【 IRとは 】上手な場合と下手な場合まで分かりやすく解説

スポンサーリンク

IRとは

IRとは、企業が、株主や投資家向けに経営状態・財務状態・業績・今後の見通しなどを広報することです。

具体的な活動は次の通りです。

・ホームページ上における情報開示

・ディスクロージャー資料(保険会社が事業年度ごとの経営状況を掲載した資料)の送付

・決算説明会や各種説明会の開催

・証券会社での情報開示

・工場や施設などの見学会実施


この他にも、独自のIR活動を行なっている企業もあります。

IRによる投資家の反応

株式会社のIRの出し方によっては、株価が大きく影響を受けることもあります。


IRの出し方の上手な株式会社の場合は、下落相場の時に朗報を流したりすることで、市場の売りに歯止めをかけようとします。

その結果、他の株式会社より株が売られすぎずに済むこともあるのです。


反対に、IRの出し方の下手な株式会社の場合は、下落相場の時に業績悪化の広報をしてしまったり、もう株価が上がりきったところで良い広報をしてしまったりします。

その結果、株価が売られすぎらり、せっかくの朗報なのに株価が上がらなかったりしてしまいます。


そのため、IRは、経営者が市場のタイミングや流れを把握しているかどうかが伺えるのです。


関連記事→東証再編【 プライム市場の基準を全て解説 】一部上場よりプライム上場の方が難易度が高い

https://accounts.binance.info/ja/register?ref=TT7DEOPV
株式
スポンサーリンク
\Follow/
スポンサーリンク
\Follow me/
\Follow/
Miories
タイトルとURLをコピーしました