【 人間が情報を知覚する方法 】具体例とともに分かりやすく解説

スポンサーリンク

人間が情報を知覚する方法

視覚・聴覚などの期間を通して、消費者は多くのマーケティングに関連する外部刺激に接触します。

外部刺激は単なる光や音も情報がそのままの状態で伝わるのではなく、意味付け解釈がなされます。

刺激や情報はバラバラの状態で知覚されるわけではありません。

まとまりを持って単純化して知覚しようとする心理的メカニズムが働きます。

具体例

ブレグナンツの法則やゲシュタルトの法則とも言われています。

Apple社のブランドが良いまとまりとして知覚されている例です。

社会心理学では、情報による印象形成や統合に関する一連の研究があります。

人の印象形成がどのような要因によって異なるかを実験的に研究された結果があります。

同一の刺激リストの例です。

「知的な→勤勉な→衝動的な→批判的な→頑固な→嫉妬深い」という順序で提示された場合

「嫉妬深い→頑固な→批判的な→衝動的な→勤勉な→知的な」という順で示唆された場合

で明らかに人に対して形成される印象が異なることを示しています。


・初頭効果(系列の冒頭)

・心筋効果(系列の最後で最も新しい)

・中心的機能

を果たす特性の効果など、消費者にどのように情報を提示していくかに関する含蓄深い示唆を含んでいます。

このような意味づけされた知識は、構造化・組織化された知識の単位とされるスキーマとして外部刺激を理解するために機能しています。

ソロモンは、マーケティング意思決定において、消費者が駆動するスキーマを確認し、適切なスキーマを駆動させることがとても重要であり、製品・パッケージやメッセージを評価する基準を決定づけるからであると指摘しています。

したがって、マーケティング戦略の意図するところがどのようなスキーマを引き出し、種々のマーケティング活動によって意図する製品などの認知が構成されていくかを検討する必要があります。


関連記事→マーケティングにおける認知【 選択的注意の獲得・単純接触の効果 】分かりやすく解説

まとめ

人間が情報をまとめて知覚するため、それを利用して印象操作ができるという内容です。

冒頭よりも最後の情報が印象形成において重要だということです。


これをマーケティングに応用すると、冒頭よりも最後の情報(系列の最後で最も新しい情報)に、最も重要なワードを入れるということです。


この小さな差が、マーケティングにおける能力の差を形成していくのです。

Cryptocurrency Prices, Charts And Market Capitalizations | CoinMarketCap
Top cryptocurrency prices and charts, listed by market capitalization. Free access to current and historic data for Bitcoin and thousands of altcoins.
投資マインド
スポンサーリンク
\Follow/
スポンサーリンク
\Follow me/
\Follow/
Miories
タイトルとURLをコピーしました