【 騰落レシオとは 】計算式・基準値について解説

今回は、「騰落レシオ」について、計算式・基準値まで解説します。

スポンサーリンク

騰落レシオとは

騰落レシオとは、市場の値上がり銘柄数・値下がり銘柄数の比率から、市場の過熱感を測る指標です。

買われすぎ・売られすぎを測るテクニカル指標の1つです。

値上がり銘柄数を、値下がり銘柄数で割って算出します。(計算式の詳細は次の項で説明します。)

騰落レシオの計算式

騰落レシオの計算式は下記です。

騰落レシオ=一定の期間の値上がり銘柄数/一定の期間の値下がり銘柄数×100(%)


この値上がり銘柄数と値下がり銘柄数の日数は同じにします。

騰落レシオの基準値

パーセンテージ

120%以上・・・変われすぎの高値圏と判断

100%・・・・値上がり銘柄数・値下がり銘柄数が同じ

70%未満・・・売られすぎの底値圏と判断

期間

短期的な過熱感を測る・・・5日間

中期的な過熱感を測る・・・25日間


この日数の合計を、計算式の分母分子の双方の「一定の期間」の部分に組み込みます。

この他にも、にていますがPEGレシオというテクニカル分析もあります。→投資における【 PEGレシオとは 】分かりやすく解説

https://accounts.binance.info/ja/register?ref=TT7DEOPV


株式
スポンサーリンク
\Follow/
スポンサーリンク
\Follow me/
\Follow/
Miories
タイトルとURLをコピーしました