分散型SNS【 Blueskyとは 】必要知識まとめ/本格的普及の始まり

今回は、分散型ソーシャルネットワーク(分散型SNS)「Bluesky」(ブルースカイ)について解説します。

Twitter創業者のジャック ドーシー氏が先導しているSNSです。


中央集権型のSNSとはまた異なる利点があるため、次世代のSNSの本格的普及になっていきそうですね。

スポンサーリンク

Blueskyとは

Blueskayは、分散型ソーシャルネットワークサービス(分散型SNS)です。

※分散型とは?の考え方について(中央集権型との比較も含む)→【 DeFi(分散型金融)とは 】メリット・デメリットまで解説

Blueskyには、広く開かれた可能性の空間という意味が込められています。

これは、このプロジェクトが形になる前のオリジナルの名前です。

そして社名にもなっています。


開発者がより多くの構築と革新の機会を持ちます。

これにより、ユーザーがどのサービスを利用するか、またソーシャルメディア全体における体験についてより多くの選択肢とコントロールを持つ、オープンなソーシャルメディアエコシステムを構想しています。

分散型プロトコルの開発と採用は、許可不要のイノベーションとユーザーの選択のための強力な技術的基盤を確立するための道筋であると捉えています。

分散化は構造的な変化です。

それ自体では健全なソーシャルメディアのエコシステムを作るには不十分です。

しかし、開発者が自由に構築でき、コミュニティが自治できます。

ユーザーが簡単にサービスを切り替えられる環境を作ることで、分散化は公共の会話を改善するために必要なイノベーションを触媒することができます。

詳細

Blueskynoアプローチは、自己承認プロトコルの移植性と委任ホスティングの使いやすさを統合しています。

それにより、両者の長所が組み合わさります。

これにより、ユーザーは独自のインフラを実行する必要がなく、開発者はパフォーマンスの高いアプリを構築することができます。


モデレーションは、あらゆるオンライン ソーシャル フォーラムの重要な部分です。

そのため、Blueskyは透明でオプトインで、多層的なレビュテーションとモデレーションのシステムのためのツールを積極的に構築しています。

また、他の人がそのようなツールを構築するためのフレームワークを作成することにしています。

Blueskyは、既存のプロトコルや技術をもとに構築しています。

しかし、どのスタックにも全面的にコミットしているわけではありません。

また、ソーシャルウェブプロトコルの採用は、ブロックチェーンとは無関係であるべきだと捉えています。


Blueskyのアプローチを説明するプロトライプを構築しています。

そしてリリースすることに注力しています。

Blueskyが作るアプリケーションは、ATプロトコルの上にある可能性の世界へのポータルとなることを目指しています。

※APプロトコルについては後述します。

ワールド ワイド ウェブはブラウザなしで作られたのであれば、これはAPプロトコルでも同様です。

アプリケーションの開発については、後日発表があるとのことです。

APプロトコルとは(Blueskyの分散型プロトコル)

