仮想通貨【 Bitcoin Gold(BTG)とは 】創設者・特徴・供給量・上場している仮想通貨取引所・投資における将来性まで解説

今回は、仮想通貨「Bitcoin Gold」について解説します。

Bitcoin Goldとは・創設者・特徴・供給量・上場している仮想通貨取引所・投資における将来性、の順で説明します。

スポンサーリンク

Bitcoin Gold(BTG)とは

Bitcoin Gole(BTG)は、Bitcoinのユーザーフレンドリーのの代替え品となるよう2017年に設立されました。

BTGネットワークは、Bitcoinブロックチェーンのセキュリティ・頑丈さ・特性・実験・開発の機会を組み合わせることを目指しています。

BTGは、ビットコインと密接に互換性のあるブロックチェーンで仮想通貨空間を強化・拡張します。

しかしビットコインのハッシュパワーなどのリソースを使用したり、本物のビットコインの座を争うことはありません。

BTGは、ビットコインの実装機能を備えたコインを提示することを目指しています。

一方、DeFiやDAppsの開発者がこのコインを使用する機会を拡大しています。


Bitcoin Goleの公式ホームページはこちらです。

Bitcoin Gold | Make Bitcoin decentralized again

創設者

Bitcoin Goldは、多様なバックグラウンドとスキルを持つ愛好家たちによって設立されました。

Hang Yin氏は、ビットコインゴールドの共同設立者であり、リード開発者です。

2015年に大学でコンピューター科学の学位を習得して卒業しました。

彼のプロトしてのキャリアは、卒業後すぐに始まりました。

2015年末、Yin氏はGoggle社のソフトウェアエンジニアになりました。

先の大手テックでは、HashForestsの設立にも参加しています。


Bitcoin Goldの2人目の共同設立者はMartin Kuvandzhiev氏であり、取締役でもあります。

ソフィア工科大学でおkンピュータービジョン・ソフトウェア・エンジニアリングの学位を取得した後、マクドナルドでフードーサービスの仕事を始めました。

2015年にはソフィア工学ぢ足掻くの助教授となり、2016年にはphyre JSCでリードiOS開発者として従事しています。

2017年にビットコインフォールドを共同設立して以来、GoStartups .netという別の会社も立ち上げています。

現在、Kuvandzheiev氏はAssetifyのCEOを兼任しています。

特徴

オリジナルビットコインブロックチェーン

Bitcoin Goldは、オリジナルビットコインブロックチェーンの固有の特性があります。

また、ブロックチェーンの開発と応用においての革新的なアプローチを組み合わせたユニークな製品です。

ハードフォーク

BTGは、オリジナルのビットコイントークンのハードフォークとして、ビットコインが抱える拡張性の問題に対抗する新しいProof of Workアルゴリズム(詳細→仮想通貨における【 PoW・PoSの違い 】どちらが良い?)を導入することで、マイニング・プロセスに革命を起こすことを目指しています。

※ハードフォークとは→仮想通貨における【 ハードフォークとは 】ソフトフォークとの違いについても解説

Bitcoin Goldは、原初の仮想通貨の最初のハードフォークの1つです。

機関投資家や企業投資家の注目を集めました。

BTGは、様々な取引所のほか、スワップワービスやウォレットでも利用できます。

Bitcoin Goldは、いくつかのオンラインブラウザやサービスプロバイダでも積極的に採用されています。

PoW

上記で述べたように、Bitcoin GOleのハードロークとして、NTGはProof of Workコンセンサスアルゴリズムに依存しています。

しかし、BTGの主な目的の1つは、ビットコインのブロックチェーンっとは異なり、マイニングようにGPUを優遇するEquihash PoWを導入し、マイニングプロセスに革命を起こすことでした。

Bitcoinは主に特定用途向け集積回路(ASIC)のマイニング機械に依存していますが、このバージョンのEquihashはASICが提供できる以上のメモリを使用しつつも

多くのグラフィックカードで問題なく動作します。

イーサリアムブロックチェーンが、Proof of Stake(PoS)の仕組みに移行し、利害関係社を優遇する能登は異なり、BTGはマイナーが持つ処理能力を重要視しています。

※PoSとは→仮想通貨における【 PoW・PoSの違い 】どちらが良い?

ガバナンス

オープンソースのプロトコルであるBitcoin Goldでは、開発者がブロックチェーンのガバナンスや開発に自由に参加することができます。

これは分散化を推し進めるための必須条件であり、ビットコインが苦戦する大きなポイントの1つだと言われています。

供給量

BTGの最大供給量は21,000,000BTGトークンです。

現在のBTGトークンの総量のうち、割り当てられた配分は次の通りです

30%:ブロックチェーンとプロジェクトの開発

15%:エコシステムのサポートと開発

15%:BTGコミュニティ

20%:年間経費

7%:バウンティ・アプリのコラボレーション

5%:創業チームへの報酬

残りの8%:フォーク前コスト・コミュニティの開発

上場している通貨取引所

ビットコインの最初のハードフォークの1つとして、BTGは様々な仮想通貨取引所に上場しています。

・Binance

・Bithumb

・Houbi Global

・Bitfinex

例を挙げるとこの取引所です。

投資における将来性

ビットコインゴールドという名前だから、ゴールド担保のビットコインかと思ったら、名前だけでゴールドは全く関係ないようですね。


ビットコインゴールドもビットコインのハードフォークですが、ビットコインがハードフォークした事例は数多いです。

例えば、Bitcoin Cash(詳細→仮想通貨【 Bitcoin Cashとは 】特徴・ビットコインと比較・歴史・将来性)は、ビットコインよりブロックサイズが大きいです。

しかし、当初のビットコインのみが時価総額が大きく、伸びているのはビットコインの方です。


そのため、何も手の加えられていないビットコインのみが需要がある状態になっています。

そのため今後のハードフォークも、ビットコインを抜かせるかどうかと問われると疑問です。

逆に、例えばSolanaなど、全く別物の仮想通貨の方が伸びる可能性が高かったりします。

仮想通貨・Defi・NFT
スポンサーリンク
\Follow/
スポンサーリンク
\Follow me/
\Follow/
Miories
タイトルとURLをコピーしました