シークレットコントラクトでプライバシー保証【 Secret(SCRT)とは 】創設者・特徴・供給量・投資における将来性まで解説

今回は、仮想通貨「Secret(SCRT)」について解説します。

Secret(SCRT)とは・創設者・特徴・供給量・投資における将来性、の順で説明していきます。

スポンサーリンク

Secret(SCRT)とは

Secret(SCRT)とは、Cosmos上に構築されたプライバシー指向のブロックチェーン上の仮想通貨です。

Secretのスマートコントラクトはシークレットコントラクトです。

これは、スマートコントラクトが他のブロックチェーンで動作するのと同様に、DAppsがシークレットでプライベートデータを使用できるようにします。

ただし、シークレットコントラクトは、データを公開することなく、暗号化された入力を暗号化された出力に転送します。

これは、実行中の暗号化された契約状態により可能になります。


Trusted Execution Environment(TEE)内で暗号化プロトコルとキー管理を組み合わせることにより、データのプライバシーが保証されます。

これにより、Secret Contractsは、従来のブロックチェーンでは対応が困難であったいくつかのプライバシー関連のユースケースで競合することができます。

例えば、機密性の高いユーザーデータをチェーン上で公開しないため、プライベート投票メカニズムやクレジットスコアリングアプリケーションが可能になります。


また、SCRTは、ガバナンストークンとしても機能します。

※ガバナンストークンとは→仮想通貨における【 ガバナンストークンとは 】詳細まで分かりやすく解説


Secretの公式ホームページはこちらです。

Secret Network - Bringing Privacy to Blockchains, Smart Contracts & Web3
Secret Network is the first blockchain with data privacy by default, allowing you to build and use applications that are both permissionless and privacy-preserv...

創設者

Sevret Foundation

Secretは、プライバシーに重点を置いた分散型テクノロジーの採用を専門とする組織のSecret Foundationによって設立されました。

財団の使命は、プライバシーを人権及び公共の利益として前進させることにより、自由を守り、より仮のあるシステムを作成することとしています。

そして、これらのコアバリューを世界中に浸透させるために機能する持続可能なネットワーク・財団・コミュニティを構築することです。

Secret Foundationは、シカゴを拠点とする起業家です。

他のいくつかのフィンテック企業に助言をしてきたMITの卒業生であるTor Bairによって2017年に設立されました。

Guy yskind氏

財団のディレクターであるGuy Zyskind氏は、以前はMITメディアラボで働いていました。

そして1,400以上の学術引用を集めています。

2番目のディレクターであるZaki Manianは、lqlusionの主な共同設立者です。

そしてTendermit Labsの元ディレクターです。

財団は、2022年に4億ドルのエコシステムファンドを発表しました。

そしてDeFinance Capital・Alameda Research・CoinHund・HashKeyなどのいくつかの有力な暗号ファンドが参加しました。

特徴

シークレットネットワーク

シークレットネットワークは、イーサリアムのようなブロックチェーンが提供しない、データのプライバシーとエンドツーエンドの暗号化に重点をおいている点で際立っています。

開発者は、使いやすさを損なうことなくデータのプライバシーを保護するソリューションを構築できます。

そしてプライバシーファーストの分散型アプリケーションの採用を促進するというネットワークの目標に貢献できます。

Trusted Excution Environment(TEE)

Secretは、他のパブリックブロックチェーンとは対照的に、Secretのノードオペレーターは、Trusted Excution Environment(TEE)という安全なエンクレーブでコードを実行するために専用のハードウェアを利用します。

これらのTEEでは、でバイス管理者でさえ、復号化されている情報にアクセスできません。

ユーザー側では、ブロックチェーンは次のように機能します。

・ユーザーは暗号化された入力をネットワークに送信する

・バリデーターは、暗号化されたデータに値して計算を実行する

・バリデータを提案すると、暗号化された出力が送信される

・バリデーターは結果についてコンセンサスを達成する

・暗号化された出力と暗号化された契約状態はシークレットネットワークに記録される

CosmWasm

スマートコントラクトの機能は、CosmosエコシステムのスマートコントラクトプラットフォームであるCosmWasmに基づいています。

これにより、デジタルコンテンツ管理プラットフォームは、Secretを使用してコンテンツの復号化キーを格納できます。

ユーザーが支払った後、Secretコントラクトは復号化キーを格納できます。

具体的には、ユーザーが支払った後、Secretコントラクトは復号化キーを共有し、ユーザーは一意のアクセスを受け取ります。

従来のブロックチェーンではデータが公開されているため、これは不可能です。

この他にも、秘密のオークション秘密の投票ができます。

具体的には、秘密の契約に提出できる暗号化された入札と投票を利用できます。

このシナリオでは、暗号化された出力を計算するコントラクトは、投票を明らかにすることなく勝者を決定できます。

そのt前Secretは、これまで不可能だった富を生み出すための経済的機会を提供する許可のない経済システムを使用して、分散型金融のプライバシーを維持できます。

DPoS

SecretのDelegated Proof of Stake(DPoS)システムを採用しています。

※DPoSとは→【 DPoSとは 】メリット・デメリット/PoSとの違いまで分かりやすく解説

そのため、ノードを操作していないトークン所有者は、SCRTをバリデーターに委任して、ネットワーク報酬の分前を得ることができます。

供給量

SCRTの最大供給量は設定されていません


SCRTは、ステーキング・投票・ネットワーク取引手数料の支払いに使用できます。

また、バリデーターが報酬とトークンスワップから取引手数料の歪を受け取るネットワーク内のノードを操作する必要があります。


SCRTの最初の供給の1億7000万トークンは、次のように分配されました。

・コミュニティ:7,500万人

・チーム:3,600万人:2〜4年で権利確定

・国庫:3,000万

・インフレーション:800万

・財団:100万


Secretは、15%のインフレ率を目標としています。

供給の67%未満がステーキングされている場合は20%のインフレ率が予測されます。

また、67%以上になるとステーキングが7%まで徐々に増加します。

投資における将来性・まとめ

シークレットネットワーク・シークレットコントラクトが特徴のSecretです。

TEEというエンクレーブで安全性を保っています。


それにより秘密オークションと秘密投票ができます。

これに関しては、秘密は守られるけど透明性は低いということになります。

そのため、仮想通貨の特徴である透明性に反しています。


そして、このプライバシー系は国からの規制がかかるリスクがあります。

もしくは、アクシーインフィニティのハッキング時に用いられたTornado Cash(詳細→アクシーのハッキング時に用いられた【 Tornado Cash(TORN)とは 】創設者・特徴・供給量・上場している仮想通貨取引所・投資における将来性まで解説)のように、

ハッキングに利用されたことが報道された価格が暴落するリスクがあるということです。


この大きなリスクを背負っていることに注意しましょう。

仮想通貨・Defi・NFT
スポンサーリンク
\Follow/
スポンサーリンク
\Follow me/
\Follow/
Miories
タイトルとURLをコピーしました