返済能力を把握する指標【 DSCRとは 】分かりやすく解説

今回は、「DSCR」について解説します。

スポンサーリンク

DACRとは

DCSRとは、元利金返済カバー率です。

借入金の返済余裕度を測る指標です。

そしてこれは債務返済能力を意味しています。


融資を必要とする際に用いられることがあります。

手元にあるキャッシュフローが借入金返済額の何倍かということを表しています。

DSCRの計算式

DCSRの計算式は下記です。

戻り金返済前のキャッシュフロー÷返済総額(借入額+支払利息)


つまり、NOI(正味稼働利益)÷元金と利息の返済額ということです。


DSCRは、数値が大きいほど返済の余力があるということになります。

DSCRの例

例えば、100万円のキャッシュフローに対して、50万円の借入金を返済した場合、DSCRは2倍ということです。

まとめ

DCSRは、企業やプロジェクトの返済能力を把握するために活躍する指標です。


関連記事→決算書における【 貸付金・借入金とは 】手形貸付金・手形借入金まで分かりやすく解説


楽天証券 | ネット証券(株・FX・投資信託・確定拠出年金・NISA)
投資信託や確定拠出年金、NISAなら初心者に選ばれる楽天グループの楽天証券。SPUに仲間入りし、ポイント投資で楽天市場のお買い物のポイントが+1倍!取引や残高に応じて楽天ポイントが貯まる、使える楽天証券でおトクに資産形成を始めよう!

投資マインド
スポンサーリンク
\Follow/
スポンサーリンク
\Follow me/
\Follow/
Miories
タイトルとURLをコピーしました