必要知識全てまとめ【 XCAD NETWORKとは 】Watch to eran

今回は、「XCAD NETWORK」というWatch to earn(見て稼ぐ)のアプリについて解説します。

Play to earn、Move to earnの流行が来て、遂にWatch to earnまで生まれました。

XCAD NETWORKは、ウォッチトゥアーンの中では最も開発が進んでいます。

この内容を知っていくのが楽しみですね。

スポンサーリンク

XCAD NETWORKとは

CXAD Networkは、クリエイターのトークン化を通じてコンテンツクリエイターの視聴者の力と価値を活用するグローバルプラットフォームです。

つまり、お気に入りのクリエイタートークンを獲得した交換できるコンテンツクリエイタートークン化プラットフォームです。

プラグインを使用して、トークン化されたクリエイターのコンテンツをYoutubeで直接視聴し、ネイティブのクリエイタートークンを獲得できるということです。

Chrome拡張機能にてプラグインを追加できます。

視聴者は、YouTubeで直接機能するプラグインを介して報酬を獲得し、クリエイターの決定を管理できます。


XCADを支援するYoutuberは既に多く存在します。

しかしそのほとんどが海外のため、日本人の導入はまだ時間がかかりそうですね。


XCADの公式ホームページはこちらです。

XCAD Network
XCAD Network is a platform harnessing the value of Content Creator audiences via tokenization. Join the #Watch2Earn Community!

メリット

クリエイター側のメリット

・ファンエクスペリエンスに追加しながら、追加の収益化ができる

・ファンのエンゲージメント・総再生時間・忠誠心を高めることができる

・独自のクリエイタートークンのロック解除・NFTモーメント・クリエイターベースのサービスの販売を通じて、さらに収益を上げることができる

視聴者(ファン)側のメリット

・XCADプラグインを介して、クリエイタートークンを獲得・ステーキング・閲覧・交換できる

・ガバナンスを介したクリエイターの決定や意思表示ができる

・Impactmarketcap.comを介して、作成者トークンを追跡・分析できる

エコシステム

XCADプラグイン

XCADプラグインを介してクリエイタートークンを獲得・ステーキング・閲覧・トレードできます。

これは近日公開予定です。

インフルエンサーマーケットキャップ

クリエイタートークンを介して追跡・分析できます。

XCADDEX

クリエイタートークンやその他の仮想通貨をトレード・スワップ・売買できます。

NFTマーケットプレイス

NFTマーケットプレイスを通じて、クリエイターNFTを購入できます。

これも近日公開予定です。

稼ぐ方法

XCAD Networkは、ファンがお気に入りのクリエイターをYoutubeで直接視聴すると、クリエイタートークンの得点を獲得できるようにすることで、Watch to eran革命を実現させています。


