必要知識全てまとめ【 RUN TOGETHERとは 】Move to earn

今回は、「Run Together」というMove to earnのアプリについて解説します。

スポンサーリンク

RUN TOGETHERとは

Run Togetherとは、BSCエコシステム上に構築されたWeb3ライフスタイルアプリです。

人々の毎日のウォーキングエクササイズに触発されています。

ユーザーにトークンを提供し、コンテストを作成することにより、大規模なランニングコミュニティを構築し、一緒に身体の健康を改善する精神を刺激することを目指しています。

詳細

Run Togetherは、GamiFiとSocialFiの側面を適用したアプリケーションです。

ウォーキングとジョギングというアクティビティを中心に構築されています。

これは、誰にとっても不可欠な毎日になります。


ユーザーは、次の形式に分割されたNFTアイテムを装備できます。

・シューズ

・スポーツウェア

・メガネ

など、様々なアクセサリがあります。


ユーザーは、ゲームで貴重なトークンを獲得できるだけでなく、ウォーキング・ジョギング・外でのランニングによってそれらを利益と交換することができます。


コンポーネントを含むRun Togetherは、何百万人もの人々がより健康的なライフスタイルを送り、気候変動と戦い、Web3.0Networkを介して人々を繋ぐと同時に、アプリのSocialFiコンポーネントを利用してユーザー生成を促進することを目的としています。


Run Togetherに関連するトークンは、ゲーム内トークンの「RUN」のみです。


公式ホームページはこちらです。

Please Wait... | Cloudflare

トケノミクス

これを日本語訳すると下記です。

BNBチェーントークン価格TGE※権利確定
パブリック60,000,000600,000ドル25%CLIFF1ヶ月、権利確定
チーム37,500,000375,000ドル0%CLIFF 1年、権利確定
ストラテジックパートナーズ25,000,000250,000ドル0%CLIFF 3月、権利確定
リクイディティ(流動性)40,000,000400,000ドルオンデマンド(要求に応じて)
マーケティング10,000,000100,000ドルオンデマンド(要求に応じて)
ECO77,500,000775,000ドルオンデマンド(要求に応じて)
合計250,000,0002,500,000
ドル
20%をメインネットで
、3年で権利確定

※TGEとは→仮想通貨における【 TGEとは 】分かりやすく解説


ゲーム内トークン:RUN

RUNは、トケノミクスで説明されているように供給が制限されており、ユーザーがソロ・トゥギャザー・その他のモードで移動した時に獲得できます。

バーンメカニズム

RUNトークンは、次の内容でバーンされます。

①シューズの修理

②シューズのアップグレード・レベルアップ

③アクセサリーのアップグレード

④アクセサリのスロットロックを解除

⑤コーチの採用

⑥新しいシューズボックスの補充・探索(開発中)

Run Togetherの始め方

①公式ホームページからRun Togetherをダウンロードしてインストールする

Please Wait... | Cloudflare

②アカウントを登録する

→メタマスク内で検索した後、メールアドレスでサインアップできる

→確認コードがメールに送られてくるため、入力してサインアップする

③BSCネットワークウォレットに接続する

→画面の右隅にあるウォレットアイコンをタップする

→BSCネットワークに接続しているウォレット(メタマスク等)をコネクトする

(ウォレットがない場合は、ウォレットを作成する)

④メタマスクにBSCのブロックチェーンを追加する

⑤NFTを購入する

→メタマスクにBNBを入金する

→マーケットプレイスから、シューズ・服・その他のアクセサリーのペアを選択する


これで完了です。

アイテムの購入後、Hudroは6時間ごとに25%のレートで再生されます。

具体的には、GMT時間での0:00、6:00、12:00、18:00に再生されます。

※Hudroは、STEPN(詳細→STEPN【 必要知識を全てまとめ 】今後のアップデートの詳細まで解説)でいうエナジーのようなものです。

Hydroを回復させるとすぐに移動を開始できます。

Run Togethrerでの稼ぎ方

プレイモード

ユーザーは、NFTアイテムを装備し、Hydro分移動することによりRUNトークンを獲得できます。

各1Hydroは5分間の移動に相当し、HydroはユーザーがNFTアイテムを取得した後にのみ補充を開始します。

開始するには、シューズを1足装備し、スタートボタンを押します。

次に、画面の上部にウォーキング・ランニングのステータスが表示されます。


ここでよく出てくるワードについて解説します。

Ice -walking・アプリが弱いGPS・インターネット信号を検出したか、ユーザーが自発的に動いていないかどうかを検出している
・具体的には、ペットに設置したり、オートバイや電車にて移動していたりすること
・アイスウォーク中はRUNトークンを獲得できず、Hydroも消費してしまう
GPS Signal・グレー:オフライン
・赤:GPS信号が弱い
・緑:良好なGPS信号


