【 商品売買における三分法・分記法とは 】分かりやすく解説

今回は、企業の「商品売買」の用語について説明します。

スポンサーリンク

商品売買とは

企業の売り物となる商人を買ってくることを「仕入れ」と言います。

商品を作成するために仕入れたものの金額を「原価」(もしくは仕入れ価格)と言います。

詳細→決算書における【 原価の知識 】分類・流れまで解説


商品を顧客に販売して得た金額を、「売上」と言います。

販売した時の金額を「売価」と言います。


商品を仕入れた相手先のことを「仕入れ先」と言います。

商品を売り上げた相手先のことを「得意先」と言います。

三分法・分記法とは

商品を仕入れたり売り上げたりした時には、三分法分記法の2種の処理方法があります。

三分法による処理

三分法とは、商品の売買について、「仕入(費用)」「売上(収益)」「繰越商品(資産)」の2つの勘定で処理する方法です。



三分法では、期末に多いて残っている商品の原価を、繰越商品に振り返る処理をします。

商品を仕入れた時

商品を仕入れた時は、原価(仕入れた時の金額)で仕入を計上します。

商品を売り上げた時

商品を売り上げた時は、売価(販売した時の金額)売上を計上します。

分記法による処理

分記法とは、商品の売買について、商品商品売買益の2つの勘定で処理する方法のことです。

商品を仕入れた時

商品を仕入れた時は、原価(仕入れた時の金額)で商品の増加として処理します。

商品を売り上げた時

商品を売り上げた時は、原価(仕入れた時の金額)で商品の減少として処理します。

売価と原価との差額を、商品売買益で処理します。

まとめ

株式投資では、決算を読み込むために簿記の知識もあると優位になります。

今後も決算を読み解いていきましょう。

https://accounts.binance.info/ja/register?ref=TT7DEOPV
株式
スポンサーリンク
\Follow/
スポンサーリンク
\Follow me/
\Follow/
Miories
タイトルとURLをコピーしました