情報公開の少ないBCG【 BinaryX(BNX)とは 】創設者・特徴・供給量・上場している仮想通貨取引所・投資における将来性まで解説

今回は、仮想通貨「BinaryX(BNX)」について解説します。

BinaryX(BNX)とは・創設者・特徴・供給量・上場している仮想通貨取引所・投資における将来性、の順で説明していきます。

スポンサーリンク

BinaryX(BNX)とは

BinaryX(BNX)とは、Binance Smart Chain(BSC)でプレイして稼ぐゲームです。

CyberDragonの背後にあるプロジェクトです。


最初は、BinaryXは分散型デリバティブ取引プロトコルでした。

しかしその後、GameFiセクターのブームに対応するためにその概念を変更しました。

そのため現在は、BinaryXはDeFi要素を備えた古典的なMMORPGであるCyberDragonというメタバースゲームを構築しています。

また、ゲーム内の小道具はNFTです。

そしてプレイヤーはPvEやPvPなどのゲームプレイモードを選択できます。

CyberDragonにはデュアルトークン経済システムがあります。

プレイヤーはゲームをプレイするだけで収入を得ることができます。

つまりPlay to earnです。

このゲームの最終的な目標は、ゲームの究極のボスであるサイバー・ドラゴンを倒すことです。

勝利すると、プレイヤーは賞品としてサイバー・ドラゴンの宝物を受け取ります。

BinaryXは、そのビジョンは、最も独創的なGameFiプロジェクトになり、ブロックチェーンゲームセクターにより多くのイノベーションをもたらすことであると主張しています。


公式ホームページはこちらです。https://www.binaryx.pro/#/

創設者

Binary Xの背後にいる開発者は匿名です。


Binanceとのインタビューにて、国際的なバックグラウンドと多くの上級ブロックチェーン専門家で構築されるチームであることを公開しました。

チームメンバーは、中央集権型・分散型取引所の構築と、1億ドル以上のデリバティブの資産の管理の経験を持っていると考えられています。

特徴

BCG

BinaryXは、ブロックチェーンゲーム(BCG)です。

Binary Xチームは、参入障壁が低く、ボキャブラリーが単純で、ゲームプレイを中心に展開する様々なゲームシナリオを備えたゲームを提供することで、プレイヤーを惹きつけることを目指しています。


また、ゲームによって獲得した仮想通貨を換金できるため、Play to earnとして成り立っています。

キャラクター設定

プレイヤーは、キャラクターを作成し、ゲーム内通貨であるゴールドを消費してレベルアップできます。

プレイヤーは、ダンジョンの冒険や毎日の採掘を完了することで、ゴールドを獲得できます。

キャラクターをレベルアップすると、キャラクターの基本属性は増加しませんが、戦闘力と採掘速度が増加します。

特定のチャレンジとハイレベルなジョブは、ユーザーが相応のレベルに到達した場合にのみロックを解除できます。

プレイヤーが選択できる5つのキャラクタークラスがあります。

戦士・守護者として行動し、最高の強さと体質成長を持っている
・長髪とガードでチームメイトを守る
ローグ・敏捷性が最も高い
・ダメージを回避するのが得意
・チームの装備を盗み、ゴールドを獲得できる
メイジ・敵にデバフを与え、スタッフとローブを装備できる
・シールドやアーマーは使用できない
・魔術師は精神と知性の成長が最も高く、魔法の装備を作成できる
・チームの戦闘能力を向上させることもできる
ナイト・他のチームメンバーにボーナスを与えることができるオーラスキルを持つファイター
・戦闘力は高くないが、オーラスキルが高い
レンジャー・弓で敵を倒し、チームがトラップを回避できるようにする


また、各キャラクターには、属性があります。

強さ・攻撃力
敏捷性・手と目の強調・柔軟性・反応・バランス
・ローグにとって最も重要
体質・健康・需給力
知性・学習・思考
・ヒーローがキャストできる呪文の数に影響を与えるため、メイジにとって最も重要
意志力・怪我や痛みに対する持久力
スピリット・スピリチュアルパワーが高いほど、魔法のダメージが少なくなる

個々の属性セットを組み合わせて、プレイヤーはダンジョンの冒険に出かけます。

そしてモンスターを殺し、ボスに挑戦した結果、宝箱を獲得します。

プレイヤーは、小さなダンジョン(必要なヒーローは1人のみ)または大きなダンジョン(最低2人のヒーロー)で競争し、戦闘報酬を獲得できます。

戦闘に加えて、プレイヤーは毎日の採掘にも参加できます。

BEP-20トークン

BNXは、Binance Smart ChainのBEP-20トークンです。

BNXはCertikによって監査され、セキュリティスコア83を獲得しました。

インタビューにて、BinaryXチームは、MMORPGgーM2不可欠な低コスト・迅速な確認・大きなチェーン帯域幅のため、Binanceスマートチェーンを選択したと主張しています。

Proof of Stake(PoS)

BSCは、Proof of Stake(PoS)コンセンサスメカニズムを通じて保護されます。

トランザクションを検証し、ブロックチェーンセキュリティを維持するために24時間ごとに21人のバリデーターが選出されます。

これらのバリデーターは、資格を得るためにバイナンスで一定量のBNBをステーキングする必要があります。

供給量

BNXの最大供給量は2,100万トークンです。

しかしその他は、BinaryXは、Webサイトでとーケノミクスに関する情報をほとんど公開していません。


ジェネシスマイニングイベント中に取得したトークンは、ロックアップ配当を自動的に受け取ります。

マイニング期間が終了すると、報酬がアンロックされます。


BNXは次のように配布されます。

・33.33%:ジェネシスマイニング報酬

・30%:マーケティング・KP報酬リザーブ

・26.67%:初期BNX/BUSD取引ペアの流動性

・10%:チーム


ただし、権利確定に関する情報は開示されていません。

上場している仮想通貨取引所

上場している仮想通貨取引所は次の通りです。

・Binance

・KuCoin

・Gate.io

・MEXC

・Pancakeswap

・Phemex

。CoinEx

・NovaDAX

・Coinex

投資における将来性

最も気になったのが、創業者が匿名ということ・トーケノミクスに関する情報をほとんど公開していないこと

この2点です。


特にトーケノミクスはユーザーにとって重要になるため、それを公開していないのが大丈夫かなと思いました。

透明性がなく、運営が失敗しても大丈夫な計画になっていて驚きました。

私はこのようなBCGには絶対投資しません。

これではゲームが楽しそうで参入したいユーザーも、構成が不安で参入できないのではないでしょうか。


ユーザーからの信頼が得られない限りは時価総額も大きくなりにくいため、今の時価総額TOP130位くらいが最高値である可能性があります。

仮想通貨・Defi・NFT
スポンサーリンク
\Follow/
スポンサーリンク
\Follow me/
\Follow/
Miories
タイトルとURLをコピーしました