仮想通貨【 Internet Computerとは 】創設者・歴史・DEFINITY財団・特徴・役割・投資における将来性まで解説

今回は、仮想通貨「Internet Computer」について解説します。

Internet COmputerとは・創設者・歴史・DEFINITY財団・特徴・役割・投資における将来性の順で説明します。

スポンサーリンク

Internet Computerとは

Internet Computerは、無制限の容量でウェブ速度で動作する世界初のブロックチェーンです。

スマートコントラクト(詳細→【 スマートコントラクトとは 】Defi)の計算能力とデータを拡張し、それらをウェブ速度で実行し、データを効率的に処理して保存します。

トークンは「ICP」です。

開発者に強力なソフトウェアフレームワークを提供するブロックチェーンコンピューターです。

Internet Computerは、トークン化されたインターネットサービスや様々な分野にわたる産業プラットフォーム・分散型金融システム・従来のエンタープライズシステム・ウェブサイトを構築するための革新的な新しい方法を提供しています。


Internet Computerの公式ホームページはこちらです。

DFINITY Foundation | Internet Computer
The Internet Computer is the world’s first blockchain that runs at web speed and serves content on the web, with unbounded capacity.

Interner Computerの創設者

DIFINITYの創設者兼チーフサイエンティストはDominic Wiliams氏です。

キングス・カレッジ・ロンドンのコンピュータ科学部を主席卒業しました。

Dominic Wiliams氏は、仮想通貨の理論化であり、閾値リレー・確率的スロットコンセンサス・その他の新しい仮想通貨に案する技術に係る知りアントレプレナーです。

また、ビットコイン・イーサリアムの技術コミュニティの初期メンバーでもありました。

String Labsの旧社長兼CTOであり、ベンチャーに後ろ盾された仮想通貨プロジェクトのインキュベーターでもあります。

Mirror LabsでのDefiの初期パイオニアであり、何百万人ものユーザーに広まった子供向けMMOゲーム「Fight My Monster」の創設者兼最高責任者(CEO)を務めました。

また、System7・Aiedocs・Smartdrivezなど複数のスタートアップ企業を設立しています。

Internet Compurterの歴史

このプロジェクトは2016年にDominic Williams氏によって設立されました。

DEFINITY(後述します)は、Andreessen Hotowitz氏・Polychain Capital社・SV Angel社・Aspect Ventures社・Electric Capital社・ZeroEx社・Scalar Capital社・Mlticoin Capital社の他に、イーサリアム初期支持者数名から、総額1億2100万ドルを調達しました。

2018年に5万人以上の登録参加者がエアドロップでICPユーティリティトークンを受け取りました。

2020年にDFINITYはInternet Computerのアルファメインネットをローンチしました。

2021年には地方分権化に向けた最終段階でInternet Compurterをパブリックドメインにローンチしました。

これにより、全てのソースコードがパブリックドメインにリリースされ、数万人のコミュニティメンバーがICPユーティリティトークンを通してInterner Computerネットワークを管理できるようになりました。

これは、インターネット自体が分散型グローバルコンピュータとして機能しているということです。

DEFINITY財団とは

Internet Computerは、スイスのチューリッヒに本拠地を置く非営利科学研究組織の「DFINITY財団」によって立ち上げられました。

DEFINITY財団は2021年5月にオープンした後、Internet Computerネットワークの改善と維持に取り組んでいる多くの組織の1つとして活動を開始しています。

世界トップクラスの暗号資産学者及び分散型システム・プログラミング言語の専門家で構成され、併せて10マン近くの学術引用と200の特許を保有しています。

DEFINITYの注目すべき技術者は次の通りです。

・Jan Camenisch博士(研究担当副社長)

・世界的に有名な仮想通貨兼プライバシー研究者

・IBMの仮想通貨研究部門を19年間導くAndreas Rossberg博士(主任エンジニア及び研究者)

・WebAssemblyの共同作成社

・Google Chrome V8エンジンの元チームリーダー Ben Lynn博士(シニアスタッフエンジニア及び研究者)

・世界的に有名な仮想通貨学者兼Googleエンジニア

・イーサリアム2.0で使用されているボネ・リン・シャチャム著名の名前にもなっているJens Groth博士(主任研究員)

・非インタラクティブなゼロ知識証明の先駆者として知られる世界的に有名な仮想通貨学者

・Timo Hanke博士(主任研究員)

・数少ないビットコインマイニングのための実績ある最適化アルゴリズムの1つであるAsic Boostの生みの親Paul Liu博士(スタッフエンジニア)

・Intel社のHaskellコンパイラを設計し、HaskellキーデザイナーであるPaul Hudak氏の下で博士号を取得したJogan Greg Granstrom博士(エンジニアリングディレクター)

・元Googleのシニアスタッフソフトウェアエンジニアで、Youtubenoシステムインフラストラクチャのスケーリングガン当社


この他にも多くの方々が携わっています。

Internet Computerの特徴

インターネットの拡張

Internet Computerの目的は、世界のコンピューティングプラットフォームとなれるよう、パブリックインターネットを拡張することです。

インターネットは誰でも接続できるネットワークですが、システムやサービス自体は民間のインフラストラクチャから提供されています。

Internet Computerの後ろ盾となっている化学的なブレークスルーは、新しいコンセンサス・非対話型分散キー生成(N I-DKG)・ネットワーク神経系・(NNS)・インターネットアイデンティティなどの高度な技術を漏らするチェーンキーテクノロジーです。