RUNトークンは、次の3つの要素に基づいて、移動の1分ごとの報酬を獲得できます。

①シューズの種類各シューズから得られるRUNトークンの基本量は異なる
(詳細はNFTの欄で後述)
②シューズの属性Efficiency(効率)が高いほど、1分あたりに獲得できるRUNトークンも多くなる
③移動速度収益を最大化するには、ユーザーはそれぞれのシューズの最適な速度範囲内に止まる必要がある
ユーザーの移動速度がこの範囲を下回ったり上回ったりすると、最適な範囲との速度差に応じて、収益が最大95%減少する

Hydroが使い果たされれると、トークンの獲得が停止となります。

停止ボタンを押して、手動でソロモードを終了させます。

ミステリーボックス

移動中、ミステリーボックスはランダムにドロップされます。

各プレイヤーには4つのミスリーボックススロットがあります。

ミステリーボックスには、4種類のスニーカーの1つまたはアクセサリーを開くタイプの5つのタイプがあります。

ミステリーボックスを受け取ってから開けると、待ち時間が発生します。

ソロモードとトゥギャザーモード

ユーザーは2つのモードから選択できます。

1人で実行するか、全員を招待する招待リンクを介して友達と移動するかです。

ミステリーボックスのドロップ確率とユーザーあたりのRUNトークン獲得数は、シングルランニングモードよりも友達とのランニングモードの方が高いです。

一緒に走る人が多いほど、この比率は高くなります。

2人、4人、6人以上のパーティーで実行し、参加するための招待リンクを送信することができます。

マラソン大会

トーナメントモードのユーザーは、毎週・毎月のトーナメントの開始の少なくとも24時間前に登録する必要があります。

ウィークリートーナメント・1週間にわたって開催される
・ユーザーは2.5km、5km、7.5kmのマラソンに参加することを選択できる
・一度に参加できるマラソンは1つのみ
マンスリートーナメント・月に1回、1ヶ月間開催される
・ユーザーは2.5km、10km、15kmのマラソンから選択できる
・一度に参加できるマラソンは1つのみ

登録に成功したユーザーのみがミッションログ通知を受け取ることができます。

目標設定機能を使用て、進捗状況を追跡できます。

マラソンが終了するまで、シューズを修理することはできません。


このマラソンには、登録料がかかります。

登録料・マラソン終了後、登録料は返金される
・制限時間内にマラソンを完走できない参加者は、料金が合算され、リーダーボードの報酬にカウントされる
報酬・リーダーモードでのパーセントポジションに基づいて、RUNトークンとブロンズ・シルバー・ゴールドマラソンNFTバッジを獲得できる
リーダーボード・ポイントは、マラソン参加者をランク付けするために使用される
・ポイントは、ユーザーの走行速度とシューズの属性に基づいてカウントされる

