メタバース【 Etherlandとは 】目的・詳細・特徴・投資における将来性についても解説

今回は、メタバース「Ehteland」について解説します。

Eterlandとは・詳細・特徴・アプリ・LAND ID作成方法・投資における将来性の順で解説します。

スポンサーリンク

Etherlandとは

Ethrlandは、ブロックチェーンと世界の不動産を繋ぐことを目的としているメタバースです。

不動産ペディアは、不変のブロックチェーン・プロトコルに基づき、人々によって構築・所有・管理されています。

実世界の場所を表すデジタル資産を作成し、ステークすることにより報酬を得ることができます。

スマートフォンで写真を撮り、世界の名所をNFTにできます。

詳細

現在では、あらゆるものがつながっていますが、その信頼性を評価するための十分な透明性は曖昧で、コントロールすることはできません。

特に不動産業界ではそのような懸念があります。

Estatepediaでは、イーサランドのワールドメタバース上に構築され、世界中の不動産を結びつけます。

人々が情報を作成し、所有し、維持することを可能にすることで、これらの問題を解決していきます。

目的

誰もが自分の不動産のLAND IDトークンを作成し、所有権の二重構造の証明を得ることができます。

Etherlandは、地球上のすべての不動産について、ブロックチェーン上に不変のデジタルIDを作成し、所有者が情報の入力を制御し、検証を受けることができるようにすることを目的としています。

この追加データのレイヤーは、既にブロックチェーン技術を法的証拠として受け入れているいくつかの国で、法的証明として使用することができます。

世界のメタバース構築に貢献sルウために、不動産所有者である必要はありません。

誰もが、世界の実在する場所のLand IDトークンを作成し、有効な情報をアップロードすることにより、イーサリアムブロックチェーン上の地球のデジタルレイヤーの構築に参加することができるのです。

Ethrlandの特徴

不動産Wikiプロフィール

Ethrland Estatepediaは、ソーシャルメディアであるWiki Webサイトのコンテンツ・不動産データ・ビジュアル・ビデオ・マップローカライゼーション・ブロックチェーン識別インターネットソリューションを、世界の不動産屋特定の場所について表示します。

新しく作成された不動産プロフィールページでは、LANDのIDトークンを所有するユーザーが、不動産データ(画像・PDFファイル・法的文書・製品・ビデオ・キャダスター・場所・説明など)の作成・アップロード・共有・保存をすることができます。


Etherpediaは、IPFS(InterP;anetary File System)とイーサリアムブロックチェーンを併用し、情報の保存と交換を分散化する方法を採用しています。


そしてEtherlandのEstatepediaを育てて、報酬を獲得できるのです。

Etherland Estatepediaに登録されたシア署の5つのモニュメントは、以下をご覧ください。

・エッフェル塔

・自由の女神

・ベルサイユ城

・ピサの斜塔

・ビッグベン


地球上の有名な場所デジタル土地所有者になりましょう。

他の所有者と繋がり、デジタルマーケットプレイスで最大のコミュニティの1つを作成しましょう。

Openseaのマーケットプレイスはこちらです。

Marketplace - Etherland
Enter the marketplace to visit all Land ID tokens displayed and exchange yours with the community of digital landowners.

LAND IDトークン

ユーザーは、ワールドメタバース上で自由にLAND IDトークンを所有し、交換することができます。

デジタル化したい不動産の、実際の所有者であり、ユーザーが提供した法的情報を検証した場合、新しく作成されたLAND IDは「Verified」ステータスを受け取ります。

