メタバース【 Spatialとは 】創設者・参加費用・実際に参加した感想についても解説

今回は、「Spatial」について解説します。

Spatialとは・創設者・参加費用・実際に参加した感想・まとめ、の順で説明します。

スポンサーリンク

Spatialとは

Spatialとは、クリエイターとブランドに注力したメタバースです。

クリエイターとブランドがメタバースに独自のスペースを構築して文化を共有できるよう支援することに専念しています。

Spatialでは、ユーザーが美しい空間を活用して目を見張るようなコンテンツを共有し、緊密なニットコミュニティを構築し、クリエイティブな作品や製品の優衣着な販売を促進できるようにします。

また、ユーザーがNFTとして作成できる、美しく機能的な3Dスペースを作成し、驚異的な体験をホストしようとしている他の人に販売・レンタルできるようにします。


メタバースは、クリエイターが作品を中心に生計を立てられるようにする機会です。

メタバースは、クリエイター・そのサポーター・ファンがこれまで以上に緊密に交流する機会でもあることが分かります。

また、メタバースはオープンで相互運用可能である必要がありmす。

ユーザーは自分のスペースを他のプラットフォームに簡単に接続し、コンテンツを相互にシームレスに移動できます。

これらは全てブロックチェーンによって実現されます。


公式ホームページはこちらです。

Spatial - Metaverse Spaces That Bring Us Together
Experience virtual NFT art exhibitions, meetups, and live events together with lifelike avatars. Customize beautiful 3D spaces. Join now from Web, Mobile, & VR.

創設者

Anand Agarawala:共同創設者兼CEO

・3Dユーザーインターフェースに情熱を持っており、修士論文がヒット

・BumpTopを設立(デスクに触発された先駆的な3D・マルチタッチ・物理デスクトップインターフェイス)し、TEDトークで発表

・Nump Topは2010年にGoogleに買収された

・GOogleでは、AndroidとGooglefotono初期バージョンに取り組んでいた


Jinha Lee:共同創設者兼CPO

・MIT・Microsoft・Samsungで受賞歴のある3Dユーザーインターフェイスを開発し、TEDで発表

・Space Top(ユーザーが画面の内側に手を伸ばすことができるジェスチャー制御の3Dコンピューターであり、世界初のARデスクトップ)を発明

・MIT Technology Reviesによって35歳未満のトップイノベーターの1人に選ばれる

・Fast Companeによって32人の最も偉大な、生きているデザイナーの1人に選ばれる


Spatialは、ニューヨーク・SF・米国全土に拠点を置く3Dデザインとメタバースの専門家の情て熱的チームです。現在採用中です。

メタバース参加費用

Spatialのメタバースに参加するには、無料と有料のバージョンがあります。

無料・展示会・ミートアップ・ライブイベントの開催を検討しているクリエイター向け
・NFTアートの展示会・交流会・ライブイベントを開催するためのパブリックスペースを作成する
・ワンクリックでコンテンツをアップロード(画像・ビデオ・3Dファイル)
・1つの部屋で最大50人をホストできる
・カスタム3D環境をアップロードまたは購入できる
・MetaMask・Google・Apple・Microsoftでログインできる
・自撮り写真からリアルな3Dアバターまで作成できる
・MetaMask・Google Drive・One Driveファイルアップロードの統合
・画面をスペースに共有できる
・付箋を作成して、スペースにメッセージを残せる
有料
(プロ)
・月額25ドル
・年で登録する場合は月額20ドル
・より厳選され、管理されたエクスペリエンスをホストしたいクリエイター向け
・表示専用モード・参加者のミュートと削除・ホストの指定などのホストツール
・ライブ翻訳
・オーバーフローグループ:最大500人がインスタンス化されたスペースを体験できる
※スペースあたりのユーザーの容量は50で、無料の場合と同じ

実際にメタバースに入ってみた感想

画質が良い

画面の綺麗さは、Decentraland(詳細→仮想通貨【 Decentralandとは 】特徴・今後・投資における将来性についても解説)よりやや良かったです。

つまり、非常に画質が良かったです。

アバターの選択肢が豊富

そして、画質も良いしアバターの選択がかなり多様だし、かなり自分の想像通りの多様性のあるアバターでメタバースに参加できます。

The Sandbox(詳細→仮想通貨【 The Sandboxとは 】特徴・投資における将来性についても解説)は、独特のカクカクの視覚ということもあり、女性のアバターがゴリラさんのようで個人的には気に入りませんでした。(男性のアバターで参加したほど)

アバターを実際の自分の顔にできる

そして自分の画像や動画を3Dアバターに転送できるようで、かなり技術的な進化を感じました。

まだここまで進んでいるメタバースはありません。

メタバース上で会話ができる

メタバースで実際にに会話ができるようになっていたし、メタバースの機能的な進捗度は最も良いかもしれません。

自分の声でその場で会話できます。(音声をONにする必要があります。)

使いやすさ

収益化などはThe Ssandboxが発達していますが、メタバースの使いやすさはSpatialの方が使いやすかったです。

そして仕様も分かりやすいため、操作しやすかったです。


The Sandboxだと、土地の選択が初心者だとよく分からなかったし、ゲームに特化しているためジャンプしたりなどのゲームに慣れている人でないと穴にハマって抜け出すのが大変だったりしました。(ゲームの仕様に慣れている場合だと問題ないかもしれませんが、慣れていないと操作がやや大変かもしれません。)

まとめ

非常に素晴らしいメタバースだと思いました。

実際に声で会話できたりした時は感動しました。


しかしトークンなどを発行しているわけではないため投資はできませんが(NFTは販売するけど投資目的とかそういう感じではない)、もしトークンを発行していたらめちゃめちゃ購入したかったです。

もはやトークンを発行してほしいです。

トークンも発行していなっこともあり、やや中央集権的に進むのかなと思いました。

しかし運営側の実績を見ると、今後もメタバースに3Dの実際の機能を投入できそうですね。

現実世界のものを取り入れるEverdome(詳細→仮想通貨【 Everdome(DOME)とは 】創設者・特徴・供給量・上場している仮想通貨・投資における将来性についても解説)とはジャンルはやや異なりますが、メタバースの今後の発展の情報を是非追っていきましょう。

仮想通貨・Defi・NFT
スポンサーリンク
\Follow/
スポンサーリンク
\Follow me/
\Follow/
Miories
タイトルとURLをコピーしました