Superlocal【 全ての情報まとめ 】次世代のSNSの形/Play to earn to hold

今回は、Superlocalに関する全ての情報をまとめました。

スポンサーリンク

スーパーローカルとは

スーパーローカルは、イーサリアムブロックチェーン上のソーシャルネットワークです。

ユーザーはチェックインして、行った場所を記録します。

そしてそれらのチェックインを友人と共有できます。

スーパーローカルで行われる各チェックインには、現金化する機会があります。

チェックイン時に、ユーザーはローカルトークンを獲得するために自分の投稿を承認キューに送信するかどうかを選択できます。

高品質のチェックイン(良い写真とキャプション)のみがトークンとして承認されます。

更に、コミュニティのリーダー・早期採用・参加を奨励するために、ユーザーはある場所(GeoNFT)に物理的に存在することにより、仮想の現実世界の場所(スーパーローカルメイヤー)の1つを主張できます。

スーパーローカルの実際の場所のコレクター(Mayor)は、他の人が収集した場所で承認されたチェックインを行うと、LOCALトークンを獲得します。


スーパーローカルプラットフォームには、NFT保有者に特別な特典(特典ドロップ)を提供するNFTドロップを実施するための企業向けツールもあります。

スーパーローカルMayorとパークドロップは、イーサリアムのスマートコントラクト(詳細→【 スマートコントラクトとは 】Defi)に保存されている、代替え不可能で譲渡可能な希少なデジタル資産です。

Mayorと特典ドロップは、ETHまたはLOCALというERC-20トークンを使用することで取得することができます。

ユーザーは、Mayorを通じてチームスーパーローカルによるレビューのためにチェックインを送信すると、LOCALを獲得します。

※LOCALを稼ぐ方法→Superlocal【 LOCALの稼ぎ方 】投稿からLOCALが付与されるまでの手順


または、仮想通貨取引所で購入することもできます。

ユーザーは、LOCALを使用して、Superlocalでデジタル商品やサービスを購入することもできます。

(注:パークドロップには、Polygonなどのイーサリアムレイヤー2(詳細→仮想通貨における【 レイヤー2とは 】レイヤー1とレイヤー2の違い・メリット・デメリットも含めて解説)を使用する可能性があります。MayorのNFTを作成するときに、ユーザーがイーサリアムまたはポリゴンのいずれかを選択できるようにする場合があります。これは、前後にブリッジできるからです。)


スーパーローカルは、毎日の生活を楽しいゲームのように感じさせるように設計されています。

これは、世界中の人々にコンテンツを提供するのではなく、人々にコミュニティの感覚を与え、近くの(地元の)所属を与えることを目的としています。

ほとんどの人はほとんどの時間を住んでいる場所の近くで過ごすため、チェックインメカニズムにより、ユーザーフィードは自然にローカライズされます。

スーパーローカルの目標は、人々が住んでいる場所を愛し、近くを楽しんで探索するように促すことです。

このドキュメントでは、スーパーローカル製品・経済メカニズム・トークンエコノミーについて詳しく説明します。

ミッション

スーパーローカルは、ユーザーが所有する経済と探索を促進するゲームのような機能を備えた、より良いコミュニティの感覚を促進し、近くに属するソーシャルネットワークを作成しています。

ヴィジョン

何十億もの意図人が、近くの人々・場所・物との深い繋がりを感じることができる、最も倫理的で健康的な主要なソーシャルネットワークを作成することです。

スーパーローカルは、人々にコミュニティのより深い感覚を与え、現実の世界に属することを目的として、日常生活をゲームに変えるソーシャルプラットフォームです。

これはデジタル収集品の所有権のための分散型元帳と、LOCALと呼ばれる会社が立ち上げたERC-20トークンで構成されています。

倫理的根拠

FacebookやInstagramなどの大規模なソーシャルネットワークは、現在新しい友人関係や現実世界の繋がりの改善をほとんどサポートしていません。

それらは個人的なコンテンツを共有する場所ではなく、友好的なルーツから離れて、ニュース・エンターテインメント・インフルエンサーのハブになりました。

それらのネットワークはグローバルな繋がりを促進し、私たちのメンタルヘルスに悪影響を与えるスクリーンホールになっています。

チームスーパーローカルは、地域のつながりを促進し、人々・場所・近くで重要なものの間の関係を改善するための健全なプラットフォームを作成することに専念しています。


更に、ブロックチェーンテクノロジーと暗号通貨の台頭と成熟により、スーパーローカルのような新しいソーシャルプラットフォームは、脱出速度を打つ際の公正なショットと相まって、その使命を果たすための特徴的な方法を提供します。

