株式投資における【 CAGR年平均成長率とは 】分かりやすく解説

今回は、株式投資における「CAGR年平均成長率」について解説します。

CAGR年平均成長率は、企業の成長を分析する際に用いられる指標です。

スポンサーリンク

CAGR年平均成長率とは

CAGR年平均成長率とは、福利計算を用いた成長率のことです。

つまり、過去年数の成長率から1年あたりの平均を割り出したもののことです。

それにより、会社の近年の成長をデータ化したものです。


英語では、「Compound Annual Growth Rate」です。

この頭文字をとって、CAGRと言います。 

CAGR年平均成長率の計算式

CAGR年平均成長率の計算式は下記です。

CAGR(%)=(年度の売上÷初年度の売上) ^ {1÷(N年-初年)}-1

まとめ

株式投資では、決算を読み込むために簿記の知識もあると優位になります。

今後も決算を読み解いていきましょう。


関連記事→投資における【 PEGレシオとは 】分かりやすく解説

https://accounts.binance.info/ja/register?ref=TT7DEOPV
株式
スポンサーリンク
\Follow/
スポンサーリンク
\Follow me/
\Follow/
Miories
タイトルとURLをコピーしました