非有向巡回グラフのプロトコル【 Constellation(DAG)とは 】創設者・特徴・供給量・投資における将来性まで解説

今回は、仮想通貨「Constellation(DAG)」について解説します。

Constellation(DAG)とは・創設者・特徴・供給量・投資における将来性、の順で説明していきます。

スポンサーリンク

Constellation(DAG)とは

Constellation(DAG)とは、非有効巡回グラフのアーキテクチャを用いて、コンセンサスを実現するプロトコルです。

※DAGとは→仮想通貨における【 非有向巡回グラフ(DAG)とは 】分かりやすく解説

理論的には無限の拡張性た可能なものです。

DAGプロトコルとカスタムステートチャンネルにより、Consttellationはデータソースを分散型台帳技術(DLT)に統合できるようにしました。

そしてスマートコントラクトの進化を促進しています。


Costellationは2017年に立ち上げられました。

DAGのロードマップは、2018年に遡ります。

プロジェクトの開発に際して、設立チームは、拡張性や集中化など既存のブロックチェーンの多くの問題に対する従来の解決策を見直すことを決めました。

Constellationは、ビッグデータの安全な処理を可能にするために設計されています。

そして使いやすいAPIを通じて外部データセットに接続する機能を提供しています。

その技術は、サーバーレスアーキテクチャによる合意形成の原理を変えることで促進されます。


Constellationの公式ホームページはこちらです。

https://constellationnetwork.io/

創設者

Constellation Labs(CST)は、Benjamin Jorgensen氏Benjamin Diggles氏Mathias Goldman氏Wyatt Meldman -Floch氏の4名で共同設立されました。

Benjamin J.Jorgensen氏

Benjamin J.Jorgensen氏は、Constellation Labs氏のCEOです。

以前は、Klick Pushを創設し、CEOを務めていました。

MZ Dining Group(Ittoryu Gozu)の共同オーナーの1人で、A5 Meatsのオーナーでもあります。

Benjamin Diggles氏

Benjamin Diggles氏は、Constellation社の最高収益責任者(CRO)です。

政府や企業との連携を担当し、コンソーシアム・プログラムやConstelationのグローバル・パートナーシップ戦略の実施も担当しています。

Constellation社 Labsに勤務する以前は、オラクル社・ユニバーサル ピクチャーズ社・ディズニー社に勤務していました。

Mathias Goldman氏

Mathias Goldman氏は、Costellationの最高業務責任者(COO)です。

Godlman氏は、これまで欧州中央銀行やPwCで勤務していました。

そして2017年に財務担当VPとしてConstellation Labsの一員となりました。

現在はCOOとして、事業展開とビジネス実装を統括しています。

また、Constellationの企業文化やビジョンを発展させるための方針も定めています。

Wyhatt Meldman-Floch氏

Wyhatt Meldman-Floch氏は、Constellation社のCTO(最高技術責任者)です。

そしてConstellation社のプロトコルをゼロから開発した人物です。

Meldman ~Floch氏は、NASA Ames研究センターでインターンと研究者を務めたほか、Zignal LabsやRally Healthなどの企業で働いた経験を有しています。

特徴

ビッグデータ処理

Constellation(DAG)のミッションは、最大限の拡張性・容易な統合・低い取引手数料・高い安全性でビッグデータを処理することです。

Constellationは、巨大なデータセットを安全・費用対効果の高い方法で効率的に処理することを目的としています。

拡張性の解決

Constellationプロトコルは、ブロックチェーン領域における拡張性という永続的な課題の解決を目指しています。

このプロジェクトの大きな違いは、ユーザー数や現在のニーズに比例して拡張できる能力です。

ユーザーがConstellationに参加すると、それに比例してネットワーク帯域も増加します。

Java仮想マシン(JVM)

Cosntellation Networkでは、スマートコントラクトはJava仮想マシン(JVM)で実行されます。

※仮想マシンとは→【 仮想マシンとは 】メリット・デメリットまで解説

これらの契約は、イーサリアムブロックチェーン上のスマートコントラクトと同様の機能を果たすもの、そのロジックはやや複雑です。

Origin

2018年、Constellationのクリエイターたちは、DAGトークンを獲得してConstellationの様々なイベントに参加できる「Origin」を立ち上げました。

このコミュニティの目的は、ウェブ上の情報やコンテンツを1つの中枢に集めることです。

Cosntellation Networkのアーキテクチャは、以下のような幾つかのコンポーネントで構成されています。

・スターモバイル端末に対応したWebとユーザーが直接対話するための基本要素:全ての取引はこのコンポーネントを通じて行われる

・スタークラスターコンセンサスに参加するために必要:各クラスターはローカルなハッシュブロックを形成する(これらは通常の取引のように処理されギャラクシーとブラックホールによってハッシュ化される)

・ギャラクシーは同型であり、バリデータのように動作する(ギャラクシーはノードの評判を維持するために、Starにリソースを捧げる→ギャラクシーのメタデータはブラックホールに集められ、ネットワークのブロックチェーンの履歴はギャラクシーに保存される)

・ブラックホールは、ハッシュ化されたブロックのグループ


これらの特徴をまとめると、Constellationはビッグデータの検証・公認・拡張的な相互運用性に重点を置いていることが分かります。

米空軍と締結

Constellation(DAG)と米空軍が2019年夏に締結した、校舎のビッグデータ管理の自動化です。

Constellationは2021年夏にこれらを更に発展させ、今後は米国防総省との商業パートナー間の通信にエンドツーエンドのセキュリティを提供することになります。

技術面では、ブロックチェーンの暗号化と分散データ管理をベースにした堅牢なデータセキュリティ製品を実現するため、Kinnami Software社と協力し、同社のHypergraph Transfer Protocolを活用しました。

Proof of Reputable Observation(PRO)

Constellation社のハイパーグラフは、そのDAGアーキテクチャとProof of Reputable Observation(PRO)コンセンサスを利用して、ネットワークにノードを追加することで拡張することができます。

※Proof of Reputable Observation(PRO)とは→【 Proof of Reputable Observation(PRO)とは 】分かりやすく解説

Constellation上の全ては、JVMエコシステムの既存のコードベースを使用してマイクロサービスを提供するスマートコントラクトに寄って自動的に処理されます。

供給量

Constellation(DAG)は、Constellation Networkのネイティブトークンです。

2021年、トークンの総供給量は38.1億に制限されました。

そして現在の最大供給量は、3,693,588,685トークンです。

DAGトークンICOは、2018年に終了しました。

DAGは、ERV-20トークンとして作成されました。

投資における将来性・まとめ

DAGは、非有効巡回グラフのアーキテクチャを用いてコンセンサスを実現するプロトコルのことです。


このジャンルの競合はちらほら存在します。

そのため、DAGでなければならない理由が強固に必要になります。

https://accounts.binance.info/ja/register?ref=TT7DEOPV

仮想通貨・Defi・NFT
スポンサーリンク
\Follow/
スポンサーリンク
\Follow me/
\Follow/
Miories
タイトルとURLをコピーしました