視聴者がお気に入りのクリエイターの動画を使用しているときに、Youtubede直接クリエイタートークンを完全に無料で獲得する機会を提供します。

視聴者がXCADプラグインをしていて、トークン化されたクリエイターの動画の80%以上を視聴することにより、クリエイタートークンを獲得できます。

視聴者はクリエイタートークンを他のクリエイタートークンとトレードし、それを使用して商品やNFTなどを購入することもできます。

稼ぐ方法は簡単で、下の手順通りです。

①XCADプラグインをGoogle Chrom拡張機能に追加する

②アカウントを作成する

③ウォレットをインポートする

④お気に入りのYoutube動画を80%以上視聴する

⑤お気に入りのクリエイターのトークンで報酬を受け取る

クリエイタートークンユーティリティ

クリエイタートークンのユーティリティは下の通りです。


・ステーキングを通じてNFTを獲得できる

・他のクリエイタートークンに交換できる

・XCAD DEXを介した取引ができる

・クリエイターの決定を統治する

・XCADにトレードできる

・商品やその他のクリエイターサービスを購入できる

クリエイターのトークン発行方法

XCAD Networkは、トークン化を可視ちえクリエイターの更なる収益化とファンエンゲージメントを可能にします。

そしてクリエイターがマイルストーンに基づいて定期的にトークンのロックを解除できるようにします。

トークン発行の手順は下の通りです。

①トークン化を申請する

②ファントークンが起動され、視聴者はプラグインを介して無料でトークンを獲得できるようになり、視聴者数と総再生時間が増加する

③トークン所有者が投票できるチャネル決定に関連する投票を投稿する

④時間の経過と共に、マイルストーンに達したときに、自分のクリエイタートークンで支払いを受け取ることができる

XCADのシステム

XCADは、クリエイターにファントークン化プラットフォームを提供します。

これは、クリエイターが独自のファントークンを起動して、ファンエンゲージメント・忠誠心を高め、収益化を促進できることを意味しています。

視聴者は、80%以上の動画を使用すると、XCADプラグインを介してクリエイターのネイティブトークンを獲得できます。

これにより、総再生時間が増加し、視聴者数が増加します。

クリエイターは投票を行うことができ、視聴者がチャネルベースの決定に投票できます。

そのため、エンゲージメント・忠誠心・視聴者のフィードバックが高まります。

時間の経過と共に、クリエイターはクリエイタートークン自体のロックを解除し、パフォーマンスベースのマイルストーンに到達すると、更にクリエイタートークンのロックを解除します。


そしてクリエイターのトークンフローは下の通りです。

・報酬

・ホールド

・ユーティリティ

上場している仮想通貨取引所

XCADXCADは現在(2022年5月)、以下の仮想通貨取引所に上場しています。

・ZILーXCAD DEX

・ASCENDEX

・KUCOIN

・GATE.IO

・ETHーUniSwap

・BSCーPancake Swap

・POLYGONーQUICKSWAP

XCAD DEX

スワップ

クリエイタースワップを使用してXCADをクリエイタートークンに変換できます。

また、DEXに流動性を追加した、動画視聴の報酬を増加させることもできます。

公式のXCAD DEXはこちらです。

XCAD DEX


しかしこれらはZiPayウォレットがないとできないため(しかもZilPayウォレットでないとできない)、トレードなどをする前にZilPayウォレットをダウンロードします。

