ブランドの【 カテゴライゼーション 】分かりやすく解説

マーケティングにおいて、知識の体制化の中で重要なことは「ブランドのカテゴライゼーション」です。

スポンサーリンク

ブランドのカテゴライゼーションについて

消費者が認知するブランドは、それぞれが独立に認知されているのではなく、何らかのカテゴリーに分類して認知していると考えられています。


人間の脳は、カテゴリー化することにより、複雑な環境を単純化して捉えることにより効率的な対処・対象に対する理解が促進されます。

そのため消費者間コミュニケーションの円滑化という点で消費者にメリットがあるとされています。


具体的には、分類学的なカテゴリーとして定義的な特性として製品やブランドを理解しているのではありません。

ごくわずかな代表的な製品やブランドを認識しているだけであり、その他はぼんやりと曖昧な状態で認識していると指摘されています。


カテゴライゼーションには、2種類あります。

カテゴライゼーションイメージ
特定の製品カテゴリー化ペットボトルの緑茶飲料として共通して想起されるイメージ
製品カテゴリーを代表する具体的なブランドによるカテゴリー化iPhoneがスマートフォンのエグゼンブラーとして想起されるイメージ


マーケティング戦略構築する上で重要な流れは次の通りです。

あるブランドのコンセプトやイメージを浸透させる

他社ブランドとの統合する中で優位なポジショニングを獲得する

消費者が当該製品のカテゴライゼーションをどのように行なっているかを把握する

まとめ

カテゴライゼーションにも2種類あるということが学びになりますね。

特定の製品のカテゴリー化(ある製品としてのカテゴリー化)・製品カテゴリーを代表する具体的なブランドによるカテゴリー化(ある製品の中のエグゼンブラーとしてのカテゴリー化)を意識して認識してみましょう。


自ら仕掛けるマーケティングにおいては、コンセプトやイメージを浸透させ、ポジショニングを確立さセルことが重要です。

まずコンセプトやイメージを浸透させることができなければポジショニングができないため、ブレずにコンセプトやイメージを植え付けることから始めましょう。


関連記事→マーケティングにおける認知【 選択的注意の獲得・単純接触の効果 】分かりやすく解説




Cryptocurrency Prices, Charts And Market Capitalizations | CoinMarketCap
Top cryptocurrency prices and charts, listed by market capitalization. Free access to current and historic data for Bitcoin and thousands of altcoins.

投資マインド
スポンサーリンク
\Follow/
スポンサーリンク
\Follow me/
\Follow/
Miories
タイトルとURLをコピーしました