流動性ネットワーク【 WOO Network(WOO)とは 】創設者・特徴・供給量・投資における将来性まで解説

今回は、仮想通貨「WOO Network(WOO)」について解説します。

WOO Network(WOO)とは・創設者・特徴・供給量・投資における将来性、の順で説明していきます。

スポンサーリンク

WOO Network(WOO)とは

WOO Network(WOO)とは、トレーダー・取引所・機関・DeFiプラットフォームを接続する流動性ネットワークです。

クラス最高の流動性への民主化されたアクセスと、低コストまたはゼロコストでの取引を実行します。

WOOトークンは、ネットワークのCeFiおよびDeFi製品でステーキングと手数料の割引に使用されます。


現在、小売・機関投資家・CeFi・DeFiに接続する多様な製品とサービスのセットが構築されています。

ワークスペースをカスタマイズするための完全にカスタマイズ可能なモジュールを備えています。

WOOFi:強化されたオンChainの流動性と実行をユーザーに提供するために、厳選されたDeFiプロトコルとアプリケーション全体に展開される分散型取引所

現在、BNBチェーンとアバランチでスワップ・WOOステーキング・利回りを生成するプールを提供しています。

WOO Networkは、取引所などの機関投資家向けにリクイディティサービスを提供し、オーダーブックをトップ取引所よりも深くアップグレードし、ビッド・アスク スプレッドを引き締めます。


WOO Networkの公式ホームページはこちらです。

WOO Network
WOO Network connects traders, institutions, and DeFi platforms with the best-in-class liquidity and trading execution at lower to zero cost.

創設者

WOO Networkは、2019年にマーケットメイキング・アービトラージ・CTA・高頻度取引(HFT)を専門とするマルチ戦略取引会社であるKronos Researchによって設立されました。

特徴

流動性ネットワーク

WOO Network(WOO)とは、トレーダー・取引所・機関・DeFiプラットフォームを接続する流動性ネットワークです。

クラス最高の流動性への民主化されたアクセスと、低コストまたはゼロコストでの取引を実行します。

WOOトークンは、ネットワークのCeFiおよびDeFi製品でステーキングと手数料の割引に使用されます。

WOOFi

WOOFiとは、強化されたオンチェーンの流動性と実行をユーザーに提供するために作られました。

そして、厳選されたDeFiプロトコルとアプリケーション全体に展開される分散型取引所となります。

供給量

WOOの最大供給量は、3,000,000,000トークンです。

WOOは、2020年に開始されました。

ジェネシスで作成された30億のWOOトークンが使用されました。

そして、グローバルな仮想通貨取引所で毎日の取引量は約50億ドル〜100億ドルとなります。


トークンの配布は次の通りです。

50%WOOエコシステムのサポート
20%チーム
10%プライベートおよびパブリックセールで販売
5%WOo Ventures・初期段階のプロジェクトに投資

投資における将来性・まとめ

WOOは、トレーダー・取引所・機関・DeFi・CeFIプラットフォームを接続する流動性ネットワークです。

これを、低コストまたはゼロコストで取引ができるということです。


これは、時代の流れ的に需要があります。

しかし、競合もちらほら存在するため、その中でWOOを選んでもらう必要がります。

現在は、Binanceもトレードの際に取引手数料ゼロにしています。

Binanceは信頼性もあるため、それが競合にあたるということは、大変ですね。


ただWOOも、手数料ゼロの他に、信頼性を増すと、ユーザーも安心してこのプラットフォームを使用してくれますね。

信頼性の増加には時間がかかります。

そして、ハッキングされたりなどで、問題を起こさないようにする、もしくはその問題が起こったときに迅速に対処することにより、信頼が積み重なっていきます。

仮想通貨・Defi・NFT
スポンサーリンク
\Follow/
スポンサーリンク
\Follow me/
\Follow/
Miories
タイトルとURLをコピーしました