経済【 金利が上がるとどうなる?下がるとどうなる? 】金利について

今回は、経済において「金利が上がるとどうなるか・下がるとどうなるか」ということを解説します。

最近は、米長期金利が低迷しています。

そこで今回は、金利が上がるとどうなるか・金利が下がるとどうなるかについてまとめました。

スポンサーリンク

金利が上がるとどうなる?

金利が上昇すると、金融機関は以前より高い金利で企業・個人へお金を貸し出すことになります。

金利が上昇すると、企業・個人はお金を借りにくくなります。


企業・個人がお金を借りにくくなるということは、資金調達も困難になり、経済活動が停滞します。

つまり、景気は悪くなります。


そのため、景気が良い時に金利が上昇する傾向があります。

このような政策を、金融引き締め政策と言います。

金利が下がるとどうなる?

では逆に、金利が下がるとどうなるか解説します。


金利が下がると、金融機関は、企業・個人に対して低金利でお金を貸し出すことができます。

そうすると企業・個人は、資金調達がしやすくなり、家を買ったり設備投資を増したりするため、経済が活発になります。

つまり、金利が下がると景気は良くなります。


今おような政策を、金融緩和政策と言います。

投資マインド
スポンサーリンク
\Follow/
スポンサーリンク
\Follow me/
\Follow/
Miories
タイトルとURLをコピーしました