参加する真のインセンティブを備えたエコシステムを構築することにより、ユーザーはスーパーローカルを共有し(有機的な成長を促進)、スーパーローカルを使い続ける(保持を促進する)強い理由があります。

より多くの人々が参加するほど、より価値のあるNFTとトークンになります。

ユーザーは、スーパーローカルエコシステムを改善及び成長させるための真の意味のある利点を得ることができます。

トークンとNFTは、スーパーローカルに頻繁に参加するようにユーザーに提示することを促しています。

これは、スーパーローカルを使用する人が増加するほど、NFTとトークンの価値が高まる可能性があるからです。

ユーザーは、スーパーローカルエコシステムを改善及び成長させるための真の意味のある利点を得ることができます。

仮定

仮定1

スーーローカルはNFTとトークンを利用するため、ユーザーはアプリに友達やフォロワーがいるかどうかに関係なく、スーパーローカルから価値を得ることができます。

コールドスタートの問題はそれほど問題ではなく、スーパーローカルが強固な基盤を構築することが容易になります。

仮定2

企業は、スーパーローカルのユーザーベースが、顧客として彼らを引き込むためのインセンティブを提供したいと思うほど魅力的であると感じています。

仮定3

企業は、自社ブランドへのアクセスを促進するために、さらに多くの人の目に触れることを望んでおり、また必要としています。

活動

チェックイン

チェックインすると、承認された投稿ごとにLOCALを獲得できます。

そのため、スーパーローカルエコシステムが効果的に開始されます。

トークンの価格が設定されると、収益を米ドルの価値にペッグします。


例えば、ユーザーは承認されたチェックインごとに1ドル相当のLOCALを獲得できます。

また、友人を招待するための追加のインセンティブとして、チェックイン時の反応に基づいて、ユーザーに幾らかのLOCALを与えることが理にかなっているかどうかを調べます。

やりがいのあるエンゲージメントがスーパーローカルのコンテンツの信頼性をどのように変えることができるかを深く考えることが重要です。

スーパーローカルが別の純粋にパフォーマンスの高いソーシャルネットワークになることは望んでいません。

MayorshipのNFTの収集

ユーザーは、まだ誰もその場所を収集していない場合、自分が行った現実世界の場所の1/1NFTを収集することができます。

ユーザーは、1/1Mayorship NFTを収集することにより、収集したMayorshipから他の人が承認済みチェックインを行うと、パッシブトークンボーナスを受け取れるようになります。

Mayorshipのメリットはこちらです。詳細→Superlocal 【 Q&A 】問題解決集

ユーザーは、OpenSeaなどのマーケットプレイスでいつでもMayorshipを売却することができます。

特典ドロップNFTの収集

企業は、所有者に様々な特典を提供するNFTを作成することができます。

ユーザーは、これらのNFTを収集したり、ビジネスで特典を受け取るために保持したり、OpenSeaなどのマーケットプレイスでいつでも特典を販売したりすることができます。

追加のアクティビティとトークンの使用方法

追加機能を通じてLOCALに追加の現実世界の価値をもたらす新しい方法を継続的に調査します。

トークン価値の上昇を支援するために、可能な限りLOCALを保持する理由を細心の注意を払って構築する必要があります。概念には、コミュニティイベント・商品サービスの市場・クラウドソーシングによる社会的善のプロジェクトが含まれます。

企業向けのインセンティブの調整割引を提供する

企業は、スーパーローカルユーザーにLOCALを使用して割引を提供し、購入に対して幾つかの$割引を取得できるようになります。

例えば、コーヒーショップで0.5LOCALを利用すると、5%オフになり、トークンがビジネスに転送される可能性があります。

ユーザーがビジネスに支払います。

ダウンタイム中の足のトラフィックの増加

人々がより多くの顧客を求めているときに買い物に来ると、企業はLOCALの報酬を提供できるようになります。

(例えば、昼食後や夕食前の午後の早い時間に企業は通常多くなるため、スーパーローカルの訪問者にインセンティブを与えることができます。)