Blueskyは、ソーシャルプロトコルを構築するために生まれました。

2022年春には、プロトコルの最初のバージョンである「ADX」のデザインを改良し、シンプルにしました。

そしてそのプレビューが公開されました。

ADXは、「Authenicated Transfer Protocol」です。

よりシンプルに、「ATプロトコル」と呼ばれています。


ソーシャルネットワーキングのためのATプロトコルは、新しいソーシャルネットワークの連合体です。

最新の分散型テクノロジーのアイデアを、シンプル・高速・オープンなネットワークに統合しています。

連合体型Networkとは、電子メールのように、サーバー同士が通信する方法です。

1つのサイトがネットワークを運営するのではなく、多くのサイトを持つことができます。

つまり、プロバイダーを選ぶことができるということです。

個人や企業が望む場合、セルフホスティングも可能です。

背景

Blueskyのミッションは、プラットフォームからプロトコルへの進化を推進することです。

公共の場で会話するためのツールは、インターネットそのもののように、公共のインフラとして私企業の外に存在すべきだと考えています。

公共の会話のためのオープンで耐久性のある分散型プロトコルは、ユーザーの体験に選択肢を与えています。

そのため、クリエイターはオーディエンスとの関係をコントロールできます。

これにより開発者はプラットフォームからの許可なしにイノベーションを起こす自由を与えることができます。

経緯

Blueskyは、既存の分s何型プロトコルから何が適用できるかを仕ために、研究集約的なプロセスから始めました。

この研究雨は、エコシステムのレビューから始まりました。

Blueskyチームが形成される間、継続的に行われました。

そしてこのハイレベルな紹介から始めて、予備的な作業と研究を公表する予定です。


談話を分散化するためのプロトコルを作成したプロジェクトは数多くあります。

ソーシャルではActivityPub・SSB

チャットではMatrix・IRC

ブログではRSS

などがあります。


これらはそれぞれ成功しています。

しかし、どれもグローバルで長期tけいな公的会話を大規模に可能にするネットワークとして、Bluwskyの目標を満たすものではありませんでした。

目標

Blueskyが評価してきたもっとの重要な目標は、次の通りです。

ポータビリティ・ポータビリティがあれば、プロバイダを変えても社会に維持することができる
スケール・規模が大きければ、人々はグローバルな議論に参加することができる
トラスト・サービスが自分のデータで何をしているか・情報がどのようにフィールドに昇格または削除されるかを人々が理解することで生じる

それぞれの詳細を説明していきます。

ポータビリティ

ポータビリティとは、電話番号を失うことなく携帯電話会社を変更できるといったことです。

全てを失うことなくサービス間を移動できる能力のことです。

ユーザーの選択には、アイデンティティ・データ・支払い・その他あらゆるサービスにおいてポータビリティが必要です。

人々が自分のアイデンティティやソーシャルグラフを失うことなくプロバイダを変更できるようになれば、ソーシャルメディアは再び競争力のあるオープンマーケットとして機能するようになります。


電子メールでは、プロバイダを変更すると、電子メールアドレスも変更しなければなりません。

これはActivity PubやMatrixなどの連携型ソーシャルプロトコルではよくある問題です。

ActivityPunのサーバーが停止すると、他のソーシャルプラットフォームが停止ルウのと同様に、そのサーバーのアカウントに紐づくアイデンティティや人間関係を失うことになります。

Activity Pubのサーバーは既存のプラットフォームよりもずっと小さいです。

そしてボランティアによって運営されていることが多いため、このシナリオはあり得ないことではなく、以前にも起こったことがあります。

Bleskyは、サーバーの助けがなくても、ユーザーが簡単にサーバーを切り替えることができるようにする予定です。

スケール

ソーシャル ネットワーキング プラットフォームは、何億人もの人々を世界的な会話に参加させるものです。

しかし、Blueskyでは、大規模なソーシャルネットワーキングプラットフォームと同様に、ユーザーがグローバルな会話に参加でいるようなオプションを提供する予定です。

