【Team Viewerで、接続がブロックされた場合の解決方法】商業用と誤って認識された場合

今回は、Team Viewer(チームビューアー)で、接続ができなくなった場合の解決策をまとめました。

スポンサーリンク

問題発生の画面

問題が発生している場合は、下のような画面が表示されていることでしょう。

上の画像は、パートナーとの最大セッション時間が制限され、再接続するとブロックされている状況です。



下の画像は、パートナーとの接続に問題がないのに、「パートナーへの接続がありません。パートナーはルーターに接続していません。」と表示される場合です。


この2つの画面は、問題が一緒です。

問題は、「チームビューアーの制限時間時達し、商業用と誤って認識されて接続をブロックされている」ということです。


では、解決策に写ります。

アカウントを作成する

メールでログインしたことない、などの、サインインアカウントがない場合は、まず「新規登録」をします。

チームビューアーからも、インターネットからもアカウントを作成することができます。

メール登録でアカウントを作成します。(アカウント作成自体は無料です。)

チームビューアーに電話してみると(ここは省略)

実際にチームビューアーのお問い合わせ先に電話してみると、

「無料アカウントの場合で、商業用アカウントと誤って認識され、使用制限されている時は TeamViewer.com/resetで検索し、申請してください」というアナウンスが流れ、切れてしまいます。


無料アカウントの場合は、自力でネットで解決するしかなさそうです。

では、その解決方法に入ります。

商業用アカウントでないことを申請する

商業用アカウントでないことを申請すル必要があります。

Reset Management
In case commercial use has been falsely detected on your TeamViewer ID, we will help you with the reactivation process.

まずは、インターネットにて、こちらのURLからチームビューアーにログインします。


日本語訳すると、この画面が表示されます。



この画面を下にスクロールしていくと、下の画像が出てきます。



ここの申請部分のみ翻訳は適応されず英語のままです。

・名前

・住所

・チームビューアーのID

・使用理由

を入力します。


そして下の緑のボタンの「Create PDF」をクリックします。


すると、次の画面が表示されます。



ここで「Download PDF」をクリックします。

そしてダウンロードされたPDFを開きます。

すると、下の画像のPDFが出てきます。


名前や住所は先ほど自分が入力したものが入っており、

後は一番下の「Dte,Signiture」の欄に、日付と名前をサインします。(ペンで描けるようになっているため、記載します。)


そして先ほどのページに戻ります。(この下のページに戻ります。)


ここで、「Choose a file」をクリックし、先ほどサインしたPDFをクリックします。

そして、一番下の緑のボタン「Submit Form」をクリックして提出します。


すると、滋賀の画面が出てきます。

これで完了です。


1週間以内にメールが届きます。(年代によっては解除方法が変わっているため、その都度ご確認ください。)


関連記事→【 Windows 対 Mac 】経営者(ビジネスマン)・投資家が愛用するのはMac

その他
スポンサーリンク
\Follow/
スポンサーリンク
\Follow me/
\Follow/
Miories
タイトルとURLをコピーしました