他の地元企業の参加を推奨する

スーパーローカルに参加する地元企業の数を増やすために、ギブ・ゲットモデルを展開します。

企業は、サインアップのために別の企業LOCALを提供し、その見返りに同額のLOCALを取得することができます。

これらのトークンは財務省からのものであり、紹介の量に上限があります。

ローカルビジネスのNFTドロップ(パークドロップ)

ローカルビジネスが独自のNFTドロップを簡単に実行できるツールを構築します。

例えば、コーヒーショップは0.2ETHで100個のNFTのコレクションをドロップし、NFTを保持している全ての人が毎日無料のコーヒーを受け取るなどができます。

企業は、NFTの販売から初期資金を受け取り、その後人々が毎日無料のコーヒーを交換して新しい価値を割り当てるときに、継続的なロイヤリティを受け取ります。

ユーザーは企業に支払いをし、その見返りにユーティリティ付きのデジタル収集品を受け取ります。

収益化

スーパーローカルは、スーパーローカルエクスペリエンスを強化及び改善する方法で収益を上げます。

現在の大規模なソーシャルネットワークで見られるような従来のプログラマティック広告プラットフォームの構築を回避します。

広告

中小企業は、スーパーローカルマップに広告を掲載できるようになります。

スーパーローカルユーザーにチェーンではなくローカルビジネスをサポートするように促すために、地図に表示される割引を提供する必要があります。

地元の企業が地図に表示されるのに費用はかかりませんが、そのオファーは承認プロセスを経る必要があります。

スーパーローカルユーザーがLOCALトークンの割引を利用すると、中小企業はLOCALトークンを受け取ります。

これは、Yelpの苦労しているビジネスモデルをひっくり返します。

プラットフォームに表示するために支払うビジネスの代わりに、SuperLocalは表示するためにビジネスに支払います。

ただし、企業がLOCALトークンを利用できるようにして、スーパーローカルマップでのオファーの可能性を更に高めます。

デジタル収集品

スーパーローカルMayorshipは、スーパーローカルで販売されている最初のデジタル収集品です。

0.0ETHの場合、ユーザーは実際の場所の1/1NFTを作成することができます。

ユーザーは、他の人が事実上所有している場所にチェックインすると、スーパーローカル財務省からLOCALトークンを受け取るため、場所を収集したいと考えます。

ユーザーが所有する場所が多いほど、獲得できる潜在的なパッシブLOCALが多くなります。


Mayorship NFTが転売された場合、Superlocalが10%のロイヤリティを徴収します。

また、地元企業が独自のNFTドロップを行うためのツールを構築する予定です。

その見返りとして、ユーザーはある種の忠誠心のインセンティブ(コーヒーショップでの毎日の無料コーヒーを受け取れるなどの権利)を受け取ることができます。


最初のドロップで収益分割をし、NFTが転売されたときにビジネスによって収集されたロイヤリティの10%を受け取ります。

(例えば、コーヒーショップは再販により100ドルのロイヤリティを受け取り、10ドルを収集します。)

その他の収益化

将来、その他の収益化モデルが実現することを期待しています。

スーパーローカルでの全ての収益化は、全てのユーザーのスーパーローカルアプリとエコシステムを常に強化します。

スーパーローカルエコノミー

スーパーローカルプラットフォームは、Web3時代を生み出した技術の進歩を最大限に活用しています。

※Web3とは→【 Web1.0・Web2.0・Web3.0 】それぞれの違いを分かりやすく解説


スーパーローカル経済は当初、2つのデジタル資産から始まりました。

MAYOR現実世界の場所を表すトークンです。
LOCALMAYORを請求するために利用できるERC-20トークンです。
高品質の写真とキャプションを含むチェックインを送信することにより獲得できます。
他の種類の商品やサービスの購入に使用されます。

LOCALトークンの所有者であることは、Superlocalの所有者を表すということではありません。

LOCALの所有権は、特定のスーパーローカルのメリットを主張する能力と、最終的には探索して獲得する機能セットに関連するガバナンス投票に参加する能力の両方を表しています。

