投資において必須知識【 ハイプサイクルとは 】分かりやすく解説

今回は、ガートナー社の「ハイプサイクル」について分かりやすく解説します。

投資においては必須の知識です。

スポンサーリンク

ハイプサイクルとは

ハイプサイクルとは、特定の技術の成熟度・採用度・社会への適用度を示す図のことです。

ガートナー社がこのハイプサイクルという用語を造り出しました。


ガートナー社はハイプサイクルを用いて、新技術の登場により生じる過度の興奮・誇張・失望を説明しました。


それは、技術がいかにしていつ次の段階に進み、実際に利益を生み出し、後半に受け入れられるかということを示しています。


ガートナー社のハイプサイクルの目的は、現実から誇張(ハイプ)を切り離すことにより、CIO・CEOが特定技術の採用可否を判断できるようにすることです。

ハイプサイクルは、新技術のマーケティングにおいて使用されている傾向があります。

ハイプサイクルの5つの段階

ガートナーのハイプサイクルは、5つの段階から構成されています。

①黎明期(れいめいき)

技術の引き金

ハイプサイクルの最初の段階は、技術の引き金またはブレークスルー(飛躍的前進)から始まります。

新製品発表・その他のイベントが報道され、関心が高まります。

②流行期

過剰期待の頂

次の段階では、世間の注目が大きくなり、過度の興奮と非現実的な期待が生じることが多いです。

成功事例が出ることもありますが、多くは失敗に終わります。

③幻滅期

幻滅のくぼ地

技術は過度な期待に応えられず、急速に関心が失われ、幻滅のくぼ地に入ります。

そしてメディアはその話題や技術を取り上げなくなります。

④回復期

啓蒙の坂

メディアでその技術が取り上げられなくなった一方、いくつかの事業は啓蒙の坂を登りながら継続し、その利点と適用方法を理解するようになります。

⑤安定期

生産性の台地

後半に宣伝され受け入れられるようになると、技術は生産性の大地に到達します。

その技術は徐々に安定してきて、第二世代・第三世代へと進化します。

その台地の最終的な標高は、その技術が後半に適用可能かニッチ市場のミカにより、様々です。



関連記事→投資における【 イノベーター理論とは 】どの層が優位か

楽天証券 | ネット証券(株・FX・投資信託・確定拠出年金・NISA)
投資信託や確定拠出年金、NISAなら初心者に選ばれる楽天グループの楽天証券。SPUに仲間入りし、ポイント投資で楽天市場のお買い物のポイントが+1倍!取引や残高に応じて楽天ポイントが貯まる、使える楽天証券でおトクに資産形成を始めよう!

投資マインド
スポンサーリンク
\Follow/
スポンサーリンク
\Follow me/
\Follow/
Miories
タイトルとURLをコピーしました