仮想通貨【 Celo(CELO)とは 】創立者・特徴・供給量・上場している仮想通貨取引所・投資における将来性についても解説

今回は、仮想通貨「Celo」(CELO)について解説します。

Celoとは・創立者・特徴・供給量・上場している仮想通貨取引所・投資における将来性の順で説明します。

スポンサーリンク

Celo(CELO)とは

Celoは、ブロックチェーンエコシステムで、スマートフォンユーザーの間で仮想通貨の仕様を普及させることを目指している仮想通貨です。

電話番号をパブリックキーとして使用することにより、Celoは銀行へのアクセスがない人を含む世界の数十億のスマートフォン所有者に仮想通貨を広めようとしています。

このネットワークは、分散型金融(Defi)の一環として、スマートコントラクト(詳細→【 スマートコントラクトとは 】Defi)と分散型アプリケーション(DApps)の作成を可能にします。

メインネットは2020年4月にローンチされました。


プラットフォームには2つのネイティブトークンがあります。

CELOは、取引手数料・ガバナンス参加等の関連活動に使用されるPoSトークンです。

将来的には、プラットフォームは、既に使用されているCelo Doller(SUSD)を含みさまざまなステーブルコインをホストすることを目指しています。


Celoの公式ホームページはこちらです。

Celo: Mobile-First DeFi Platform for Fast, Secure, and Stable Digital Payments
Celo is global payments infrastructure that makes financial tools accessible to anyone with a mobile phone

Celoの創立者

Celoは2017年にRene Reinsberg氏によって設立されました。

Reinsberg氏は、以前はウェブホスティング企業であるGoDaddy社で数年間勤務していました。

同社は、公的及び民間部門・テック業界・非営利団体・NGOなどの多様な分野からの経験を持つ社員を採用しています。

発足以来Celoは、チームを拡大し企業として成長の一途をたどりました。

Celoの宣伝には別々の団体が関わっています。

Celo財団は、メインネットと共に立ち上げられた非営利団体ですが、Celo Alloance for Prosperityは「ミッションを共にする組織の集まり」として知られています。

Celoの特徴

スマートフォンユーザーがターゲット

Celoの主な特徴は、スマートフォンユーザーに焦点を当てている点です。

スマートフォン所有者の数が指数関数的に増加している反面、仮想通貨を使用する人の数は遥かに遅いペースで増加しています。

仮想通貨は、スマートフォンを所有していても、銀行へのアクセスがない地域の人口に適しています。

Celoが目指しているのは2つの技術の隙間を埋めることです。

DAppsとスマートコントラクトの作成をサポートすることにより、Defiの利点を活用しています。

モバイル向けに最適化されたCeloブロックチェーンは、取引手数料を自動的に計算し、ユーザーが任意の通貨でガス代を支払うことを可能にしています。

PoS

Celoは安全性を維持するためにProof of Stake(PoS)を採用しています。

※PoSとは→仮想通貨における【 PoW・PoSの違い 】どちらが良い?

ブロックチェーンのバリデータを決定するための複雑な投票プロセスが備わっています。

CELO保有者は、バリデータのグループに投票数rことにより選挙に参加可能になります。

そのためにCELOを使用することもできます。

CELOの供給量

CELOとCUSDをCeloプラットフォーム内で補足的な機能を果たします。

CELOは10億(1,000,000,000)トークンを発行上限としています。

供給量の最後の40%は手数料や報酬として徐々に発行されます。

初期投資家がトークンを受け取った方法に応じて発行のスケジュールが調整され得ています。

そして既に8割以上市場に流動しています。


更に、最大1億2000万Celoは、CUSDの妥当性と価格安全性を維持sルウために設計された金庫へと送られます。

ステーブルコインとしてのCUSDは、保有価値の変動を心配する必要がないため、Celoユーザーにとって便利な支払い方法として想定されています。

Celoの上場している仮想通貨取引所

CELOは、下記の仮想通貨取引所に上場しています。

・Coinbase Pro

・Bittrex

投資における将来性・まとめ

スマートフォンユーザーにターゲットを当てています。

そのためモバイル向けに最適化されたCeloブロックチェーンは、取引手数料を自動的に計算し、ユーザーが任意の通貨でガス代を支払うことを可能にしています。

これが特徴です。

しかしこれはどの仮想通貨でもスマートフォン対応にできるのではないか・・・とも思いましたが、私はこのブロックチェーンの細部まですべて理解することはできないため他の仮想通貨ではできないのかもしれません。

もしも他の仮想通貨がスマートフォン対応ができなかったら相当な優位性になります。

しかし他の仮想通貨でも可能なのであれば特徴にはなり得ません。


このシステムを細部まで理解できて、優位性を感じることができる人は投資しても良いかもしれませんね。

仮想通貨・Defi・NFT
スポンサーリンク
\Follow/
スポンサーリンク
\Follow me/
\Follow/
Miories
タイトルとURLをコピーしました