スケールの大きな運営には、スケールに応じたエンジニアリングが必要です。

当初、Twitterのサイトは頻繁にクラッシュし、「フェイル・クジラ」がミームとなりました。

※ミームとは→【 ミーム銘柄とは 】リスクまで解説

しかし、既存の分散型ネットワークは、大規模なプラットフォームの機能を再現しようとしています。

ソーシャルメディアでトレンドのハッシュタグを検索すると、世界中の投稿が見つかったり、10万以上のいいねがついたライバル投稿を見たりします。

つまり、ネットワーク全体のグローバルなビューを提供するサービスです。

しかし、ボンネットの下の複雑さは隠されています。

ソーシャルプラットフォームの側面を分散化することにより、Blueskyは複雑さを再露出せる組織横断的なネットワーキングを追加しています。

スケールでの会話のためのプロトコルは、全てのステップでこれらの課題を中心に開発される必要があります。


分散化によって、他の領域では新しい機能が追加されます。

しかし、スケールに関しては、現在ソーシャルネットワーキングプラットフォームが提供しているグローバルな経験を再現することを目標としています。

既存の分散型ソーシャルプロトコルは、分散型アーキテクチャに自然にフィットします。

そのため、ローカルな会話をデフォルトとしています。

しかしBlueskyの目標は、オープンなプロトコルを通じて交流することで得られるユーザーの自由を維持しながら、グローバルな会話を可能にすることです。

トラスト

トラストとは、信頼のことです。

分散型ネットワークは複雑です。

プロバイダーは、ユーザーの信頼を失うようなバイアスを不用意に作り出すことなく、スパムや不正使用を管理する必要があります。

これは、Blueskyのフィードを駆動するアルゴリズムにとって重要です。

ソーシャルメディアは文化的な言説を形成する力を持っています。

そしてチェックとバランスのシステムの中に存在する必要があります。

スケールやポータビリティと同様に、Blueskyはボンネットの下で何が起こっているかを公開しています。

それにより、ユーザーがその経験を調整できるようになります。

こうして最初から信頼関係を構築することを目指しています。


中央集権的なプラットフォームとしてスタートしたソーシャルネットワークは、APiを会報誌、ユーzーあに選択肢を提供するというステップを踏んでいます。

これにより現在のサービスに対する信頼を回復するための道筋となっています。

しかし、Blueskyの前提は、デフォルトでオープンなネットワークを構築することにより、ボトムアップの透明性があり、検証可能なシステムに向けて取り組むことです。

したがって、ユーザーがサービスのパフォーマンスを監査できたり、不満があれば乗り換えることができるようにすることができます。

特徴

アカウントの移動可能

個人のオンライン・アイデンティティは、ユーザーへの説明責任を持たない企業に所有されるべきではありません。

ATプロトコルでは、データやソーシャルグラフを失うことはなく、プロバイダー間でアカウントを移動させることができます。

ユーザーがアルゴリズムを選択

アルゴリズムは、

・ユーザーが何を見るか

・誰にリーチするか

を決定しています。

ユーザーがオンライン空間を信頼するためには、ユーザーがアルゴリズムをコントロールする必要があります。

ATプロトコルには、オープンアルゴリズム・モードがあります。

これにより、ユーザーは自分の体験をより自由にコントロールすることができます。

相互運用性

健全な競争を確保するために、世界には多様なコネクティッド サービスの市場が必要になります。

相互運用は、ウェブにとってごく自然であるべきです。

ATプロトコルには、スキーマベースの相互運用フレームワークであるLexicoinが含まれています。

そのため調整の課題を解決することに役立っています。

パフォーマンス

多くの斬新なプロトコルは、パフォーマンスを度外視しています。

その結果、タイムラインを見るまでに長いローディング時間がかかってしまいます。

Blueskyでは、パフォーマンスをオプションと考えずに、大規模なロードを高速に行うことを優先しています。

2022年5月以降、GitHub上の公開リポジトリでプロトコルの作業を行なってきました。

しかしブログやツイッターでは黙認してきました。

これが変わりつつあります。

ATプロトコルのウェブサイトができました。

まだ完全には完成しておらず、仕様に幾つかのTOOsがあります。

しかし、技術は十分に安定しているため、公開する流れとなりました。


ATプロトコルの公式ホームページはこちらです。

The AT Protocol

機能

自己認証プロトコル

Blueskyの概念的な枠組みは、「Self-authenticating protocol」です。

日本語で、「自己認証プロトコル」です。


法律では、自己認証された文章は、真正性の外部根拠を必要としません。

コンピューターサイエンスでは、認証されたデータ構造は、その操作が独立して検証可能であることを意味しています。

ネットワーク上のリソースが自身の真正性を証明できる場合、そのデータは本質的に生きているということになります。

つまり、どこにあっても政党であり、取引可能なのです。

これは、情報がホストによって認証されるため、元のサービスによってホストされなくなると成立しなくなってしまうということです。

ウェブの接続中心モデルとは異なるものなのです。

