STEPN【 スニーカーの選び方&コツ 】効率よく稼ぐ靴を選ぶ

今回は、現在人気のSTEPN(ステップン)のアプリでNFT(靴)を購入する時の選定方法とコツについて解説します。


STEPNの公式ホームページはこちらです。

STEPN is a Web3 Running app with fun social and game elements.
In STEPN, your steps are worth more than you think -- exercising and moving outdoors can now earn anyone tokens anytime, anywhere. We believe this simple desi...
スポンサーリンク

効率よく稼げるスニーカーの選び方

SneakersかShoesboxか

最初の選択肢は、スニーカー自体を購入するか、シューズボックスでランダムに購入するかどうかです。


結論を先に述べると、歩いたり走ったりして稼ぐ人の場合はスニーカー自体の購入を勧めます。

(スニーカーの売買で稼ぐ場合はシューズボックスが良い場合があります。)

なぜなら、人によってランニング速度が異なるし、速度によって稼げる額が異なるからです。

例えば、ジョギングの速い人だと、速い速度で稼げるスニーカーを購入した方が良いし、

歩くのが遅いひだとウォーカーの種類でないと稼げなくなってしまうからです。


どのスニーカーでも良い!!走れるし歩ける!!という人のみ、シューズボックスの方が良い場合もあります。

理由は、購入価格よりレア度の高いスニーカーが出る可能性があるからです。(レア度の高いスニーカーが出るとマーケットプレイスで高値で売れます。)


そのため、目的に応じて購入できるといった意味でスニーカー自体の購入をオススメします。

詳細→STEPN【 必要知識を全てまとめ 】今後のアップデートの詳細まで解説

クラス(Class)

クラスとは、歩き方や走り方のことです。


種類は下記4種類です。

それぞれ表示まとめました。

種類速度エナジーごとに稼げるGST数
Walker(ウォーカー)1〜6km/h4GST
Jogger(ジョガー)4〜10km/h5GST
Runner(ランナー)8〜20km/h6GST
Trainer(トレイナー)どの速度でも可4〜5GST

※アップデート後に速度の幅が広く調整されました。(アップデート後記事を更新しています。)


ここでポイントは、ウォーカーだと普通に歩いていると自動的に換算されますが、

ジョーカー以上の速度の種類を選択すると、その速度を保たないと稼ぐことができない仕組みになっています。


そのため確実に稼げるウォーカーの価格が上がっている傾向があります。

なぜなら、老若男女問わず層が広いからです。


ランナーの9〜15km/hだと、測ってみると分かると思いますが結構速いです。

そのため体力のある男性でないと長時間は厳しいのではないかなと思います。


ジョガーは軽ーくランニング程度の感覚です。

ランナーはガッツリランニングです。


トレイナーに関しては、どの速度でも走れるためマーケットプレイスでは比較的高値で売っています。

しかし、9km/hで走れる人からすると、トレイナーでなくランナーを購入した方が稼げるでしょう。


※アプリなどで歩行速度やランニング速度を計測できるため、自分の速度を把握してから購入しましょう。想像と異なる場合があるからです。

Quality(質)

まずは、レア度です。

靴にはレア度があります。

したから順に

・Common(コモン)

・Uncommon(アンコモン)

・Rare(レア)

・Epic(エピック)

・Legendary(レジェンダリー)


の階級に分かれています。

レア度が増すほど価格が高くなっていきます。


なんのジャンルでもそうですが、レア度が高いものほどプレミア価格がつくため、価値に応じて高値で販売されています。


プレミア価格さえついてしまえば、走って稼ぐよりも売買で稼ぐ方が利益が出やすいです。

しかし、靴自体の売買でなく走ったり歩いたりして稼ぐのであれば、レア度関係なく能力の高い靴を購入した方が効率よく稼げるでしょう。

Attributes(属性)

