【 目標の立て方 】日程・数字を具体化

目標の立て方について説明します。

1.目標を明確にすることの重要性

2.目標の立て方

3.注意点・まとめ



スポンサーリンク

目標を明確にすることの重要性

人は、目標を立ててそのイメージを明確に想像しておくと、その通りになります

脳が、その目標に近づけるよう思考回路を組み替えてくれます。

そのためには、期間、シチュエーション、全てをより明確に決めておく必要があります。

大雑把であればあるほど、叶える可能性が低くなります。

逆に、より明確にすればするほど叶います。


最初から「できない」と諦めているかたは、それはできるわけありません。

「できる」と強く思い、自分を信じましょう

これは、「できない」と最初からあきらめてしまっているかたは、時間がもったいなくなってしまうため読み進めないでください。

「できる。」と自信を持って言えるかたは、意味があるため読み進めてください。


目標の立て方

①年代表を作ります

 この時、必ず自分が死ぬ年齢の数字まで書きます。

 その理由は、長い目で捉えることができ、より明確になるからです。

25歳  

○○をする

○○になっている

30歳

35歳

・・・(省略)

↓80歳

②年代表の下に、その年齢でどうなっているか書きます。

 ※○○したい ではありません。 ○○する と断言してください。もしくはなっている状態を書いてください。

③そうなっている自分を、目を閉じて創造してください。



以上です。

あなたは、この書いた以上の自分にはなれません。

なぜなら、人は想像以上の自分(想像以上より良い状態)にはなれないからです。

そのため、その状態をより明確にイメージしましょう。

注意点・まとめ

目標や夢は大きければ大きい程素晴らしいです。

自分の好きなように描きましょう

目標は大きくて良いのですが、超えるステップは小さなものからにしましょう。

小さなものの積み重ねが大きくなっていくからです。

また、小さなステップを達成することから満足を得ることができます。

更に、「やり過ぎる」より「やり過ぎない」こともポイントです。

やり過ぎない心構えを持っていた方が、自分をぎりぎりまで追い込んでやるよりも、ストレスがずっと少ない状態で多くを達成することができます。

快適に感じられるコンフォートゾーンから脱して少し無理をしたいと思いがちだが、ゆっくりと徐々にこなしていく方が良いです。

なぜなら、その小さな目標をこなしていく毎にあなたの能力も上がり、小さな目標自体のレベルも上がるからです。

そしてその積み重ねが、大きな目標の達成へと繋がっています。

毎日少しずつ、やり過ぎないように着実に実行しましょう。

あなたも目標の自分になれますように。まずは、実行しないと第一歩も始まりません。ぜひ、実行してみてくださいね。(^^)

投資マインド
スポンサーリンク
\Follow/
スポンサーリンク
\Follow me/
\Follow/
Miories
タイトルとURLをコピーしました