1対1のチャレンジモード

2人のプレイヤーがお互いにレースを開催し、少額の賭けをします。

ウィナーは賭けに勝つお金を受け取れます。

完了までの距離と時間制限を設定し、最初にゴールを完了した人がウィナーになれるのです。

トレーナーモード

トレーナーになるには、ユーザーは特定の割り当てとメダルを完了する必要があります。

トレーナーの仕事は、他のユーザーに、より効率的になりながら、毎日のRUNトークン収益を最大化する方法を教えることです。

トレーナーのサービスが必要な場合は、料金を支払う必要があります。

バックグラウンドモード

Run Togetherアプリが積極的に使用されていない場合でも、ユーザーがアプリでシューズを維持している限り、ユーザーはRUNを獲得できます。

バックグラウンドモードでは、モバイルデバイスのヘルスアプリから直接歩数をカウントできます。

バックグラウンドモードの1日あたりの歩数は3,000歩に制限されています。

バックグラウンドモードでの収益は固定されており、パフォーマンスやその他のインセンティブの影響を受けません。

そして1日のRUN制限にはカウントされません。

そして耐久性やウォーターコストは発生しません。

シューズ

シューズの属性

Attributes(属性)内容
Efficiency(効率性)・RUNトークンの収益効率
・ソロモード・パーティモード・マラソントーナメントでは、ソロモードでのRUN収益効率が関係している
・高いほど、消費されたHydroの単位あたりのRUNトークンが多く稼げる
・高いほど、マラソンモードでのリーダーボードポイントの収集が速くなる
Luck(運
・ミステリーボックスドロップ率
・ソロモード・パーティモードにて、ミステリーボックスのドロップ頻度と品質が決まる
・シューズをレンタルすると、ミステリーボックスのドロップを入手することもできる
Comfy(快適さ)・アップグレード(開発中のため未定)
・シューズのアクセサリーのアプグレーど率をやや上げることができる
Sturdance(頑丈さ)・耐久性・修理のこと
・ソロモード・パーティモード・マラソントーナメントにおいて、耐久性の低下りつは、ソロモードの頑丈さの影響を受ける
・耐久性の低下は、頑丈さが増すにつれて遅くなる

シューズの程度や品質が高ければ高いほど、修理の費用は高くなります。

シューズの「スタミナ」バーは耐久性のことです。

ユーザーが移動すると、耐久性が低下します。

2つの耐久性タッチ位置により、シューズは「Worn Out」(使い古された)というペナルティマークに到達しない時間が長くなり、より多くの得点を獲得することができます。

ユーザーは、移動することにより、シューズの属性ポイントをリセットできます。

リセットが頻繁にされるほど、コストの上限が設定されて高額になってしまいます。

シューズの種類(タイプ)

シューズには4つの主なタイプがあり、それぞれが特定のトレーニングきょうど・フィットネスレベル用に設計されています。

タイプ速度(km/h)Hydroの最大
Traning3〜62Hydro
Tunning4〜104Hydro
Competitior8〜168Hydro
Athlete1〜2012Hydro

ユーzーあの基本的なRUNトークンの報酬は一定ではありません。

一部の変数によって変更される可能性があります。

具体的には下記です。

①シューズの効率(Efficiency)は、耐久性が低いと悪くなる

②GPS信号が弱い場合、収益は少なくなる

③モバイルデータ信号の強度と安全性は、デーが信号が途切れる場合は、収益も減少する可能性がある

④後はランダムによって生じる

基本統計と拡張統計

それぞれのタイプには4つのマイナーな強化タイプがあり、対応するステータスを大幅に向上させることに役立ちます。

シューズのタイプ基本統計強化された統計
Training6〜88〜104〜6
Running12〜1414〜1610〜12
Competitior12〜1420〜2216〜18
Athleate24〜2626〜2822〜24

①Effective Shoes(効率的なシューズ):効率を高め、Sturrdance(耐久性)をやや弱める

②Lucky Shoes (ラッキーなシューズ):運を高め、Comfortable(快適さ)をやや減る

③Comfortable Shoes(快適なシューズ):快適さを高め、Luck(運)がやや減る

④Durable Shoes(耐久性のあるシューズ):耐久性を高め、Effeciency(効率性)がやや減る

シューズのレベル

RUNトークンはシューズを強化するために使用することができます。

各レベルアップで必要なRUNの量に応じて増加します。

多くのRUNを費やすと、スピードアップとなります。(STEPNでいうブーストと同様)


レベルを超えると、追加の特典が利用できるようになります。

アクセサリー

シューズはアクセサリーでカスタマイズし、属性の価値を高めることができます。

アクセサリーの種類・レベル

シューズが特定のレベルに達したら、アクセサリースロットのロックを解除し、関連するアクセサリーを使用して、ロックされていないスロットに入れることによりシューズの属性を改善させることができます。

(例えば、Efficiencyスロットに配置できるのはEfficiencyアクセサリーのみです。)

①トニック:Efficiency

②シャツ:Luck

③ズボン:Confy

④メガネ:Sturdance

バッジ

バッジは、チャレンジを実行することによって取得されます。

タスクが難しいほど、バッジは優れています。

バッジは、ゲーム内でメリットがあります。

①ゲームプレイ

・ソロモード・トゥギャザーモード:エクストラハイドロ

・マラソントーナメント:リーダーボードの追加ポイント


②ボックスミンティング

・ボックスミンティング:ミンティングのコストを下げる

稼ぎ方・稼ぎ方のメカニズム

【ソロモードとトゥギャザーモードでの収益制限】

Hydroとトークンの制限は、ソロモードとトゥギャザーモードの両方に適用されます。

1日におけるHydroとトークンの量は、制限があります。

Hydroの制限

ゲームの開始時にユーザーはHydroが与えられます。

ハイドロキャップは、追加またはより良いシューズを所有することにより増加させることができます。

トークンの制限

シューズをレベルアップさせることにより、デイリートークンキャップを増加させることができます。

【ソロモードの収益計算式】

RUN:RUNトークンの収益に影響を与える要因は以下の5つです。

①Hydroの合計

②移動速度

③シューズ(タイプ・属性・品質・レベル)

