決算書における【 当座借越勘定への振り替え 】分かりやすく解説

今回は、決算書における「当座借越勘定への振り替え」について解説します。

スポンサーリンク

当座借越勘定への振り替え

当座貯金口座の残高が貸方残高である場合、当座借越が生じています。


当座借越とは、当座貯金口座の残高を超えて小切手を振り出すことです。

当座の決算時の処理

決算日において当座借越が生じている場合には、貸方の当座貯金残高を当座借越(負債)または借入金(負債)に振り替えます。

次期の期首の処理

当期に振り替えた当座借越勘定は、次期の期首(翌期首)に決算整理仕訳と逆の仕訳を行って、下の当座貯金勘定に振り戻します。


※関連記事→決算書における【 現金預金について 】分かりやすく解説

まとめ

株式投資では、決算を読み込むために簿記の知識もあると優位になります。

今後も決算を読み解いていきましょう。

https://accounts.binance.info/ja/register?ref=TT7DEOPV
株式
スポンサーリンク
\Follow/
スポンサーリンク
\Follow me/
\Follow/
Miories
タイトルとURLをコピーしました