自己認証データは権限をユーザーに移しています。

そのため、全てのホスティングサービスにわたってデータの有効性を維持しています。


自己認証を可能にする3つの要素は次の通りです。

①暗号識別子

②コンテンツアドレス指定データ

③検証可能な計算

最初の2つは、分散システムでおなじみの概念です。

3つ目は、まだ広く適用されていない新しい研究分野ですが、影響が大きいと考えられています。


それぞれ説明していきます。

①暗号識別子

暗号化されたIDは、ユーザーと公開鍵を関連づけています。

自己主権的なアイデンティティは、ユーザーに暗号化された識別子を持つことに基づいています。

アカウントの管理は、ログインを記録するデータベースの項目ではなく、ユーザーからの暗号署名によって証明されます。

②コンテンツアドレス指定データ

コンテンツアドレスデータとは、コンテンツが暗号ハッシュ(データのユニークなデジタルfなフィンガープリント)によって参照されることです。

公開鍵とコンテンツアドレスを使用することで、ユーザーが作成したことを証明するために、ユーザーの鍵でコンテンツに署名することができます。

認証されたデータにより、信頼はデータを見つけた場所ではなく、データ自体に宿るようになります。

そしてアプリケーションはクライアントサーバーアーキテクチャから脱却することができます。

これにより、ユーザーが生成した権威が発生します。

③検証可能な計算

検証可能な計算では、暗号化された証明を用いて、オブザーバーが自分で計算を実行しなくても、計算が正しく実行されたことを確認できるようにしています。

ゼロ知識証明のように入力を隠すことでプライバシーを保護したり、検証のために保持しなければならない状態を圧縮したりすることに利用できます。

※ゼロ知識証明とは→仮想通貨における【 ゼロ知識証明とは 】メリット・デメリットまで解説

このような暗号プリミティブの可能性は、まだ十分に解明されていません。

そのため現在は、最先端の研究はブロックチェーンのスケーリングに適応されています。

それと同時に、分散型ソーシャルネットワークへの新しい応用も研究しています。

自己認証プロトコルの応用

ポータビリティは、自己認証プロトコルによって直接的に満たされます。

プロバイダを変えたいユーザーは、自分のインフラを含め、都合の良い時にデータセットを移行することができます。

暗号化された識別子を持つシステムにおいて、鍵の管理やユーザー名の関連づけをどのように扱うかについてのUXは、近年大きく進歩しています。

Blueskyは新しい標準やベストプラクティスを基に構築することを計画しています。

つまり、ユーザーにより多くのコントロールを与えますが、より多くのリスクを負う自己主権型ソリューションということにもなります。

そして利便性を得る代わりに、コントロールを放棄するカストディ型サービスという選択肢を提供しています。


自己認証データは、保存と転送のキャッシュを可能にしています。

これにより、スケーラビリティのメリットを提供できています。

自己認証ネットワークにおけるアグリゲータは、データの信頼性を低下させることなく、小規模なプロバイダに代わってデータをホストすることができます。

検証可能な計算により、これらのアグリゲータはデータの信頼性を維持したまま、メトリック・フォローグラフ・検索インデックスなどの計算されたビューを作成することもできます。

このようなトポロジーの柔軟性は、様々な発信元からの活動のグローバルビューを作成する上で鍵となります。


更に、自己認証データは、信頼性を確立するために使用できるメカニズムを提供しています。

自己認証されたデータは、誰が何を公開したか、それが変更されたかなどのメタデータを保存することができます。

また、ユーザー・コンテンツ・サービスの上にレピュテーションやトラスト グラフを構築することができます。

検証可能な計算が提供する透明性は、結果がどのように生成されたかを正確に示すことにいより、信頼を確立するための新しいツールを提供しています。

しかし、この分野の暗号プリミティブはまだ改良中です。

そして製品化されるまでには活発な研究が必要になります。

現状

エコシステムのレビュー以降に行った研究の処す愛と、予備的なコードのオープンソースを公開する予定です。

Blueskyは、アイデアを検証し、具体的なものに反復するためにコードを書き始めています。

しかし全てがまだ完全に実験的な段階です。

現状、コマンドラインクライアントで遊ぶことはできます。

しかし、この段階で何かが変わる可能性があるため、次の大きなアプリをこの上で構築することはまだ期待しないようにと主張しています。


フェデレーテッドネットワーク・P2Pネットワーク・ブロックチェーンネットワークのいずれにも当てはまりません。

※P2Pとは→【 ピアツーピア(P2P)とは 】分かりやすく解説

P2Pの特性を持つハイブリッドな連合ネットワークと表現することもできます。

しかし、ネットワークのトポロジーよりも、アイデンティティとデータの自己認証という機能に焦点を当てた方がよりわかりやすいと考えたからです。

Buleskuのチームは、これまで分散型Webプロトコルやブロックチェーンネットワークを構築してきました。

しかしその中で最も優れたものを新しいものに強盗することに取り組んでいます。

ある側面では、すでに存在するものを使うことができます。

しかし他の側面では、Bluesky自体の解決策を考え出す必要があると主張しています。

テストシーケンスの開始(ウェイティングリスト開始)

