仮想通貨【 KuCoin Token(KCS)とは 】特徴・創立者・供給量・上場している仮想通貨取引所・投資における将来性についても解説

今回は、仮想通貨「KuCoin Token」(KCS)について解説します。

KuCoin Tokenとは・特徴・創立者・供給量・上場している仮想通貨取引所・投資における将来性の順で説明します。

スポンサーリンク

KuCoin Token(KCS)とは

KuCOin TOkenは、KuCoinのネイティブトークンです。

2017年にトレーダーが取引所から価値を引き出すための利益分配トークンとして登場しました。

イーサリアムネットワーク上で動作するERC-20トークンとして発行され、ほとんどのイーサリアムウォレットでサポートされていました。

KCSの総供給量は2億トークンに設定されており、総額が1億になるまで買い取りそしてバーンが計画されています。

KuCoinの分散型取引ソリューションが始動すると、KCSはKuCoinの分散型金融サービスのネイティブ・アセットとなり、また将来的にKuCOinコミュニティのガバナンストークンとなります。

※ガバナンストークンとは→仮想通貨における【 ガバナンストークンとは 】詳細まで分かりやすく解説

またKuCoinは、KCSに力を与えることをKuCoinの重要な優先事項とし、KCSを単なるトークンではなくキラープロダクトとして構築していくことを発表しています。

これによりKCS保有者がアクセスできるメリットが更に多様化することが予想されます。

長期的には、KCSはKuCoinのエコシステム全体の鍵として機能します。

DEXとKu Chainの開発に伴い、KCSは将来のKuCoin分散型製品の基礎となる燃料および一般的なトークンにもなります。



KuCoinの公式ホームページはこちらです。

Crypto Exchange | Bitcoin Exchange | Bitcoin Trading | KuCoin
KuCoin is a secure cryptocurrency exchange that makes it easier to buy, sell, and store cryptocurrencies like BTC, ETH, KCS, SHIB, DOGE, Gari etc.

KuCoinの特徴

インセンティブメカニズム

KCSボーナスは、受動的な収入を得るための最良の方法の1つとされています。

6KCS以上を保有しているユーザーは、KuCOinの1日の取引手数料収入の50%を原始とする配当金を毎日受け取ることができます。

KCSボーナスは、KCSホルダーとKuCoinエコシステム構築者のための特徴的なインセンティブメカニズムです。

ユーザーが得られる報酬額は、KCSの保有数やKuCOin取引所の取引量によって異なります。

KCSの使用用途

KCSは、配当金として支払われるほか、ユーティリティトークン(詳細→仮想通貨における【 ユーティリティトークンとは 】分かりやすく解説)として、KuCoin取引所での取引手数料の支払いにも使用され、ユーザーは最大80%の割引を受けることができます。

また、KCSのユースケースとしては、KuCoin Spotlightでのトークンセール、Pool-XプラットフォームでのLockDropBurningDropへの参加などが挙げられます。

しかしこれだけではなく、KCSトークンはプラットフォーム上で他の役割を果たします。

例えばKCSの保有者はKuCOin VIPになることができ、ユーザーはBTC取引量が膨大でなくても、メーカーとテイカーの手数料を削減することができます。

またKCSは、ショッピングやホテルの予約・ゲーム機の購入などの決済手段としても利用できます。

バーン

KSCの初期供給量は2億トークンでした。

KucoinとKCSチームは、市場からKCSを買い戻し、四半期ごとにバーンを行なっています。

バーンさせるKCSの量はKuCoin取引所の四半期ごとの取引量に依存します。

つまり、KCSの流通量は減少していき、最終的には1億トークンに落ち着きます。

アーキテクチャシステム

KuCoinは標準的な仮想通貨プロトコルを採用しています。

ユーザーデータやシステム内のデータ転送が他のユーザーに分からないようになっていることを保証しています。

同時に複数の取引に対応できるマルチクラスター、マルチレイヤーのアーキテクチャシステムを採用し、全ての取引においてシステムの安定性を確保しています。

KuCoin Tokenの創設者

KuCoin取引所は、シンガポールに本社を置く仮想通貨取引所です。

2013年に次のような人々によって共同設立されました。

・COOのEric Don氏

・マーケティング・ディレクターのJack Zhu氏

・ビジネス・オペレーション取締役のJohn Lee氏

・オペレーション&メンテナンス・ディレクターのKent Li氏

・チーフ法務コンサルタントのLinda Lin氏

・CEOのMichael Gan氏

・CTOのTop Lan氏

そして2017年にローンチされました。

KCSの最大供給量

KCSの最大供給量は、170.118,638KCSです。

KCSの上場している仮想通貨取引所

KCSの上場している仮想通貨取引所は下記の通りです。

・KuCoin

・BitMax

・ProBit Exchange

投資における将来性・まとめ

クーコイントークンは、KuCOinのユーティリティトークンです。

そのためKuCoin自体が発展していくとKCSの需要と価格も伸びていきそうですね。

そしてバーンの機能も備わっているため、KuCOin発展とともに価格が上がりやすい仕組みになっていますね。

やはり鍵はKuCoinの取引所の発展次第ですね。

仮想通貨・Defi・NFT
スポンサーリンク
\Follow/
スポンサーリンク
\Follow me/
\Follow/
Miories
タイトルとURLをコピーしました