単一の公開鍵

チェーンキーテクノロジーは、Internet Computerを構成するノードを統合させる暗号化Protocolのセットからできています。

これは、Internet Computerの基本的なブレークスルーの1つであり、単一の公開鍵を持つことを可能にします。

これは、スマートウォッチや携帯電話を含むあらゆるデバイスがInternet Computerからのアーティファクトの信頼性を検証できるというメリットがあります。

対照的に、従来のブロックチェーンではこれはできません。

単一の公開鍵だけではなく、チェーンキー技術はInternet Computerを駆動し、その操作を可能にするエンジンでもあります。

そのためネットワークを拡張するために新しいノードを追加してサブネットを形成することができます。

また、障害のあるノードやクラッシュしたノードを停止することなく新しいノードに置き換えること・内部のノードが停止してもサブネットを復活させること・ネットワークがバグを主星して新機能を追加できるようInternet Computerプロトコルをシームレスにアップグレードすることもできます。

DFINITYのR &Dチームは、新しい非対話型キー再共有プロトコルを考案しました。

古い著名者はそれぞれ、新しい著名者に単一のメッセージを配信するだけで済みます。

これを安全に実行するためには、前方秘匿性を備えた暗号化や非対話型ゼロ知識証明など、多くの高度な暗号化概念が活用されています。

非対話型であるため、キー再共有プロトコルの動作方法は非同期環境に最適であり、その利点にはキーの保存も含まれます。

サブネットの存続期間中、サブネットは単一の公開鍵によって認識され、Internet Computer上の他の当事者は公開鍵の変更を追跡する必要に迫られません。

ノードの稼働

2021年ジェネシスでは、北米・ヨーロッパ・アジアにまたがる48の独立したデータセンターによってInternet Computerが1300のノードを動かしています。

ネットワークは、次世代のメガDAppsをサポートするためにこれからも指数関数的に成長し続けます。

123箇所のデータセンターが年末までに予定されている4,300のノードを実行し、最終的には数千ものデータセンターが数百万ノードを稼働させ、数十年規模でオープンインターネットからの逸脱をします。

重要なことは、誰でもノードプロバイダになることができるということです。

興味のある参加者はネットワーク神経系(NNS)にデータセンターID(DCID)を申請し、特殊なマシンノードを調達した後、ICPプロトコルをインストールし、Internet Computerネットワークに接続することができるようになります。

Internet Computerの速度

チェーンキー技術と呼ばれる科学的なブレークスルーにより、Internet Computerはウェブ速度で実行できます。

ミリ秒単位で実行され、アップデートの完了には1〜2秒かかります。

更にGenesisでは、Internet Computerのブロックレートが2.5ブロック/秒(bps)になり、いずれは業界をリードする10.3bps、1,000bpsに増加していきます。

Internet Computer上で実行されているオープンバージョンRedditの場合、ユーザーがフォーラムを閲覧するとミリ秒単位で実行される近くのノードからクエリ呼び出しによってホストされたコンテンツが、カスタマイズされた閲覧でユーザーのWebブラウザに表示されます。

これは画期的なユーザーエクスペリエンスです。

しかし、ユーザーが投稿を作成したり、投稿の作成者にトークンのチップを提供する場合、これにはアップデート呼び出しが含まれ、1〜2秒かかります。


このように、速度が非常に速いということが分かります。

ICPトークンの役割

ICPは、ネットワークで次の3つの主要な役割を果たすネイティブユーティリティトークン(→仮想通貨における【 ユーティリティトークンとは 】分かりやすく解説)です。

そのICPの役割をまとめると下記です。

役割内容
ネットワークガバナンスの促進ICPトークンは、ネットワークガバナンスに参加するのに必要なニューロンを作成するため、ロックが可能です。
これを通して経済的報酬を得ることができます。
計算用のCycle(サイクル)の生産ICPは、Cycleに変換できる価値の貯蔵を可能にします。
使用時に燃料のように消費され、計算を可能とします。
NNSは、ICPを可変レートでCycleに変換するため、ほぼ一定のコストで新しいCycleを作成できるよう選択されています。
これでネットワークユーザーは常に燃料の取得コストを予測できます。
参加者へのインセンティブネットワークが問題なく機能するよう、背後にいる重要な役割を担っている人々に、新しいICPを生産し報酬を与えます。
報酬は次の通りです。
①ガバナンスに参加している人々への投票権の提供
②ネットワークをホストしているノードマシンの操作者にネットワークへの投票権の提供

Cycleは燃料のように計算をする際に消費されます。
時間の経過とともに自然に値が変化するICPとは異なり、その値は長期的に一定です。
更にCycleは国際通貨基金によって定義された倫理通貨単位であるSDRに紐付けされ、ICPの1SDR相当をちょうど1兆Cycleに変換して計算をすることができます。
ネットワークガバナンスの促進ニューロンは、ネットワークガバナンスに参加するのに必要なICPユーティリティトークンの残高の一部をロックします。
これを通して保有者は投票権を得ることができます。

投資における将来性・まとめ

ICPに関しては、技術的な専門知識もかなり多く、コンピューター自体のシステムにも詳しくないと理解は難しいなと感じました。

私はコンピューターに詳しくなく、むしろ機械音痴のため正直深く理解することができませんでした。

そのため、技術者さんやコンピューターにかなり詳しいかたであれば詳細のワードも理解することができるでしょう。

結果、ICPのシステムが素晴らしいかどうかは私には判断できなかったため優位性を捉えることができませんでした。

現代も今後もインターネットの需要は増大するため、時代的には非常にマッチしていますね。

投資では自分の得意な分野に特化した方が利益が出るため、コンピューターに詳しい人々は良いと思えば投資するのもアリかもしれませんね。

私のように専門ワードをあまり理解できないかたは投資を控える方が良いと考えます。

仮想通貨・Defi・NFT
スポンサーリンク
\Follow/
スポンサーリンク
\Follow me/
\Follow/
Miories
タイトルとURLをコピーしました