それは投資とみなされるべきではありません。

トケノミクス

スーパーローカルは、強力で永遠に続くトークンエコノミーを構築する方法を常に戦略化しています。

多くのPlay to earnシステム(詳細→【 BCG(稼げるゲーム)の確定申告方法・注意点 】実際に税理士さんに聞いたこと)は、トークンお一部を獲得した後にトークンを保持することをしません。

これは、トークンの価格の崩壊に繋がり、ユーザーが頻繁に参加することを妨げます。

スーパーローカルのチームは、Play to earn to hold(プレイ・トゥ・アーニング・トゥ・ホールド)のアプローチを採用しています。

つまり、現地通過で現金化するのではなく、エコシステムでLOCALトークンを使用する方法をユーザーに提供することの重要性を深く認識しています。

更に、現在初期トークンの供給量を180,000,000LOCALにする予定であり、それらのほぼ全てが最初は流通していません。

(Play to earnによって獲得されるため)

ただしこれは、トークンの起動に近づき、トークンエコノミーの仕組みが完成するにつれて変更される可能性があります。

課題

Web3の採用

スーパーローカル製品の成功は、イーサリアムウォレットなどのWeb3テクノロジーの継続的な採用にかかっています。

ただし、Play to earnエコシステムは、実質的なビジネスになるために、従来のソーシャルネットワークほど多くの毎日のアクティブユーザーを必要としません。

そのためFacebookやSnapchatのユーザーベースのほんの一部で大量の収益を達成できます。

企業の獲得

購入する人々が即座に売りたいと思う収益性の高い資産であるだけでなく、LOCALに真の価値を与えるには、スーパーローカルに参加するビジネスが必要です。

これがどれほど大きな課題になるかは理解しています。

Yelpのようなレガシーテクノロジー企業には何千人もの営業担当者がいて、最強のビジネスはありません。

スーパーローカルは、Yelpでビジネスに参加・宣伝するためにお金を払うのではなく、参加するためにビジネスにお金を払うようにすることで、Yelpモデルを混乱させるため、それをやってのけることができると楽観的です。

詳細

スーパーローカルは、日常生活をゲームに変えて、探索して稼ぐソーシャルプラットフォームです。

全ての人がスーパーローカルを使用する世界では、スーパーローカルの楽しく、インセンティブを与えられたエコシステムにより、人々はコミュニティ・所属・コミュニティを構成する地元企業とのつながりをより深く感じるでしょう。

起動フェーズ

スーパーローカル起動フェーズMayorship NFTにような大規模な機能がスムーズに展開されるように、体系的な方法でSuperlocalを一般公開に戻します。

起動フェーズ内容
早期アクセス・選択したユーザーグループがiOSテストフライトアプリとしてスーパーローカルをβテストできます。
βテストを支援したことに対する報酬として、アーリーアクセスパスとLocaltrotterNFTアーリーミンターを所有している人は、他の誰よりも早くMayor sHIPNFTをミントすることができます。
また早期アクセスパスNFTまたh LocaltrotterNFTを保持するためのボーナスLOCALトークンを獲得でいます。
早期アクセスを獲得するには、少なくとも1つの早期アクセスパスNFTを保持している必要があります。
早期アクセスフェーズのミンティングは0.07ETHです。
2022年3月11日に終了しました。
サンライズアーリーアクセスNFTとローカルトロッターNFTの両方の所有者に、Mayorship NFTを早期に作成する機会を与えます。(最も人気のある・有利な場所の土地取得を避けるためにわずかにプレミアム価格で)
サンライズ期間は、スーパーローカルがテストフライトを終了し、公開されているApple App Storeで入手できるようになったときに始まります。
サンライズフェーズ中のミンティングは0.1ETHです。
2022年3月18日に終了しました。
ランドラッシュスーパーローカルが全ての人に利用可能になるときです。
ただし、この期間中にスーパーローカルに参加するには、別のメンバーから招待状を受け取る必要があります。
スーパーローカルに参加するために、早期アクセスパスやローカルトロッターNFTは必要ありません。
招待システムを採用している理由は、大部分の展開がスムーズに行われるようにするためです。
ランドラッシュ中のミントは0.05ETHです。
2022年3月18日に終了しました。
一般公開スーパーローカルが一般公開となると、正式にリリースされ、招待を必要とせずに一般の人々が利用できるようになります。
Twitter・Discordにて発表されました。

