【 リッチウーマン/ロバートキヨサキ 】投資を始める女性にオススメ

今回は、金持ち父さん(ロバートキヨサキ)シリーズの「リッチウーマン」について説明していきます。

「二度とお金のことで眠れない夜を過ごしたくないと思っている人」「将来の経済状態を自分でコントロールしたいと思っている人」「金持ちの白馬の王子様が表れるのを待つのが嫌になった人」「本当の意味で自立をしたいと思っている人」に是非読んで欲しい本です。

スポンサーリンク

リッチウーマン

リッチウーマン 人からああしろこうしろと言われるのは大嫌い!という女性のための投資入門/ロバートキヨサキ

リッチウーマン―人からああしろこうしろと言われるのは大嫌い!という女性のための投資入門
「金持ち父さんシリーズ」ではじめて、女性向けに書かれた投資 の本が出ました。 著者は、「金持ち父さん貧乏父さん」を書いたロバート・キヨサキのパートナー であるキム・キヨサキ。彼女は夫のロバートとともに、いくつものビジネスを立 ち上げてきた実業家としてのキャリアがあります。それだけではなく、自分自身 でも不動産投資をして...

オススメ理由

金持ち父さんシリーズを出版しているロバートキヨサキさんの妻のキムさんについて書かれた本です。

そのロバートキヨサキが、妻は自分より重要な仕事をできるうえに、美しくて優しくて知的で、素晴らしい女性だと賞賛しています。

その素敵女性からの目線のお話を本から直接聞くことができます。

女子会をしている感覚で本をスラスラ読めて楽しいです。

しかしこれは投資上級者向きというよりは、「これから投資を始める女性」に向けた本です。

本の内容ピックアップ

筆者の最愛の妻、キムについて書かれている本だ。

キムは私の助けがなくても自分で自分の面倒が見れる。

現代的で、常に時代の先端を行き、面白くて、物心共に豊で、親切で、思いやりがあり、いつもきらきらと輝いていて、自立して、頭が良く、物理的にも精神的にも豊な女性だ。

お金や投資について何も知らなかった年若い女性から、その道の権威と呼べるほどのリッチウーマンへとキムが成長するのを私は見守ってきた。

二人で大変な時期—人生の山や谷—を経験してきた。

出会ったときの私は文無しだったから、キムがお金目当てに私と結婚したのでないことは確かだ。

投資に関してだって、私がやったことと言えば、金持ち父さんが私に教えてくれたことをキムに教えただけだ。

全ての女性は「リッチウーマン」になれる

リッチウーマンとは、お金に関して賢くなり、豊かな人生がもたらす恵を受け取る女性のことだ

自分の経済状態を自分でコントロールできるようになった女性は自尊心が高まる。

自分のお金の問題は自分で解決できるとわかったとたん、大きな自信を持つようになる。

そして今の自分を好ましい存在として受け入れられるようになると、多くの場合、夫やパートナー、子ども、家族、友人知人との結びつきもより強いものになる

それはかけがえのない幸せなことだと思う。

この本は経済的に独立をすることについての本だ。

女性が自由になるための鍵は、まず女性が経済的に何物にも依存せず、全てから解放されることにある。


最悪の年の経験

私達はなけなしの持ち物を全部売り払って、ビジネスを築き始めたが、2カ月で所持金を使い果たした。

ホームレスに近い状態にまでなり、ボロボロのセリカの中で寝た時期もある。

私の経験からはっきり言える―お金がないのは人をみじめにさせる

昔は、金持ちは欲張りで、冷酷で、いじわるな人達ばかりだと思っていた。

しかし実際に経験してみて、そういうと言う人は金持ちにかぎったことではないと分かった。

文無しになったロバートと私はよくケンカをして、お互いを責めた。

信じられないほど大きなストレスにさらされ、自尊心をまったく失っていた。

あの頃、私は自分によく「一体私は少しでも何かが分かっているのだろうか?」ちょっとした自信喪失があっという間に大きくなり、とてつもなく大きくて真っ暗な穴の中にいるように感じられて、決してそこから這い出る事ができないように思えることがよくあった。

知り合いと言えそうな人の家を訪ねて、一晩泊めてもらえないかと聞いて回ることさえした。

明日がどうなるかはわからないが、少なくとも今夜は大丈夫だ、と言う状態だ。

「どうして仕事に就かないんだ?ビジネスが軌道に乗るまでの間、しばらく給料をもらえばいいじゃないか」と言う人がいた。しかし私達は仕事に就くことが後退を意味するのを知っていた。

せっかくここまでやってきたんだ、今やめるのはよそう、と私達は思っていた。

給料をもらうという心地良さに甘んじたら、苦労してビジネスを作ったりしなくなるだろうということも分かっていた。

実際のところ、あの時私たちの原動力となっていたのは、最悪な状況にあったこと、それ自体だった。

そのことが、苦境から脱出する道を見つけるように私達を駆り立ててくれた

そこからの脱出は楽ではなかった。

仕事に就くことは解決策にはならなかった。

私たちはビジネスを起こすと固く心に決めていた

~女性が投資家にならないといけない理由~

1⃣統計が示しているから

2⃣依存せずに自立できるから

3⃣ガラスの天井がないから

4⃣収入に制限がないから

5⃣自尊心が高まるから

6⃣自分の時間を自分でコントロールできるから



まとめ

ここではあらすじの筆者の生い立ちのみピックアップしましたが、個人的にはこの生い立ちがこの本で最も大切なことを教えてくれていると感じました。

何もない状態でゼロの頃からここまで最終目標に向かってストイックに考えて行動できることが素晴らしいと感じました。

だからこそ彼女は結果を出せたのだと思います。

結果を出したかたの、最初の何もない頃の話は中々知ることができないため、読んでいて私達にも勇気をくれます。

投資を始めるためのマインドが主な内容になっているため、これから投資を始める女性にピッタリの本です(^^)

ちなみにKindle等の電子書籍がまだ発売されていないため、現物での購入を勧めます。


リッチウーマン―人からああしろこうしろと言われるのは大嫌い!という女性のための投資入門
「金持ち父さんシリーズ」ではじめて、女性向けに書かれた投資 の本が出ました。 著者は、「金持ち父さん貧乏父さん」を書いたロバート・キヨサキのパートナー であるキム・キヨサキ。彼女は夫のロバートとともに、いくつものビジネスを立 ち上げてきた実業家としてのキャリアがあります。それだけではなく、自分自身 でも不動産投資をして...
投資本
スポンサーリンク
\Follow/
スポンサーリンク
\Follow me/
\Follow/
Miories
タイトルとURLをコピーしました