仮想通貨【 Everdome(DOME)とは 】創設者・特徴・供給量・上場している仮想通貨・投資における将来性についても解説

今回は、仮想通貨「Everdome」について解説します。

スポンサーリンク

Everdome(DOME)とは

Everdomeとは、Metaheroのエコシステムに属するメタバース状の仮想通貨です。

Metaheroの超高精細アバターと実世界のスキャンオブジェクトは、Metahiroの技術が相互作用して繁栄する場所として、Everdomeのメタバースで活動することを目指しています。


また、Everdomeは、Facebook・Microsoft・Nikeなどの企業が参入しているメタバースのトレンドに乗ろうとしています。

プロジェクトでは、ソーシャルインタラクション・ゲーム・ビジネスなどの領域でメタバースをグローバルに導入することを想定しています。

また、メタバースにおける土地の創造は現実世界と同様の倫理、つまり需要のある仮想不動産の希少性・高値に従うと予想されています。

そのためEverdomeのビジョンである超超リアルなメタバースでは、そのような希少価値の高い選択肢となることを目指しています。


Everdomeの公式ホームページはこちらです。

Everdome
Homepage everdome

Everdomeの創設者

Everdomeは、ポーランドで最も若い自営業者としてForbes Top 100に選ばれたRobert Gryn氏によって立ち上げられました。

ヨーロッパで2番目に急成長した企業であるCodewiseの元CEOであるGryn氏のミッションは、ブロックチェーン技術の大量採用を加速させることです。

彼を支えるのは、テック系スタートアップ・音楽・エンターテインメント・コーディング・ブロックチェーンなどのさまざまな分野での経験を持つ総勢25名のチームです。

Everdomeの特徴

実世界とつながる3Dメタバース

Everdomeは、「初のリアルなメタバース」をつく流ことにより、他のメタバースプロジェクトと一線を画すことを目指しています。

そのターゲット層は、ブランディング・社会的・職業的交流・取引に使用できる、非常にリアルなバージョンのメタバースを求めている人々です。

Everdomeの重要な点は、NFTという形で仮想の土地にアクセスできることです。

Everdomeでは、現実世界と同様に、不動産の購入・賃貸・リースなどを行うことができます。

更に、ブランドや個人は、自社のサービスや製品を宣伝したり、ネイティブマーケットプレイスで販売したりするために、仮想不動産を利用する機会を得ることになります。

そしてEverdomeは、メタスキャンがメタバースの重要な要素になり、現実世界とのブリッジになることを目標としています。

ここが最大の特徴です。

これにより、誰もが自分自身や現実世界の物体の3Dアバターを超高精細に作成できるようになります。

そしてHEROトークン(詳細→【 Metahero(HERO)とは 】創設者・特徴・供給量・上場している仮想通貨取引所・投資における将来性についても解説)で購入・取引可能な3D NFTを作成することも可能になります。

この技術はフォトグラメリーとも呼ばれています。

ファッション・ミュージックビデオ・3Dプリント・アートワークのスキャンなどのユースケースで2017年から商業的に試行され、実証されています。


Everdomeエコシステムのアクションは、当該HDアバターの目的地として機能し、Everdomeで行われます。

このHQドームは火星に設置される予定です。

アーティスト・ミュージシャン・ブランド・個人がバーチャル領域で自分のスペースを購入できるようになります。

また、HQドームの周辺に移住を考えている人たちのためのコミュニティドームも用意され、各ユーザーが自律的に自分のプランを実行できるようになります。

PoS

DOMEは、BNBチェーン上のBRP-20トークンです。

Everdomeは、ゲームや映画で超リアルなグラフィックに使用されるUnreal Engineを使用して、Binanceスマートチェーンに構築される予定です。

BNBチェーンは、Proof of Stake(PoS)コンセンサスアルゴリズムによって安全が確保されています。

※PoSとは→仮想通貨における【 PoW・PoSの違い 】どちらが良い?


21人のバリデーターが24時間ごとに選出され、取引を検証し、ブロックチェーンの安全性を維持します。

これらのバリデーターは、Binanceで一定額のBNBをステーキングしなければなりません。

メタバースのロードマップ

Everdomeのメタバースのロードマップが公開されています。

時期内容
2022年第2四半期・NFTコレクション販売1回目
・著名人との提携
・Metahero 3Dマーケットプレイスの統合
・VR体験の提供
2022年第3四半期・関亜初のメタバース株式・FX市場
・Play to earn
・VRエクスペリエンスv2
2022年第4四半期・ファッションマーケットプレイス
・NFTマーケットプレイス統合
・専用AIアップグレードによるNPXリリース
・多言語サポートの追加

DOMEの供給量

DOMEの供給量は、1億DOMEトークンです。

ユーティリティトークン(詳細→仮想通貨における【 ユーティリティトークンとは 】分かりやすく解説)で駆動されます。


この供給量のDOMEの分配は下記です。

分配先パーセンテージ時期もしくは期間
ステーキングと開発24.5%10ヶ月で直線的に配分
取引所への上場・流動性21.5%TGEで20%、10ヶ月で直線的に分配
チーム15%20ヶ月でリニアに増加
戦略的パートナー・アドバイザー12%20ヶ月でリニアに増加
会社準備金10%TGEで10%、45週間かけて直接的に分配
HERO エクスクルーシブプレセールTGEで10%、45週間かけて直線的に分配
テンセットジェムローンチパッド5%TGEで10%、45週間かけて直接的に分配
マーケティング3%アンロック
テンセットパートナーシップ1%TEGで20%、10ヶ月かけて直線的に分配
プライベートラウンド0.5%TGEで10%、45週間かけて一直線的に分配

DOMEの上場している仮想通貨取引所

DOMEの上場している仮想通貨取引所は下の通りです。

・OKEx

・Bybit

・Hotcoin

・Global

・Gate.io

・BKEX

投資における将来性・まとめ

比較的最近開発されているメタバースです。

しかし3Dで、現実世界と繋がっているメタバースという特徴があります。


これまでの主要なメタバースはDecentralandとThe Sandboxでした。今もです。

The Sandbox(詳細→仮想通貨【 The Sandboxとは 】特徴・投資における将来性についても解説)に関しては、カクカクの視覚で、ゲーム仕様のメタバースで、現実世界とは繋がっていません。独自の世界で成り立ってイアmす。

そしてDecentraland(詳細→仮想通貨【 Decentralandとは 】特徴・今後・投資における将来性についても解説)に関しては、サンドボックスよりはコントラストがはっきりしていますが、現実世界とは繋がっていません。

そのため、エバードームは現実と繋がっているという点が特徴的です。

3Dで展開されるのも楽しみですね。


トークン的にも発行上限が設定されているし、PoSだし、個人的には非常に期待できることに加え、(2022年4月時点)時価総額も非常に小さいため、今後伸びていく可能性が高いと考えています。

更に、ホームページにてステーキングができ、まだ参入者も少なくてAPYも高いため、チャンスと捉えています。

このような仮想通貨は滅多にないため投資しました。


しかし参入時期にもよるため、投資は個人の性格や個性に適した判断が良いでしょう。

仮想通貨・Defi・NFT
スポンサーリンク
\Follow/
スポンサーリンク
\Follow me/
\Follow/
Miories
タイトルとURLをコピーしました