ZilPayウォレットのダウンロード先はこちらです。

Introduction - ZIlPay

プール

DEXでは、トークンをLPに追加することもできます。

流動性を追加することにより、流動性プールに追加することができます。

ステーク

XCADトークンをステーキングして報酬を獲得することができます。

ファーミング等で、様々な種類のステーキングができます。

ブリッジ

XCADは、マルチチェーントークンです。

これらのブリッジを使用してチェーン間でスワップします。

ERC20→BSC

ERC20→ZIL

ERC20→Polygon

※Polygonとは→仮想通貨【 Polygon(ポリゴン)とは 】特徴を分かりやすく解説

ガバナンス

XCAD Network Governanceポータルを使用して、XCAD Networkに関連する決定に投票することができます。


XCADのガバナンスポータルはこちらです。

XCAD Voting

ロードマップ

XCAD Networkのロードマップは下の通りです。

期間内容
2021年
第3四半期
・Alphaプラグインのアップデート
・ImpactMarketCapの発表
・NFTファームにさらに割り当てを追加する
・更なるクリエイターの発表
・XCADプログラムに登録した最初のクリエイター
・メインネットでのDEXリリース
・DEX &NFT Momentsマーケットプレイスのバーンメトリクスリリース
・製品発売に焦点を当てた小売・仮想通貨マーケテインんぐキャンペーン
2021年
第4四半期
・ラウンド1〜4メインネットロールアウト
・XCADを宣伝するYoutune
・クリエイタートークンは取引可能
・CLOSLIVEクリエイタートークン用のランチパッド
・ゴールデンチケットライブ
・XCAD保有者のためのより多くのデフレニュース
・DEXニュース
・ERC20とXCADのZILブリッジ
・より多くのクリエイターが発表
・クリエイタートークンが1つずつ起動
・CLO層
・プラグインのモバイルサポート
・SHOクレームポータル
・NFTマーケットプレイスとNFTモメント
・XCADはCLOのLPにロックされ始める
2022年
第1四半期
・XCAD・ZILDEXトレーディングペア
・新しいクリエイターがリリース
・トレードリスト
・成長キャンペーン
・史上最大のクリエイター
・CLOのリリース
・更なるd XCADトークンユーティリティと経済学
・クリエイターステーキングディア
・秘密鍵管理の最適化
・ガバナンスポータル
・ソーシャル成長キャンペーン
・プラグイン起動
・プラグインに組み込まれたフラットゲートウェイ
・CLOステーキング
2022年
第2四半期
・クリエイター発表キャンペーン
・NFTモーメントプラットフォーム
・チェーン拡大
・V2DEXローンチ
・プラグインに組み込まれたスワップ・トレーディング
・ファントークンのメタバースの詳細
・Twitchクリエイターの発表
・最初のYoutuberプロモーション
・メイン発表
・プラグイン起動
・交換リスト
・その他
・パートナーシップの対象
2022年第3四半期・プラグイン用モバイルアプリ
・クリエイターダッシュボード
・プラグインに統合されたTwitch
・トレードリスト
・その他

その後のロードマップは今後発表されます。

よくある質問

XCADに関するよくある質問についてのまとめです。

クリエイタートークンとは何ですか?

クリエイタートークンは各クリエイターに固有のものです。

XCADを使用して購入または売買し、さまざまな方法で獲得できます。

特定のクリエイターNFT・商品・その他の接続ベースのサービスを購入するために使用できるユーティリティトークンです。

クリエイターは、クリエイタートークンの供給の3分の1を受け取りますが、パフォーマンスベースのマイルストーンに達すると、クリエイターに権利が与えられ、ロックが解除されます。

選択する要件は何ですか?誰が決定しますか?

XCADトークンの所有者は、作成者がトークン化できるかどうかについて投票します。

XCADがアプリケーションを受け入れると、大多数が時間の経過とともに受け入れられます。

これはモバイルでも利用できますか?

メインネットでローンチすると、モバイルソリューションはすぐには利用できなくなりますが、それは間もなく繋がります。

クリエイタートークンを販売できますか?

はい。

XCAD DEX・CreatorSwapを介して行うことができます。

ガス代は何の仮想通貨が必要ですか?

が宇内には「Zilliqa」が必要です。

これは、プラグインから簡単に入手できます。

自分のトークンを作成することに同意したクリエイターはいますか?

はい。

多くのクリエイターが同意しました。

一部は発表されましたが、大多数はまだ発表を待っています。

投資における将来性・まとめ

遂にWatch to earnが!

Youtubeは、学べる系であれば知識の習得になりますが、基本的にエンタメが多いためユーザーからすると時間浪費になることが多いプラットフォームです。(もちろんそれが趣味や生きがいとなっている人もいるから良いのですが)

しかし、Watch to earnにより時間浪費とならず、トークンを獲得できるという画期的なシステムになりますね。

こうなると、最もトークン価値を上げれるユーチューバーの動画が見られるようになるという新たな風潮が生まれそうですね。

そのためユーチューバーはただ動画をアップするだけでなく、それにより視聴者が獲得するトークンの価値をどう上げていくかという経営要素が必要になるということです。

そのためマーケティングというか経営知識があるとかなり優位になる時代が来そうですね。

また、Watch to earnに本腰を入れる人も出現してくるでしょう。


しかし現在のクリエイターは海外のYouTuberのみで、日本人はクリエイター側になっていません。

日本に浸透するにはまだ時間がかかりそうですが、その日を楽しみに待ちましょう。


【追記】

THETA Networkは、分散型のビデオスクリーミングです。

XCADはYoutube上のWatch to earn、つまり中央集権型プラットフォーム上のW2Eですが、分散型がメインの時代になったらTHETAの方が優位になる可能性があります。

仮想通貨・Defi・NFT
スポンサーリンク
\Follow/
スポンサーリンク
\Follow me/
\Follow/
Miories
タイトルとURLをコピーしました