④アクセサリー(タイプ・レベル・スロット品質)

⑤NFTバッジ

【ミステリーボックス】

ミステリーボックスの値は、次の要素によって決定されます。

①ランニングセッションで使用されるHydro

②シューズのLuck属性

クエストシステム

クエストシステムはシューズのレベルで分けられます。

シューズのレベルごとに、ユーザーはそのレベルに対応する様々な多アスクを実行できます。

デイリーミッション

・完全なソロランニング(トゥギャザーランニング・チャレンジ)

・ソロとトゥギャザーで距離目標を完了する

・サインインの時間を累積する

・スロットのロックを解除

ウィークリーミッション

・トーナメントに参加する

・チャレンジモードに参加する

・ソロとトゥギャザーで毎週のターゲットを完了する

・ソロとトゥギャザーで毎週の距離目標を達成する

・マーケットプレイスでシューズを購入する

・シューズのミンティんぐ

・Hydro消費量の毎週のカウント

マンスリーミッション

・トーナメントに参加する

・チャレンジモードに参加する

・ソロとトゥギャザーで毎月のランニングターゲットを完了する

・ソロとトゥギャザーで毎月の距離目標を達成する

・Hydro消費量の月次カウント

・リーダーボードに配置

ホリデーミッション

・ホリデートーナメントに参加する

・チャレンジモードに参加する

・5人以上のパーティで走る

不正行為防止システム

詐欺師のアカウントの罰を含む、ゲームでの不正行為を防ぐために3つのメカニズムが使用されます。

①GPSの追跡

②デバイスのセンサーと健康記録データ

③データ趣味レーションを通じて、機械学習は不正行為を検出できる


ジェルブレイクされた、ルート化更田、オペレーティングシステムが変更されたデバイスを使用すると、TunTogetherは正しく機能しません。

シューズが1つのアカウントから別のアカウントに転送されると、クールダウン期間に入り、その間、ユーザーはシューズを使用できなくなります。

ユーザーがシューズをイベントリーからウォレットに転送する際にエネルギーを消費すると、ユーザーのアカウントにある未開封のミステリーボックスは全てバーン・バージされます。

マーケットプレしうにシューズを転載することによってエネルギーを消費しても、ミステリーボックスをバーンしたりバージしたりされないように注意しましょう。

アチーブメントシステム

ゲーム内の全ての実績は、ユーザーのアカウントにバインドされます。

ブロックチェーンでは利用できませんが、ユーザーがアチーブメントを完了することで獲得できるバッジは、取引可能なNFTです。

バッジは、最初はブロンズ・シルバー・ゴールドの3つのレベルに分類されます。(将来的には更に大kのレベルに分類されます。)

名称日本語訳獲得条件
Shoes Collector Badgeシューズコレクターバッジ一定量のシューズを所有した時
Accessories Collector Badgeアクセサリーコレクターバッジマーケットプレイスの特定のクレジットポイントに到達した時
Social Credit Badgeソーシャルクレジットバッジマーケットプレイスの特定のクレジットポイントに到達した時
Fortune Badgeどーちゅんバッジ毎週一定量のRUNトークンを獲得した時
Wealethy Badgeウェルスバッジ毎月一定量のRUNトークンを獲得した時
Health Badgeヘルスバッジ毎週のマイレージ目標に到達した時
Athlete Badgeアスリートバッジ月間走行距離目標を達成した時
Solo Badgeソロバッジソロモードで舞つkのマイレージ目標を達成する時
Together Badgeトゥギャザーバッジトゥギャザーモードで毎月のマイレージ目標を達成した時
Hyper Badgeハイパーバッジ十分な時間に参加し、トーナメントで上位にランクインした時
Invincible Badge無敵バッジ毎月のチャレンジに参加して上位にランクインした時

