【 投資・トレードに対して苛立ってはいけない理由 】

投資やトレードにおいて、うまくいかなかったからといって決して苛立ってはなりません。

それに関して説明していきます。

例えば悪い例で、市場に合わせて待てず、投資した対象が利益を出してくれないと苛立って待っていたとしましょう。

その場合は、投資対象を見つけるのに楽しんで時間を投資しようという意識が無いです。

その状態では良い投資対象を見つけることができるはずありません。

あなたのその器で、苛立たせる投資対象を見つけ出しただけです。

常に、悪い投資は短気な投資家が引き寄せます。

なぜなら、それは自分のしていることが返ってきているだけに過ぎないからです。

そのため、いつだって自分が短気に行動したらその分の対価を支払うこととなるということを覚えておきましょう。

そもそも人生において苛立ったところでメリットは1つもありません。

その詳細はこちらをご覧ください。 ⇒ 【 怒りの鎮め方 】怒りの感情はデメリットしかない


そして、トレードでなく中長期の投資をしている場合、その投資対象が利益を出すのに時間がかかっていても、その投資対象の市場に合わせましょう。

投資マインド
スポンサーリンク
\Follow/
スポンサーリンク
\Follow me/
\Follow/
Miories
タイトルとURLをコピーしました