売れている商品とそうでない商品が明確になります。

人気の商品の品切れ防止と売れていない商品の政策減少等対策を立てることができます。

②在庫確保の場所有効活用

在庫の調整をすることにより、在庫保管場所の効率化を図ることができます。

③経営の見直し

①②によりコスト削減に繋がります。

まとめ

株式投資の際、簿記や会計の知識もあると有効活用できますね。

https://accounts.binance.info/ja/register?ref=TT7DEOPV
株式
スポンサーリンク
\Follow/
スポンサーリンク
\Follow me/
\Follow/
Miories
タイトルとURLをコピーしました