ブロックチェーンを法的証明として受け入れる国が増加する中、ユーザーの不動産所有権が検証され、オンチェーンに保存されます。

これにより、ユーザーの権利に更なる安全性が加わります。


また、ノンファンジブルトークンを作成することができます。

家・農地・会社など、世界のお気に入りの場所で作成することができます。

インターネットデバイスと地球のメタバースのブリッジ

Etherlandプラットフォームは、インターネットユーザーのデジタルデータと物理世界をつなぐ、相互運用可能な技術の組み合わせです。

Ethrlandは、不動産のコンテンツ情報をIPFS上にホスティングしています。

IPFSではストレージが分散化されているため、アップロードされた情報は、ほぼ無限に誰でもいつでもアクセス可能な状態を維持することができます。


IPFSが情報の永続性と情緒性に配慮しているため、EThrlandブロックチェーンは、情報の更新や所有者の変更の完全な履歴を提供しながら、所有者と自分の所有物の情報を結びつけるスタンプとして機能します。


情報の更新の追跡・履歴を保証するために、Ethrlandのブロックチェーンを通じて、この分散型データシステムを対話する予定です。

透明性

ほとんどの国で、不動産の位置情報は不正確です。

その上、企業や不動産は、明確な可視性と情報の透明性の欠如に悩まされています。

ETherlandが王地区するソリューションによって、世界中の何十億もの不動産がポジティブな影響を受けることになるでしょう。

現在知っている世界の不動産市場は、不透明で時代遅れとしており、新しいウェブやブロックチェーン技術とは切り離されています。

この分野では、まだブロックチェーンへの移行が進んでいません。


Etherlandのワールドメタバースは、不動産オーナーが自分の不動産のために信頼できるデータ層を構築することを可能にします。

Etherlandのアプリ

Etherland ARモバイルアプリでは、スマートフォンでNFTをゲットできます。

NFTトークンの中には、特徴的で特別なものがあり、その場所でそれをキャッチするために旅に出るユーザーが持つに値するものがあります。

Etherland ARモバイルアプリは、ユーザーがLAND IDトークンを獲得し、ウォレットに入れることを可能にします。

EtherlandのNFTの場所のいくつかは、World Metaverseのマップ上に無料で隠されています。

定期的にアプリやソーシャルメディアをチェックして、それらのデジタルトレジャーを入手しましょう。

宝物を見つけたら、その場所に行って、拡張現実モードを開き、コインをタップして集めましょう。

Google Playで配信中で、App Storeでは近日配信予定です。

拡張現実技術を使用したモバイルアプリは2021年4月にリリースされ、最初のオファーは4月15日に表示される予定です。

一方、既にアプリをダウンロードして、ワールドメタバースで発売時に表示される数量限定の無料LAND IDをいち早くキャッチするラッキーなプレイヤーになることも可能です。

LAND IDの作成方法

カスタマイズしたLAND IDトークンを作成し、自宅でトークンのARをゲットできます。

ある場所が大好きで、ウェブ上でもっと特別かんを示すべきだと考えているかた、またはあなたが本当の所有者で、その不動産をデジタル化してトレーzアビリティや所有者証明の追加レイヤーの恩恵を受けたいかた、または単にNFTの将来の価値に投機したいかたに向いています。

どのような理由でもトークン化することができます。

Etherlandのフォームに必要な情報を入力すると、LAND ID Tokenが処理され、ARがあなたの場所に直接送られます。

投資における将来性・まとめ

イーサリアム上のメタバースということで、不動産に焦点を置いているようです。

写真をリアルに撮って、それをNFTにできるというシステムです。

写真を撮ることにより、今後報酬が入るという点においては、Superlocal(詳細→【 Superlocal(スーパーローカル)とは 】Post to earn /投稿して稼ぐ)に似ています。


そして、不動産所有権をNFTにするという不動産売買とまた異なります。

そのため、方向性がメタバースだったり不動産NFTだったり報酬獲得だったり、多角化していてどれがメインなのかが明確ではありません。

不動産所有権のNFTであれば優位性はありますが、これは撮影した人が所有権を持つという意味でやはり異なります。

どの方向性がメインなのか、今後の発展を追っていきましょう。

近々アイフォンのアプリでも見れるようになるため、開始されたら見てみます。

仮想通貨・Defi・NFT
スポンサーリンク
\Follow/
スポンサーリンク
\Follow me/
\Follow/
Miories
タイトルとURLをコピーしました