決算書における【 原価の知識 】分類・流れまで解説

今回は、決算書における「原価」の知識をまとめました。

決算書を読み解く上で重要な知識になります。

スポンサーリンク

原価とは

原価は、製品の製造にかかった費用「製造原価」製品の販売にかかった「販売費」・会社全体の管理活動にかかった「一般管理費」の合計です。

※一般管理費とは→【 SGA(販売費及び一般管理費)とは 】分かりやすく解説

この合計を、「総原価」と言います。

非原価項目とは

製造原価・販売費・一般管理費以外の費用を、「非原価項目」と言います。

非原価項目には、支払利息・火災損失など、損益計算書で営業外費用・特別損失に計上される勘定科目が該当します。

これらの非原価項目は、原価計算にも用いません。

製造原価の分類

製造原価は、「形態別分類」・「製品との関連による分類」により分類されます。

形態別分類

形態別分類とは、製品の製造において、「何を使って」「どんな」原価が発生したかによって分類する方法です。

形態別分類によって、製造原価は「材料費」「労務費」「経費」に分類されます。

・材料費・・・製品を製造するために消費した材料の金額

・労務費・・・製品を製造するために消費した労働力の金額(人件費など)

・経費・・・材料費・労務費以外の製造原価(水道光熱費など)

製品との関連による分類

製品との関連による分類とは、ある製品にいくらかかったかが明確か、ということにより原価を分類する方法です。

製品との関連による分類によって、製造原価は「製造直接費」・「製造間接費」に分類されます。

・製造直接費・・・ある製品にいくらかかったかが明確な原価

・製造間接費・・・ある製品にいくらかかったかが明確ではない原価


表にまとめると下のようになります。

形態別分類(縦)× 製品との関連による分類(横)

製造直接費製造間接費
材料費直接材料費間接材料費
労務費直接労務費間接労務費
経費直接経費間接経費

原価計算の流れ

原価計算は、3段階で行われます。

段階内容
第1段階費目別計算(材料費・労務費・経費の金額を計算)
第2段階製造間接費の配賊
第3段階製品原価の計算

この段階の、それぞれについて説明します。

第1段階・・・費目別計算

原価計算の第1段階は、費目別計算です。

費目別計算とは、製造原価を「材料費」「労務費」「経費」に分類し、その消費額を計算する手続きです。


材料費・労務費・経費のうち、ある製品にいくら使ったかが明確な製造直接費(直接材料費・直接労務費・直接経費)は、それぞれの費目別の感情から「仕掛品勘定」に切り替えます。


ある製品にいくら使ったかが明確でない製造間接費(間接材料費・間接労務費・間接経費)に関しては、いったんそれぞれの費目別の勘定から「製造間接費勘定」に切り替えておきます。

第2段階・・・製造間接費の配賊

原価計算の第2段階は、製造間接費の配賊です。

第2段階では、第1段階で製造間接費勘定に集計した金額を、作業時間など、何らかの基準に基づいて各製品である「仕掛品勘定」に振り分けます。

第3段階・・・製品原価の計算

原価計算の第3段階は、製品原価の計算です。

第3段階は、完成した製品の原価を計算する段階で、第2段階までに仕掛品勘定に集計した原価のうち、完成した製品に関するものについて、仕掛品勘定から「製品勘定」に振り替えます。

製品原価の計算方法には、「個別原価計算」「総合原価計算」があります。

製品勘定から売上原価勘定への振り替え

上記の第1段階から第3段階を通じて製品の原価を計算した後、完成した製品を販売した時は、販売した製品に対応する原価を製品勘定から「売上原価勘定」に振り替えます。

まとめ

株式投資では、決算を読み込むために簿記の知識もあると優位になります。

今後も決算を読み解いていきましょう。

https://accounts.binance.info/ja/register?ref=TT7DEOPV
株式
スポンサーリンク
\Follow/
スポンサーリンク
\Follow me/
\Follow/
Miories
タイトルとURLをコピーしました