Blueskyの次のステップは、プロトコルのテストを開始することです。

分散型プロトコルの開発は複雑なプロセスになっています。

ネットワークが展開されると、多くの関係者の間で調整が必要になります。

そこで、まずはプライベート・データ版で問題を解決することになりました。

ベータテストを行いながら、プロトコルの仕様の見直しをし、どのように動作するかの詳細を共有していく予定です。

そして、準備が整い次第、オープンベータに移行します。


プライベート ベータへの参加に興味がある方は、Blueskyのウェブサイトでウェイティングリストに登録できます。

Blueskyチーム

Blueskyのチームは、次の通りです。

初期メンバーや技術アドバイザーです。

Daniel Holmgren氏・プロトコル エンジニアで、以前はFissionでIPFSの開発経験がある
・以前、コンセンシスの支援を受け、化学的データセットのP2Pデータ転送に取り組むスタートアップを共同設立している
Paul Frazee氏・プロトコルエンジニア・フルスタックウェブ開発者
・以前は、SSB分散ソーシャルプロトコルを使用した最初のアプリケーションであるPatvhworkやHypercore分散ウェブプロトコルに対応した最初のウェブブラウザであるBeaker Browserを開発した
Aaron Goldman氏・セキュリティエンジニア
・直近ではTwitterに在籍していた
・以前はGoogleでトラスト&セーフティを担当していた
・2014年にコンテンツアドレスファイルシステムについて書いた論文まで遡って分散システムに関心を寄せている
Martin Kleppmann氏・Desinging Data-Intensive Applicationsの著者で、ケンブリッジ大学の研究者

・In k$Switchのチームと協力して、分散プロトコルの最先端の研究を発表している
・Whyrusleeping・Protocol Labsの最初の社員
・IPFSやFilecoinの他、CoinlistやEstuaryなどのプロジェクトのリードエンジニアを務めている

より多くの人が参加したことにより、プロトコルの開発プロセスのオープンソース化を開始することができました。

3つのフェーズ

Blueskyは、アイデアから始まりました。

そしてコミュニティへと発展し、会社へと固まっていく、3つの段階を経ています。

2021年末のBluesky・PBLLCの設立は、最も新しいステージの始まりです。

現在、Blueskyは資金とミッションを追求するための組織を手に入れました。

第一段階:アイディア

ブルースカイ プロジェクトは、Twitterが分散型ソーシャルメディアのためのオープン プロトコルの開発に資金を提供する意向を表明したジャック ドーシー氏のツイートから始まりました。

多くの人がBlueslyのTwitterアカウントにDMを送りました。

TwitterのMatrixチャットルームに12人ほど集まりました。

そこからBluekyのあるべき姿について最初の議論が始まりました。

このルームでの最初のQ&Aでは、ジャック氏は、最大かつ長期的なゴールは、公共会話のための耐久性のあるオープンなプロトコルの構築と記載しました。

どの組織にも所有されることなく、できるだけ多くの人々によって貢献されることを目標としています。

そして、それはインターネット上で生まれ、同じ原理で進化していくことです。

Twitterのサポートは、既にTwitterを公共の会話のプラットフォームとして使っている人々にとって、エキサイティングでした。

TwitterがMatrixルームを作ったのは、ブルースカイの方向性やリーダーシップがその虚無にティから生まれるかどうかを確かめるための、自己組織化の実験でもありました。

ジェレミー ミラー氏(XMPPの発明者で現在はブルースカイの役員)・マシュー ホジソン氏(マトリックスの技術共同創設者)・イアン ブレストん氏(Peergosの共同創設者)・ラブル氏(初期のTwitterエンジニアでPlanetaryの共同設立者)などの多くの人々が時間を惜しまずに議論をしてきました。

