仮想通貨【 Kadena(KDA)とは 】創設者・特徴・供給量・上場している仮想通貨取引所・投資における将来性についても解説

今回は、仮想通貨「Kadena」(KDA)について解説します。

創設者・特徴・供給量・上場している仮想通貨取引所・投資における将来性の順で説明します。

スポンサーリンク

Kadena(KDA)とは

Kadenaは、ビットコインのPoWのコンセンサスアルゴリズムとDAG(詳細→仮想通貨における【 非有向巡回グラフ(DAG)とは 】分かりやすく解説)原理を組み合わせ、ビットコインのスケーラブルバージョンを提供するProof of Workブロックチェーン上の仮想通貨です。

※PoWとは→仮想通貨における【 PoW・PoSの違い 】どちらが良い?

つまり、ビットコインのセキュリティを提供しながら、企業や起業家にも使えるブロックチェーンを実現するスループットを提供しているということです。

Kadenaの特徴的なインフラは、分散型でありマルチチェーンアプローチのため、大量導入のために構築されています。


Kadenaは、グローバルな金融システムをサポートすることができ、必要に応じて拡張することができる産業的スケーラビリティを約束します。

また、スケールアップしてもエネルギー効率を維持し、同じエネルギー入力でより多くのトランザクションを提供しており、これもビットコインとの違いです。

更に、Kadenaは暗号ガソリンスタンドを提供し、企業が顧客のガス料金を支払うことを可能にし、ブロックチェーンをビジネスに採用する際の大規模なペインポイントを取り除くことができるのです。

Kadenaは既にネットワークを10ブロックチェーンから20ブロックチェーンに拡張しており、今後も必要に応じて拡張することが可能です。

今回、Kadenaに最終的に追加されたのは、500のノードで1秒間に最大8,000件の取引をサポートするプライベートKuroレイヤー2ブロックチェーンです。

※レイヤー2とは→仮想通貨における【 レイヤー2とは 】レイヤー1とレイヤー2の違い・メリット・デメリットも含めて解説

Kadenaの創設者

Kadenaは、2017年にStuart Popejoy氏Will Martino氏によって設立されました。

Stuart Popejoy氏は、Kadena設立前にJPモルガンのEmerging Blockchainグループを率いており、金融における取引システムやインフラの構築に15年の経験を持っています。

Will Martino氏は、JOモルガンのブロックチェーンプロトタイプのJunoのリードエンジニアであり、証券取引委員会の暗号通貨運営委員会と定性分析ユニットを率いていました。

また、ブロックチェーン技術の共同発明者であり、ビットコインのホワイトペーパーで最も引用された著者であるスチュアート・ハーバー博士も、Kadena設立における重要な人物でした。

更にKadenaは、Multicoin Capital、Coin Fund、Amino Capitalなど、多くの仮想通貨関連ベンチャーキャピタルから資金調達をしました。

Kadenaの特徴

PoW

Kadenaは、2つの独立した合意形成メカニズムを組み合わせることで、特徴的なスループットを持つパブリックProof of Workブロックチェーンを提供しています。

DAGと組み合わせたProof of Workです。

つまりKadenaはチェーンを編み込むことでこれを実現させています。

具体的には、1つではなく複数(20)の別々のブロックチェーンが同時に、非同期で動作して取引を検証しているのです。

これにより、Kadenaは複数のブロックを同時に生成することができ、スループットを向上さ得ることができるのです。

また、攻撃者がブロックを確認するまでの時間を短縮できるため、セキュリティの向上にも繋がります。

DAG

Kadenaは、1つのPoWブロックチェーンから論理的には無制限に拡張できるように、DAGサイクルグラフ構造を採用しています。

※DAGとは→仮想通貨における【 非有向巡回グラフ(DAG)とは 】分かりやすく解説

しかし、そのDAG構造は固定でマルチチャンネルのため、Kadenaブロックチェーンはランダムに取引を確認するのではなく、3つのピアチェーンとしか通信しないことを意味しています。

そのため、実世界のパフォーマンスとスケーラビリティを向上させています。


Kadenaは、ユーザーのニーズに応じて拡張することができます。

しかし、スケーリングしてブロックチェーンを追加するには、ネットワークにハードフォークをする必要があるため、主な制限は採用です。

※ハードフォークとは→仮想通貨における【 ハードフォークとは 】ソフトフォークとの違いについても解説


理論的には、Kadenaは50や100のブロックチェーンにスケールすることができ、継続的な採用を実証すれば、それ以上にもスケールすることができます。

しかし、このプロセスは自動的なものではありません。

ネットワークが混雑すると手数料が上昇し、DAOを形成するマイナーにとってはネットワークをより大きなサイズに再構成するために協力する動機付けが与えられます。

Pact言語

Kadenaのスマートコントラクトの言語は「Pact」です。

強力なセキュリティ機能を備えたブロックチェーンのために特別に作られた、人間が読めるチューリングインコンプリート言語です。

Kadenaの供給量

KDNはブロックチェーンのネイティブトークンです。

総供給量は10億KADENAです。

これはガス代や新しいブロックを生成するマイナーの報酬として使用されます。


最初のプライベート・トークン・セールは2018年で、450万KDNで225万ドルを調達しました。

2回目のラウンドでは、1720万KDNで1290万ドルを調達しました。


KDAの分配は以下の通りです。

マイニング:100年以上かけて7億相当の供給

プラットフォームシェア:9年間で2億ドル

投資家・戦略的予備軍・貢献者:9000万ドル

・発売時にバーン」1,000万トークン


トークンの供給スケジュールは、時間とともに徐々に減少していきます。

KDAの上場している仮想通貨取引所

KDAの上場している仮想通貨取引所は下記です。

・Binance

・OKEx

・Mandala Exchange

・KuCoin

・Gate.io

投資における将来性・まとめ

Kadenaは、ビットコインを上回るPoWの特徴を持っています。

そのため使いやすいブロックチェーンになっています。


しかしこれだけだと競合が多すぎるため、もっと他にも特徴があると優位性が出てきますね。

そしてPoWは環境的に問題視された時に価格が伸びにくくなってしまうリスクもあります。

仮想通貨・Defi・NFT
スポンサーリンク
\Follow/
スポンサーリンク
\Follow me/
\Follow/
Miories
タイトルとURLをコピーしました