【 Metahero(HERO)とは 】創設者・特徴・供給量・上場している仮想通貨取引所・投資における将来性についても解説

今回は、仮想通貨「Metahero(HERO)」について解説します。

Metaheroとは・創設者・特徴・供給量・上場している仮想通貨取引所・投資における将来性の順で説明します。

スポンサーリンク

Metahero(HERO)とは

Metahero(HERO)とは、超リアルな3D技術を通して、ソーシャルメディア・ゲーム・ファッション・アート・医療全体で使用する3Dアバターとかそうオブジェクトを生成するデフレのリアルユーティリティトークンです。

※ユーティリティトークンとは→仮想通貨における【 ユーティリティトークンとは 】分かりやすく解説

2021年6月に1000万ドルの初期シードファンドで立ち上げられたMetaheroは、パラレルデジタル宇宙への進化を触媒として、仮想通貨の採用を次のレベルに引き上げることを期待しています。

Metaheroは、メタスキャン(現実の物体をリアルにスキャンし、メタバース内で有用なアバターに変換すること)のアイデアを推進しています。

この革命的なアイデアは、メタヒーローを現実とデジタルの世界の架け橋となるでしょう。

Metaheronoテクノロジーは、アーティスト・起業家・ゲーマーをユニークな方法で繋ぎます。

その1つの方法は、ネイティブトークンであるHEROを通じて、ソーシャルメディアとアートにまたがる実際のビジネスユースケースを採用することです。

※ネイティブトークンとは→仮想通貨における【 ネイティブトークンとは 】分かりやすく解説

更に、Metaheroは、市場最高のグラフィックレンダリング機能を備えた革新的なメタスキャニング技術を先導しています。

Metaheroの創設者

Megtaheroの創設者兼CEOであるRobert Gryn氏は、連続的なテクノロジー起業家であり、スタートアップ企業の経営者です。

彼は、自己資金とシードファンドの両方を通じて複数のプロジェクトを成長させ、フォーブスとファイナンシャルタイムズ1000から評価されたこともあります。

ヨーロッパで最も急成長している企業をいくつも立ち上げ、その中には13,000%以上の成長を誇る企業もあります。


Metaheronoもう1人の重要人物であるPiotr Harwas氏は、Metaherono最も戦略的なパートナーであるWolf -StudiosのCEOを務めています。

Piotrは、数々の技術系スタートアップの責任者でもあり、Metaherono革新的な3Dスキャナーの設計を支えています。

Jeremy Lopez氏Marcin Gracjar氏も仮想通貨領域で影響力があり、現在それぞれMetaheroの COOと製品責任者を務めています。

Metaheroに入社する前は、世界経済フォーラムで認められた世界的な不正防止技術のスタートアップであるCodewiseでRobert氏と共に働いていました。

Metaheroの特徴

メタスキャン

Metaheroは、世界各地に12台のMetahero 3Dチャンバーを設定する計画で、年間10万人以上の人々に自分自身や他のものをスキャンする機会を提供する予定です。

メタスキャンによって生成される3Dのリアルなアバターは、Metaheroの最初のユースケースとなります。

このプロジェクトを推進するために、多くのアーティスト・セレブリティ・インフルエンサーを起用し、Metaheroのメタスキャナーの利用を促進します。

更に、ゲーム会社はメタスキャンの技術を活用して、メタバースで最高のゲーム体験を実現することができます。

これにより、美術館もメタヒーローでメタバースに完全に融合することができます。

博物館のコレクションをスキャンして保存し、展示をデジタル化することができます。

日常生活と同様の体験ができるため、益々遠隔化する世界において重要な存在となっていく可能性が高いです。

収益化

世界中に27億人のゲーマーがいます。

そのほとんどが仮想通貨ユーザーであることから、Metaheroはそのターゲット分野に直接訴え、収益の可能性を増大させるでしょう。

Metaheroのもう一つの重要な市場は、現在40億人以上のユーザーを持つソーシャルメディアです。

Metaheroは、メタスキャナーから手数料を得ることができ、普及が進むにつれてスキャンのコストは低下していきます。

また、3D NFTの生成費用マーケットプレイスの手数料も、プロジェクトの収益源として機能します。

最も大きな収益源となり得るのは、TencentやNintendoといった大企業とのパートナーシップです。

このプロジェクトは、ウェブサイトとホワイトペーパーに、予想される運営費と事実確認された財務予測を明記しています。

創業者のRobert Gryn氏は、Youtubeに一貫してアップロードしており、チームの大きなコミットメントを感じさせます。

3Dメタスキャンの技術も、広く普及させるためのテストと検証が行われています。

PoSA

HEROは、Binance Smart Chain上の仮想通貨です。

Proof of Staked -Authorityコンセンサスアルゴリズムを採用することにより、相互運用性・低料金・高速なトランザクションを可能にしています。

Proof of Staked Authority(PoSA)は、ブロックを検証し、システムのモデレータとして機能する参加者を事前に承認することにより、Proof of stakeのスケーラビリティの問題を解決しようとしています。

※スケーラビリティとは→仮想通貨における【 スケーラビリティ問題とは 】分かりやすく解説


このコンセンサスアルゴリズムは、バリデーターになりたい人は、他のバリデーターと同様に同じ額の資金をステーキングしなければならないという点で特徴的です。

PoSAにより、コンセンサス検証者・トークン保有者・開発者・ユーザーは、ユーザーに利益をもたらし、高速かつ低コストの取引を実現するデュアルチェーンアーキテクチャの恩恵を受けることができるのです。

HEROの供給量

100億HEROが最大供給量です。

このうち、10%の10億HEROがプライベートセールで販売されます。

更に10%がパブリックセールで販売されます。

20%の20億HEROが流動性プールに固定される予定です。

HERO総供給量の30%(30億HERO)は、取引所・戦略的パートナーシップ・マーケティングに用いられます。


これらのカテゴリーに割り当てられた金額の50%をロックし、残りの50%のうち10%を毎月アンロックする予定です。

最後に、Metaheroはチームとアドバイザーのためにトークン総供給量の20%を確保する計画で、ロック期間は30ヶ月、10%は3ヶ月ごとにアンロックされます。

プロジェクトの初期資金は創業者のRobert Gryn氏が提供しており、誰かに偏ってトークンを割り当てるということもないため安心できる要素です。

HEROの上場している仮想通貨取引所

HEROは現時点(2022年5月)では、PancakeSwapに上場しています。

時価総額は8億8,500万ドルとなっています。

投資における将来性・まとめ

メタヒーローは、ARやVRに特化したメタバース関連の銘柄です。

メタバースの玄関的な役割をしており、より現実に近いメタバースを作成する際に、メタヒーローを用いることができます。


そのためメタバースの市場が拡大していくと、それに伴いどんどんHEROの需要も拡大していくということです。

また、メタバースはメタバースでも、Everdome(詳細→仮想通貨【 Everdome(DOME)とは 】創設者・特徴・供給量・上場している仮想通貨・投資における将来性についても解説)と提携しているようですね。

この2つに関しては、メタバースが拡大していくとともに需要が増加していくため、非常に楽しみな銘柄となっています。

そしてPoSAということもあり、環境によろしくないPoW(詳細→仮想通貨における【 PoW・PoSの違い 】どちらが良い?)でもなく、供給量も最大が設定されており、弱点がありません。


メタバースの普及には時間がかかるかもしれませんが、将来的に非常に期待できる銘柄です。

仮想通貨・Defi・NFT
スポンサーリンク
\Follow/
スポンサーリンク
\Follow me/
\Follow/
Miories
タイトルとURLをコピーしました