Localtrotters NFTを展開する方法

・アーリーアクセスパスのNFT保有者が無料でミントするための24時間の期間がある

・24時間の無料の生成期間の後、公共での生成は0.0ETHから始まる

・Localtrotters NFT保有者は、承認されたチェックインごとに5%のトークンボーナスを受け取ることができる

・NFTを売却すると、ボーナスはなくなる

起動フェーズにおいて人々がNFTを保有したくなるその他の理由

1。将来のベータ機のへのソーキアクセス

2。ミントによる早期アクセス(Mayorship NFTを立ち上げる将来の収集品)

3。チェックインが承認された時のボーナストークンの収益(5%〜20%)

4。トークンゲートのDiscordチャネルへのアクセス

5。排他的なNFTホルダーイベントへのアクセス

LOCALトークン

LOCALは、スーパーローカルエコシステムのERC-20ガバナンス及びユーティリティトークンです。

※ガバナンストークンとは→仮想通貨における【 ガバナンストークンとは 】詳細まで分かりやすく解説

※ユーティリティトークンとは→仮想通貨における【 ユーティリティトークンとは 】分かりやすく解説


LOCAL保有者は、報酬を請求し、Play to earn機能に特に関連する厳選されたガバナンス投票に参加することができます。

ユーザーがーLOCALを獲得できる主な方法は、品質の良い投稿を送信することです。

高品質の写真とキャプションを含む投稿に、LOCALが付与されるのです。

LOCALトークンの目標は、スーパートーカルユーザーとトーカルビジネス間のインセンティブを新しい斬新な方法で調整することです。


これは次の理由で発生します。

・ユーザーは、スーパーローカルを使用して探索及び文書化することにより報酬を得ると同時に、獲得したトークンを保持して更に多くの報酬を請求するように促される

・地元の企業は、人々が彼らを探索すると報われ、スーパーローカルのユーザーがそこに行くと、売上を伸ばし、LOCALを稼ぐ機会を得ることができる


将来的には、ユーザーがLOCALをできるだけ長く保有することを奨励する追加の方法として、ステーキング報酬を構築する予定です。

最後に、2021年の第一四半期または第二四半期にLOCALをリリースする予定で、実行されました。

その間、ユーザーはトークンのリリースと価格設定時に利用できる将来の請求可能なトークンを獲得できます。

現在の収益ストリーム

スーパーローカルは、Social as a Serviceモデルを使用して実行されます。

デジタル不動産屋アプリ内消耗品などを販売して収益化できる機能を紹介します。

また、ユーザーがスーパーローカルスマートコントラクトで作成されたNFTを再販する時にも料金を徴収します。

広告ネットワークは避けますが、地元企業のサポートを促進する革新的な方法を探索することもできます。

例えば、企業が所有者に利益をもたらす収集可能なNFTを作成できるようにする等です。

当初、これらはスーパーローカルにてかかる料金となります。

・NFTをミントするためのイーサリアムで支払われるミント手数料

・スーパーローカルNFT資産の転売から得られる10%のロイヤリティ料金

まとめ

Web3のSNSですね。

分かりやすく解説したバージョン→【 Superlocal(スーパーローカル)とは 】Post to earn /投稿して稼ぐ

そしてこのスーパーローカルが普及しなかったとしても、このアイディアは採用されて次世代のSNSの形となるでしょう。

素晴らしい機能ですね。

個人的には是非応援したいと思っています。

そのため早速NFTを購入しました。

詳細→Superlocal【 投資から利益までの記録 】毎月更新


Superlocalの公式ホームページはこちらです。

Superlocal | Earn Crypto When You Go to Places
Superlocal is a social network that lets you earn crypto and NFTs when you go to places. You check in, submit your post, and earn real rewards.
仮想通貨・Defi・NFT
スポンサーリンク
\Follow/
スポンサーリンク
\Follow me/
\Follow/
Miories
タイトルとURLをコピーしました