【 基準比率の無視とは 】例を挙げて分かりやすく解説

今回は、心理学における「基準比率の無視」について解説します。

スポンサーリンク

基準比率の無視とは

基準比率の無視とは、ある事象が特定カテゴリーに属するどうの判断の際に、カテゴリー自身の比率を無視して個別情報に基づいて判断する傾向のことです。


つまり人間は、大元の比率を無視し、個別情報を優先して判断してしまう傾向があるということです。


カーネマンとトヴェルスキーが研究結果を出しました。

100名の法律家とエンジニアのプロフィールの割合を、7:3ま他は3:7に変化させても、指示されたプロフィールがどちらかの職業のものかに関する回答者の判断は描写内容に基づいており、両者の全体の割合には影響されないことが分かっています。

まとめ

人間は心理的に、バイアスがかかってしまい、正確に認識できない場合があります。

それを分かっているのと分かっていないのでは、投資においても差が付くし、市場の心理も読みやすくなるため、人間の心理は理解しておきましょう。

関連記事→投資における【 確証バイアスとは 】対処法まで分かりやすく解説

Cryptocurrency Prices, Charts And Market Capitalizations | CoinMarketCap
Top cryptocurrency prices and charts, listed by market capitalization. Free access to current and historic data for Bitcoin and thousands of altcoins.

投資マインド
スポンサーリンク
\Follow/
スポンサーリンク
\Follow me/
\Follow/
Miories
タイトルとURLをコピーしました