【 ベンチャー投資とは 】投資方法とその種類まで解説

スポンサーリンク

ベンチャー企業とは

ベンチャー企業とは、革新的なアイデアや技術等を使用し商品・サービスを提供する企業です。

そのため中小規模の企業が多く、成長過程の新興企業を意味しています。

ベンチャー企業の特徴は下記です。

・革新的なアイデアや技術

・創業して間もない中小企業

・金融機関からの資金調達が困難

・IPOやM&A等の売却益により成長性が見込める

ベンチャー投資とは

ベンチャー投資とは、上記の将来の成長性が見込まれるベンチャー企業に投資し、上場等により売却益を得る投資方法です。

ベンチャー企業は大半が未上場のため、市場で購入せず、創業者や経営者から直接購入する必要があります。

創業間もない企業への投資で、リスクも高いですがリターンも高い可能性がある投資です。

メリット

・成長性に伴い大きなリターンが見込める

⇒IPOやM&Aによる売却益で何十倍等の利益を見込める

・業界や企業への貢献

⇒革新的なアイデアや技術への渡欧しによりその業界や企業を伸ばすこうけんができる

・税法で有利

⇒エンジェル税制という、ベンチャー投資促進を図る税制がある⇒具体的には、投資時点・売却時典での税制上の優遇措置を受けることができる(売却時に損失が発生した場合には他の株式譲渡益と相殺することも可能)

・経営に関与できる

⇒ベンチャー投資では、経営ののスキルまで支援することができる

デメリット

・リスクが高い

⇒ベンチャー投資では、既存にない革新的な企業への投資をするため、倒産リスクもあり利益を得ることが出来ない可能性も高い

・上場するまで売却できない

⇒ベンチャー投資では、未上場株式を購入しているため、株式市場で売却できないというリスクがある そのため、売却したいタイミングで売却することができない

ベンチャー企業への投資方法

①ベンチャーキャピタルにて投資

ベンチャーキャピタルとは、将来性・背調整の高い未上場企業への投資を目的として、投資有限責任事業組合(ファンド)等での募集を介して投資する方法です。

しかし個人での投資は制限がある場合もあります。

ベンチャーキャピタルファンドの詳細⇒【 ベンチャーキャピタルファンドとは 】分かりやすく解説

②クラウドファンディングで投資

一般的なクラウドファンディングとは、オンラインで資金を募集し、投資する方法です。

資金調達のお礼として商品割引等のサービスを提供することができます。

しかし投資型クラウドファンディングでは、未上場企業がオンラインで投資家から少額ずつ資金調達し、未上場株式やストックオプション(一定期間に決まった価格で株式を購入できる権利)を得る仕組みになっています。

投資額に応じて投資家に未公開株式を分配します。

株式投資型クラウドファンディングができるオンラインサービスは、ファンディーノ・ユニコーンがあります。

③経営者同士の繋がり等で投資

経営者の繋がり等で、株式を売買させてくれるケースがあります。


関連記事→最初の段階の資金調達方法【 シードラウンドとは 】由来・一般的な傾向まで解説

https://accounts.binance.info/ja/register?ref=TT7DEOPV
株式
スポンサーリンク
\Follow/
スポンサーリンク
\Follow me/
\Follow/
Miories
タイトルとURLをコピーしました