決算書における【 預り金とは 】分かりやすく解説

今回は、決算書における「預かり金」について解説します。

スポンサーリンク

預り金とは

決算書の流動負債における預り金とは、営業上預かった金銭・給料・賃金・報酬などから天引きした税金・社会保険料(健康保険料・厚生年金保険料など)のことです。

原則として1年以内に返却しなければならないため、決算上は流動負債に計上されます。

国・地方・公共団体・健康保険組合など納付する場合もあります。

預り金 の基本

基本的には、役員・従業員・取引先などが負担するべきお金を、支払う前に会社が一時的に預かった場合のお金のことです。

預り金は、その後本人に返金される場合や、第三者への支払いに当てられることもあります。


預り金は、現金として保管されることもありますが、当座貯金などに貯金して保管されることが多いです。


決算書における預り金の詳細はこちらです。→決算書における【 立替金・預り金とは 】分かりやすく解説

https://accounts.binance.info/ja/register?ref=TT7DEOPV

株式
スポンサーリンク
\Follow/
スポンサーリンク
\Follow me/
\Follow/
Miories
タイトルとURLをコピーしました