【 IPとは 】IPビジネス・ゲーム業界におけるIP・新規IPとは・既存IPについても解説

スポンサーリンク

IPとは

IPとは、知的財産のことです。

知的財産としての価値があるものをIPと略称します。

英語では「Intellectual Property」といいます。


知的財産(IP)とは、人間の知的活動によって創作された表現・商業上有用になり得る情報・標識等、財産制のある無対物です。

各国の方法制度や条約により、知的財産の考案者に認められる排他的な使用権等の諸権が知的財産権(IPR)です。


知的財産には様々な種類があり、法律で権利保護の対象となっているのは下記です。

・著作物(著作権)

・特許(特許権)

・商標(商標権)

・デザイン(意匠権)

・肖像(肖像権)


広義的には下記も含まれます。

・営業秘密(企業秘密)

・植物の品種(育成者権)

・農畜産物の産地表示

・ドメイン名(インターネット上の)

・書体(フォント)

・半導体の回路設計(回路配置利用権)


また、エンターテインメント業界では、知名度や過去の実績が顕著な有力な作品タイトルやシリーズ・キャラクター等をIPとされることもあります。

ただし、体系的に記録・蓄積されたデータ等、経済的な価値のある情報の一種だが、それ自体は法律上の保護の対象とならない場合もあります。


かみ砕いてまとめると、

知的財産とは、「発明」「デザイン」「著作物」「楽曲」「芸術品」「顧客リスト」「社内ノウハウ」「創造活動により生み出したもの」のことです。

知的財産は法令により定められた権利または法律によって保護されるという利益を得ることができる権利として、知的財産権が認められています。

ライセンス料・契約での作品利用等における著作権保護法もその一部です。

IPビジネスとは

IPビジネスとは、知的財産権をもつ人物や企業が作品自体を販売して収益を得るだけでなく、自身の知的財産を販売・貸与により更なる収益を得るビジネスモデルです。

具体的には、つくりあげた知的財産を企業・個人等の第三者が利用することにより、利用料を得る方法です。


ライセンスは、著作権・ブランド・キャラクター・特許・意匠登録など知的財産(IP)全般を意味します。

※ブランドとは→【 ブランドとは 】起源・背景から解説

ゲーム業界におけるIP


ゲーム業界におけるIPとは、下記の意味が含まれます。

・ファンが存在する

・利益が見込める

・利用価値がある


つまり、既にファンが存在するため、新たにファンをつくる必要がなく、既存の状態で売上が見込める状態です。


日本を代表するIPは、ポケモン・ガンダム・ワンピース・ドラゴンボール等です。

新規IPとは

新規IPとは、ゲーム関連の用語で、知的財産を使用せずに制作された新規のタイトルと言う意味です。


新規IPは単なる新規ゲームとは異なります。

新規ゲームとは、新に制作されて発売されるゲーム作品全般のことです。既存のシリーズ作品のナンバリングタイトル・外伝・スピンオフ作品等のゲームも含まれている。

新規IPは、このような資産を活用せずに制作されたゲームです。

既存IPとは

既存IPとは、過去に発表された作品の知的財産のことです。

過去に発表され人気となったタイトルやキャラクターはブランドとして確立されており、安定した人気が見込まれます。

しかしキャラクターや世界観を継承する必要があるため、革新的な新しさはありません。

現代のゲーム業界では、新規タイトルも既存IPが多く、新規IPは少ない傾向があります。

https://accounts.binance.info/ja/register?ref=TT7DEOPV

株式
スポンサーリンク
\Follow/
スポンサーリンク
\Follow me/
\Follow/
Miories
タイトルとURLをコピーしました