属性が幅広く、歩いたり走ったりして稼ぐ場合は最も重要です。


まずは、Quality(上記の項目のレア度)に応じて、数字のMAXが決まっています。


【Qualityに応じた能力の上限】

QualityMAX数字
Common10
Uncommon18
Rare35
Epic63
Legendary112

そのため、同じランクの中でもできるだけMAX数値に高いものが稼ぐ効率が良いということです。


【属性3種類の意味】

Atturibute(属性)の内容意味
Efficiency(効率性)・GSTをどれだけ効率よく稼げるかということ
Luck(運)・ミステリーボックスが出現する確率が高いかということ
・レンタルシステム時にも、貸している側がミステリーボックスを受け取れる
Comfort(快適さ)・レベル30になると報酬をGSTかGMT(STEPNのガバナンストークン)か選択できるようになるが、GMTを効率よく稼げるかということ
ガバナンストークンとは→仮想通貨における【 ガバナンストークンとは 】詳細まで分かりやすく解説
※内容に調整が入ったりしているようなので確定したら更新します。
Resilience(回復性)・スニーカーの耐久性がどれだけあるかということ
・高ければ高いほど修理の頻度が減る(修理にGSTを消費しなければならない)

4種類ありますが、走ったり歩いたりして稼ぐ場合の最重要は「Efficiency」と「Resilience」です。

なぜなら報酬のGSTを稼ぐ効率が上がるし、修理によるGSTの消費が減るからです。

詳細はこちら→STEPN【 必要知識を全てまとめ 】詳細まで解説


しかしレンタルとして誰かにスニーカーを貸し出す場合は「Luck」が重要になります。

なぜなら、貸し出している間もミステリーボックスを得られる可能性が高くなるからです。


Comfortに関する情報が更新されたらこの記事も更新します。

既にレベルアップされているかどうか

この時に注意点があって、既にレベルアップに費やされている部分は緑色になります。

この例で言うと、Efficiencyの緑の部分がレベル上げされています。

他のグレーの部分が元からの能力です。


これに関してはレベル上げてくれて感謝ですね。

しかし、その分価格が高くなっていたりするため、価格相応か確認しましょう。

MINTされているかどうか

「MINT」の部分が使用されていることがあります。


1スニーカーに対して7回しかMINTできません。


STEPNにおけるMINTとは、配合させて新しいスニーカーを1つ作れるということです。

(スニーカーを2つ所有している場合は、1つスニーカーを増やすことができる)

スニーカー所有数に応じたエナジー数(番外編)

スニーカーを多く持っていると、一定数に応じてエナジーが増加します。(ということはより多くGSTを稼げるということです。)


【スニーカー所有数に応じたエナジー数】

スニーカー所有数エナジー稼げる時間数
1つ2つ10分
3つ4つ20分
9つ9つ45分
15つ12つ60分
30つ20つ100分

基本、エナジー1に対して5分稼げる時間があるということです。


しかし、量が増加するとスニーカー所有数による獲得エナジーの割合が低くなっています。

効率重視であれば1つが最も効率が良さそうですが、判断はGSTをどれだけ稼ぎたいかということも加味できると良いですね。


2つ購入して1つMINTにて作成するとコストを抑えて3つに増加させることができます。

ちなみに、ミント数に応じてかかるGST数は下の通りです。

ミント回数に応じてかかるGST数の早見表(番外編)

ミントの回数が増えれば増えるほど、次MINTする時のコストも増えてしまいます。

1スニーカーに対するミント数の最大は7回です。

【Commonの場合】縦軸:スニーカーのミント回数、横軸:もう1つのスニーカーのミント回数

1回2回3回4回5回6回7回
1回200250300350400450500
2回250300350400450500550
3回300350400450500550600
4回350400450500550600650
5回400450500550600650700
6回450500550600650700750
7回500550600650700750800


【UnCommonの場合】縦軸:スニーカーのミント回数、横軸:もう1つのスニーカーのミント回数

1回2回3回4回5回6回7回
1回6007509001050120013501500
2回75090010501200135015001650
3回900105012001350150016501800
4回1050120013501500165018001950
5回1200135015001650180019502100
6回1350150016501800195021002250
7回1500165018001950210022502400


シューズボックスのガチャでなく確実にアンコモンを生み出すためには、GSTの費用が結構かかりますね。

まとめ

NFTの売買で利益を出したい場合と、NFT所有で走ったり歩いたりして稼ぎたい場合で、効率よく稼げるNFTが異なってきます。

そのため、目的に応じたNFTを購入しましょう。


そして投資目線で言うと、購入時に必要なSOLをそのままガチホするのか、スニーカーを購入してGSTを稼ぐか、どちらが利益が出るかその都度分析するようにしましょう。

https://accounts.binance.info/ja/register?ref=TT7DEOPV
仮想通貨・Defi・NFT
スポンサーリンク
\Follow/
スポンサーリンク
\Follow me/
\Follow/
Miories
タイトルとURLをコピーしました