Hydro System

Hydroは、6時間ごとに、制限に達するまで25%ずつ加算されます。

まず、1つのシューズと4つのハイドロポイントから始まります。

適切なシューズを使用することにより、ハイドロリミットを上げることができます。

ユーザーは、より高品質のシューズのために追加のHydroを受け取ります。

ガス代・料金システム

ガス代・料金システムに対して、ゲームの様々なアクティビティに対して様々なガス代と料金が請求されます。

ロイヤリティ料金はNFT作成者に支払われます。

通知システム

通知システムは、以下を含むユーザーの収入と支出を表示します。

①ソロ・トゥギャザーにマラソンで獲得

②マーケットプレイスの収益・レンティングの取引

③ギフト・寄付

④修理・アップグレード・アクセサリースロットコスト

⑤ソロ・トゥギャザーモードでの速度ペナルティ

⑥ミステリーボックス・アクセサリー・シューズボックスオープンニング

マーケットプレイス

マーケットプレイスは、ユーザーがNFTスポーツシューズ・バッジ・アクセサリーをレンタル・販売・購入できる場所です。

簡単なナビゲーションのために、マーケットプレイスでは簡単な並べ替え・フィルタリング機能を利用できます。

トレーディングシステム

アプリ内マーケットプレイスでは、ユーザーはNFTシューズ・シューズボックス・アクセサリーを売買できます。

リーシング・レンティングシステム(賃貸システム)

レンタルに興味のあるユーザーは、アプリ内マーケットプレイスにアクセスできます。

シューズを賃貸するには、賃貸の申請をしなければなりません。

賃貸人とペアになったら、賃貸が承認されう前に賃貸人の賃貸条件に完全に同意しなければなりません。

各賃貸契約は24時間で、その後、シューズは修理のために所有者に売却されます。

賃貸人のクレジットスコアに基づいて、賃貸契約は最大7日間続けることができます。

賃貸借契約の条件に従わない場合、賃貸人の信用格付けが低下します。

賃貸人がソロモードセッションを完了すると、スマートコントラクトは賃貸契約に従って収益を分配します。

貸借人と賃借人の収益は固定されています。(この内容は未定です。)

賃貸人は、賃貸契約が成立するたびに0.1クレジットが付与されます。

信用格付けシステム

信用格付けを向上させるために、賃借人は一連の「スカラークイズ」を完了する必要があります。

評価が40%に達すると、レンタルを開始できます。

このプロセスにより、アプリの基本を全て理解し、賃借人がアプリをご用してしまわないようにしています。

例えば、ランナーのシューズをレンタルして歩いてしまったり等を防止しています。

ロードマップ

時期内容
2022年3月・プロジェクトチーム設立
・調査
・コアApp設立
2022年4月・コミュニティ設立
・モーション・GPS設立
・キックオフマーケティング
・IDO
2022年5月・ソロランニング
・テストネット
2022年6月〜第3四半期・トゥギャザーランニング
・アチーブメントランニング証明書
・メインネット
2022年第4四半期・トーナメントモード
・チャレンジモード
・コミュニティのためのオーガナイズトーナメント
2023年第1四半期・コーチングモード
2023年第2四半期・メタバースのVRランニング

投資における将来性・まとめ

Run TogetherのNFTを購入して実際に歩いてみたのですが、様々なアプリが開発されておりますが、開発段階と言ってもそれなりに精度は高いものです。

しかし、Run Tgetherはかなり改善が必要な状態です。(2022年5月)

しかしアプリ内バグを公式の発表しているメール欄に投稿すると、報酬がもらえるというシステムがあります。

そのため、現在様々なバグが生じてしまっていることを運営側も承知なのでしょうね。


このプロジェクトの最も良い点と特徴は、「誰かと一緒に走るとトークンが多くもらえる」という点だなと思いました。

これはどのMove to earnも取り入れていません。

そのため、家族皆で走ったり、友人と歩いてお散歩したり、コミュニケーションの一環となる可能性があるなと思いました。(私みたいに1人が好きな人は別として)

このように毎日のコミュニケーションに取り入れられることにより、ユーザーが誰かにラントゥギャザーしないかと誘って、流行していく可能性もあります。

ラントゥギャザーという言葉を流行させるのはこのアプリでしょうね。


しかしM2Eは競合(詳細→STEPNユーザーにピッタリ【 歩くだけで稼げる(Move to earn)アプリ一覧 】まとめ)も非常に多いため、どれが優位性があるのかを開発段階から追っていき、見極めなければなりません。

リファはこちらです。

https://board.runtogether.net/sign-up?referral_code=89ByhARoYV
仮想通貨・Defi・NFT
スポンサーリンク
\Follow/
スポンサーリンク
\Follow me/
\Follow/
Miories
タイトルとURLをコピーしました