投資における【 原資産とは 】原資産の用語の使い方

今回は、投資における「原資産」「原資産の用語の使い方」について解説します。

スポンサーリンク

原資産とは

原資産とは、対象となる「資産」のことです。

つまり、スワップ・オプション・先物などのデリバティブ取引における、対象となる資産のことです。

※デリバティブ取引とは→決算書における【 デリバティブ取引について 】解説まとめ


その対象となるのは、株式・株価指数・為替・債券・商品・金利・信用リスクなどです。

「原資産」の用語の使い方

原資産の用語の使い方は、例えば下記です。

・デリバティブ取引では、「原資産」の将来の価値を予想して売買をします。

・日経225先物では、日経平均株価の値を「原資産」として扱っています。


このように、原資産は様々な種類で用いられます。

https://accounts.binance.info/ja/register?ref=TT7DEOPV
投資マインド
スポンサーリンク
\Follow/
スポンサーリンク
\Follow me/
\Follow/
Miories
タイトルとURLをコピーしました