【 Braintrust(BTRST)とは 】創設者・特徴・供給量・上場している仮想通貨取引所・投資における将来性まで解説

今回は、仮想通貨「Braintrust(BTRST)」について解説します。

Braintrust(BTRST)とは・創設者・特徴・供給量・上場している仮想通貨取引所・投資における将来性、の順で説明していきます。

スポンサーリンク

Braintrust(BTRST)とは

Braintrust(BTRST)とは、精査されたナレッジワーカーと世界の主要企業を繋ぐ分散型人材ネットワークです。


Braintrustを利用して仕事を見つけるコミュニティは、Braintrustを所有して構築するのと同じ人々です。

中央管理の企業ではなく、ネットワークが常にユーザーのニーズに対応できるようにします。

また、ナレッジワーカーと貢献者のコミュニティは、ネットワークへの貢献とその成長に対してネイティブBTRSTトークンを通じてBraintrustの所有権と管理権を獲得しています。

そのため、新しい才能と仕事が記録的な速度でネットワークに参加しています。

Braintrustには、5万人以上のコミュニティメンバーがいます。

ナレッジワーカーやプロジェクトの貢献者が世界中にいます

Braintrustは、具体的には次のグローバル企業で使用されています。

・Nestle

・Porsche

・Atlassian

・Goldman

・Sachs

・Nike


Braintrustの公式ホームページはこちらです。

Braintrust | The First User-Owned Talent Network
Braintrust is the new model for how work gets done. We connect organizations with top technical talent to complete strategic projects and drive innovation.

創設者

Braintrustは、2018年に開始され、2020年にステルス状態から抜け出しました。

連続起業家のAdam Jackson氏Gabriel Luna -Osasteski氏によって設立されました。

彼らはブロックチェーントークンによって独自に実現された最初の分散んがた人材ネットワークを構築してきました。

ブレイントラストコミュニティは、ネットワークの立ち上げに続いて、その将来の成長と発展を発揮します。


本社という概念はなく、寄稿者のネットワークは、世界の15カ国以上から集まっています。


Braintrustは、設立当初から非中央集権的なアプローチを採用しています。

ネットワークを構築してきた誰もが、ネットワーク内のプロジェクトに参加する独立したコントラクターです。

そして単一のコアチームだけでなく、世界中の数十のチームの累積的な成果となっています。


このネットワークの分散的・有機的な将来の発展は、自律的なソフトウェアと強固な人材コミュニティを通じて、相互に有益な市場を構築しています。

そして高額な仲介者を置き換えるという目標を推進することを任務とする団体・オーナーシップエコノミーアソシエイションによって促進されると期待されます。

このようなアプローチにより、ネットワーク上でサービスを提供したり対価を支払った理数r同じユーザーが、ネットワークの構築・サポート・管理・所有者であると自信を持っていうことができるシステムになっています。

Freelance Labs

Freelance Labsは、小規模なコアチームでBraintrastプラットフォームを構築しました。

BTRSTトークンの公開後、Freelance Labsは、グローバルなBraintrustネットワークの多くの参加者の1つになります。

Braintrust Technology Foundation

ブレイントラストテクノロジーファンデーションは、非営利団体です。

Braintrustネットワークの使命と目標を促進することに専念しています。

Braintrustネットワークの創設者の1つですが、一般公開は、ネットワークの将来の成長と発展において果たす役割が減少すると予測されています。

特徴

Wen3.0ネットワークとオーナーシップ

Braintrustは、人材ネットワークとプロフェッショナル人材派遣会社は、いずれオーナーシップエコノミーを採用したシステムに代わっていくであろうと考えています。

このモデルは、ネットワークの透明性・一致したインセンティブ・分散型のガバナンス機構によって、人材と企業の両方に利益をもたらします。

この新しいモデルは、分散型商取引の通貨となるトークン化など、Web3.0ネットワーク技術の出現によって可能になるのです。

※Web3とは→【 Web1.0・Web2.0・Web3.0 】それぞれの違いを分かりやすく解説

紹介型タレントネットワーク

Braintrustは、世界初の分散型タレントネットワークです。

つまり、Braintrustは中央企業ではなく、ユーザーによって所有・管理されています。

その人材と顧客プールには、資本効率の良い価格発見を可能にする十分な仕事と十分な労働者が存在します。


公式ホームページのこちらから求人の応募ができます。

Join the Braintrust Talent Network
Apply to join the Braintrust Talent Network today and get access to jobs with Fortune 1,000 companies.

手数料

Braintrustプラットフォーム利用の手数料は次の表の通りです。

タレントでなく、クライアントが手数料を支払うこととなっています。


また、ユーザーは、クライアント(需要)・人材(供給)をネットワーク上に紹介してオンボーディングすることにより、BTRSTを獲得できます。

クライアント

クライアントは、BTRSTを使用して求人情報を強化できます。

タレント

タレントは、BTRSTを使用して提案を強化させたり、スキルをレベルアップさせるためのコースを受領したりします。

供給量

BTRSTの最大供給量は250,00,000トークンです。


2022年現在は、まだ循環供給量が最大供給量に達していません。


トークンの割り当ては次の通りです。

割合セグメントリリーススケジュール
54%コミュニティインセンティブコミュニティのインセンティブ報酬プログラムにしたがって、ネットワークの起動時にロックが解除され、配布される
22%初期のトークン購入者2年:ロック
1年:クリフ
その後:マンスリー
19%初期の貢献者4年:リリース予定
1年:クリフ
その後:マンスリー
5%コインリストのセール3ヶ月・6ヶ月:ロック
月毎にリリース

上場している仮想通貨取引所

BTRSTの上場している仮想通貨取引所は次の通りです。

・Gate.io

・Coinbase

・Coinlist Pro

投資における将来性・まとめ

ブレイントラストは、分散型の人材ネットワークです。

人材ネットワークは、業界を問うのかもしれませんが、需要がかなりあると私は考えています。


例えば、看護師の場合、紹介されなかったとしても条件で探すことができます。

実際に、看護師1人を紹介すると、紹介者は100万円単位で報酬を受け取るシステムになっているのです。

しかし、紹介された病院からするとすごく無駄な費用だし、看護師個人からしても、その仲介業者でなく自分がその金額を受け取りたいですよね。

すると、仲介業者がいない方が、看護師(タレント)も病院(クライアント)もウィンウィンになるのです。


業界にもよるのかもしれませんが、看護師の仲介業者の場合は、自分の紹介金額バック率が高い病院を勧めてくるため、あまり誠実ではありません。

ということは、タレント側は自ら選んでいるため、仲介業者の存在意義は何になるでしょうか?


と考えると、分散型の人材ネットワークは非常に需要があると考えられます。

業界によっては需要がないかもしれませんが、少なくとも需要のある業界が存在しています。


そのため、私的には非常に伸びそうな仮想通貨だと考えました。

仮想通貨・Defi・NFT
スポンサーリンク
\Follow/
スポンサーリンク
\Follow me/
\Follow/
Miories
タイトルとURLをコピーしました