ブルースカイのチャットルームを大きくして60人ほどにしました。

このスペースにある全てのプロジェクトの概要を書き始めました。

ブルースカイ プロジェクトの最終的な形は未定のままでした。

しかし、ブルースカイ コミュニティはプロジェクトを横断して話すために人々を繋ぎ始め、エコシステム レビューという形で集合的な知識ベース構築していました。

第二段階:コミュニティ

2020年のある日、Twitterはコミュニティ グループに対して提案の依頼を出しました。

ブルースカイの数人は、既存のプロトコルをベースにするか、ゼロから始めるか、新しい分散型ソーシャルプロトコルがどのように機能するかを技術提案として書きました。

2021年、Twitterはブルースカイ リードの役割を担う人々を面接しました。

具体的には、Twitter社で働き始めるのではなく、ブルースカイを実現するための資金提供を受けるための独立した組織を立ち上げ始めました。

第三段階:会社

2021年の最後の数週間で、ブルースカイPBLLCを設立しました。

資金を調達することができました。

ブルースカイは、このコミュニティを別組織として維持しており、Bluesky社からの助成金で賄うことにしました。

これは、Bluesky社がより焦点を絞った研究開発を進める一方で、このコミュニティを包括的なフォーラムとして機能させるためです。

ブルースカイ社では、より公に、Twitter以外の企業との会話を増やし、他のプロトコルとの関わりを持ち始めたいと考えています。

しかし、まずは雇用を終え、提案する方向性のための技術的ビジョンを明確にする必要があります。

その間も、このコミュニティは議論と討論の場です。

ブルースカイコミュニティ

ブルースカイコミュニティの目標は、ブルースカイの組織とは異なり、分散型Webエコシステムにおけるコラボレーションを促進することです。

それはとても勇気的なアプローチです。

私たちは、オープンな視点を持っています。

また、分散型技術の採用を促進するというBlueskyの目的を共有しちえるため、様々なプレイヤーにプラットフォームを提供し、教育的な公園やフォーラムを開催しています。

開発者が協力してアタらいい技術を仕機会を提供するための小規模なプロジェクトも行っています。

このdiscord/matrixのブリッジフォーラムであるコミュニティベースには、下記のグループが参加しています。

・fediverse

・matrix

・ssb

・gun

・ceramic

・soild

・peergos

・holochain

・metamask


コミュニティは、仕事は語るものと捉えています。

人々が興味を持ってついてきてくれれば、誰でも努力をリードすることができます。

そのため、コミュニティが開催する組織的なフォーラムに加え、誰でもWeb3のエコシステムについてポップアップを予定することができます。


Blueskyという組織と共同で制作しているCommunity Voicesというオーディオシリーズです。

このシリーズは、Twitter Apaceで行われ、10年前に初期のTwitter開発者コミュニティを組織しています。

それ依頼、世界的なWeb3の取り組みに携わってきたRobert Dchwentkerがリーダーを務めています。

各回のテーマは、アイデンティティからストレージ・レビューテーション・ユーザーエクスペリエンスまで、分散型Webの重要な構成要素と課題を掘り下げています。

また、この分野の専門家やリーダーを招き、技術的・社会的・歴史的なニュアンスを議論し、より伝統的で企業的な背景を持つ懐疑的な声も取り上げています。

まとめ

分散型SNSは、アカウントがユーザーの所有権となるため素晴らしいですね。


分散型SNSの競合として、Distrik(詳細→次世代のSNS【 Distriktとは 】DKTトークン・使い方・将来性についても解説)が挙げられます。

Districtの方が完全に分散型ですが(ブルースカイの方は、ドーシー氏が主導でや中央集権的)、その分ブルースカイの方が進捗度は実際に速いです。


どちらが普及していくかは今後の進歩具合にもよりそうですね。

そのため今後も楽しく情報を追っていきましょう。


このジャンルは需要が大きいため、伸びていくのは時間の問題でしょうね。

私自身も、非常に楽しみにしています。

https://accounts.binance.info/ja/register?ref=TT7DEOPV
仮想通貨・Defi・NFT
スポンサーリンク
\Follow/
スポンサーリンク
\Follow me/
\Follow/
Miories
タイトルとURLをコピーしました