株式投資における【 PTSとは 】分かりやすく解説

今回は、「PTS」について解説します。

スポンサーリンク

PTSとは

PTSとは、証券取引所を経由せずに株式を売買できる「私設取引システム」のことです。

PTSは、「Proprietary Trading System」の略称です。


PTSのルールは、東証のルールとは異なり、「呼値」「売買単位」「注文方法」「取引時間」などがあります。

東証のルールと異なるため、東証で執行できない注文を出すこともできます。

PTSの特徴

証券会社にもよりますが、PTSには特徴があります。

取引時間

朝8:20から23:59まで取引できます。

正確には、

昼間取引(8:20〜16:00)

夜間取引(16:30〜23:59)

です。


そのため、東証の寄り付き前・大引け後も取引ができます。

手数料が安い場合がある

取引手数料が、東証などと比較して安いことがあります。

しかし、証券会社によるためお使いの証券会社の手数料を確認しましょう。

配当金・株主優待などを受け取れる

配当金・株主優待などは、東証などと一緒で受け取れることができます。

まとめ

株式投資では、決算を読み込むために簿記の知識もあると優位になります。

今後も決算を読み解いていきましょう。


関連記事→決算書における【 有価証券の売却時の手数料の処理 】分かりやすく解説

https://accounts.binance.info/ja/register?ref=TT7DEOPV

株式
スポンサーリンク
\Follow/
スポンサーリンク
\Follow me/
\Follow/
Miories
タイトルとURLをコピーしました