メタバースBCG【 Mega Crypto Polisとは 】特徴・投資における将来性につても解説

今回は、「Mega Crypto Polis」について解説します。

Mega Cosply Polisとは・詳細・特徴・投資における将来性、の順で説明します。

スポンサーリンク

Mega Crypto Polisとは

Mega Crypto Polisとは、複数のブロックチェーン上の分散型都市ビルダー戦略ゲームのDApps(分散型アプリケーション)です。

ゲーム内の全てのアクションは、プレイヤーによって著名され、スマートコントラクトによって実行されるトランザクションです。


画期的なオンラインマルチプレイヤー戦略ゲームです。

世界中のプレイヤーがこれまでにないユニークなメガシティを共同で構築できるようにします。


公式ホームページはこちらです。

MegaCryptoPolis 3D - Decentralized City Builder dApp Game - DeFi Powered $MEGA Token - Collectible NFTs

詳細

Mega Crypto Polisの全てのアセットは、プレイヤーのウォレットに保存されているERC-721トークンです。

ゲームロジックは完全にスマートコントラクトで実行され、全てのアクションがブロックチェーン上で検証済みのトランザクションをレンダリングします。

Mega Crypto Polisは分散型モデルに基づいており、ゲーム内の全てのトランザクションはスマートコントラクトによって検証されます。

そして全てのプレイヤーのアクティビティはイーサリアムブロックチェーン内に保存されます。


Mega Crypto Polis 3Dを使用すると、プレイヤーは建物を借りたり、他の建物に必要な材料を作成したり、新世代の市民を作成したり、他のプレイヤーにサービスを提供したり、広告を掲載したり、車を運転したりできます。


2019年に導入された新しいミクロ経済学の概念には、全ての建物タイプに対応する一連の新しい機能が含まれています。

・住宅用建物は、他の建物での運用を維持するために必要な市民トークンを生成する

・オフィスは市民にITHを稼ぐための仕事を与える

・商業ビルは、市民がスタミナを回復し、少額のETHで外観を変更できるようにすることに役立つ

・市町村の建物は、地区で自然災害が発生した場合に保険金を受け取れる

・インダストリアルは、新しい建物を建設するために必要な基本的な材料を生産する

・生産ビルは、アップグレードに必要な複雑な材料を作れる

・資源スポットの近くに建設されたエネルギーの建物は、他の建物が稼働するために必要な電気と水を生成する

特徴

エーテルを獲得できる

地区の所有者は、地区のプレイヤーが使用したエーテルの一部を獲得できます。

エーテルの量は、地区に課す税金によって異なります。

価格がハードコートされている

土地ブロックを購入すると、スマートコントラクトによって保証されているように、7×7エリア内の最も近い区画の価格が自動的に上昇するように設計されています。

アセット

建物の建設と運営には資源が必要です。

それらを作成し、他のプレイヤーに転売できます。

車や電化製品を使用して、パフォーマンスを向上させます。

取引可能

全てのゲームのアセット(資産)は、具体的な価値を与えるゲーム経済に影響を与える可能性があります。

ERC-721トークンであるため、自由に譲渡または取引することができます。

市民とペットの管理

Mega Crypto Polisの建物で市民が働くように任命します。

それらをペットと組み合わせて結果を高めます。

新しいジェネレーションシティズントークンを作成します。

近くで売られたプロットから報酬を受け取れる

誰かがあなたの土地区画の周りの7×7のエリアでブロックを購入するたびに、あなたは料金を受け取れます。

ロードマップ

これまでに済んでいるものも含めると、ロードマップは下の通りです。

時期内容
2018年・分散型都市ビルダー戦略ゲームのコンセプトは、最初のホワイトブックで説明された
・MCPローンチ(第1地区がオープンシ、初期の土地区画の予約と地区オークションは、この段階では利用可能な建物ではない)
・構築開始(影響ポイントを生成するために建物を建設及びアップグレードし、統合された市場で土地区画の取引)
2019年・MCPレポート(Dapps Readarと協力して公開された最初のマクロ経済運用結果に関する詳細レポート)
・MCP3Dデモ(地方分権化された都市のための3Dエンジンの初期デモンストレーションにて、MCP3Dバウンティキャンペーン開始)
・MCP3Dパック(ミクロ経済学の立ち上げのためにゲームアセットパックを予約し、究極のA世代宇宙飛行士市民を明らかにした機会)
・運転モード(タクシーや車の助けを借りて、分散型の街の通りを探索)
・チュートリアル(地方分権化された都市で初めて最初の一歩を踏み出す方法に関するインタラクティブガイド)
・MCP3Dアルファ(MCP3Dのフル機能のミクロ経済学を無料で試すことができる無料プレイモードで、その後ベータ版とガンマ版が続く)
・ミクロ経済学(MCP3Dは、建物でのトークンの生成を可能にする既存のゲームプレイの上に構築された新しいエコノミーレイヤーで起動)
2020年・TRONローンチ(一連の新しい土地区画と地区の開口部を備えたTRONネットワーク上の分散型とし拡張)
※TRONとは→仮想通貨【 TRONとは 】DPoSの特徴を踏まえて分かりやすく解説
・MCPタイムズ(MCP3Dで発生する最も重要なイベントの概要を説明する、毎日のダイジェスト形式の強力な分析ツール)
・ランドマーク(地区内の建物のタイプごとに最適な場所を定義するか、POIを使用して同じタイプの建物に権限を与える)
・MCPがDefiに移行(分散型年がリソースを流動化し、プールやDEXで取引できるようにするための代替可能なトークンを紹介)
・レイヤー2(イーサリアム・TRONマップ用のPolygonに基づくスケーラビリティソリューションにより料金が不要になり、トランザクションが即座に実行される)
2021年・ワールドデモ(メインタワーロビー・素晴らしい街のパラのまとカスタムインテリアのNFTプレゼンテーションを備えた市長のオフィスを備えている)
・ストアフロントNFT(ワールドでもでオークションにかけられる最も象徴的なワールドNFTは、メインタワーロービーのカスタムインテリアを可能にする)
・公共交通機関(今後のメタバースのために公共交通機関の地図を作成)
・メガワールドイントロ(通りを歩く・建物に入る・フェローシップタワーとペントハウス43をフィーチャー・公共交通機関の地図)
2022年
第二四半期
・アバター確認(あなたの市民がワールドメタバースのアバターとしてどのように見えるかを確認)
・MCP3Dの進化(建物の維持・再設計された地方債・強力な自然災害・ボールとが閉じる・建物の保護には$MEGSが必要)
・メガワールドツアー(マルチプレイヤー・アバターとしての実在の市民・カスタム衣装・カメラボード・建物を回転)
2022年
第3四半期
・$MEGAガバナンス(新しいチェーンの立ち上げに備えて、メガワールドエコシステム内の交換手段として$MEGAを転用)
・住宅V2(特性を持つ市民のための新しい繁殖計画とSpercial及びSuper市民のためのチャンス)
2022年
第4四半期
・メガワールドアルファ(市民のためのミッション・適用される超市民及び特別市民の特性・ミクロ経済学のため一連の調整・オンボーディングチュートリアル)
・大学(新しいプレイヤーがメガワールドを始め、奨学金プログラムを通じてアバターとして市民を管理できるよう支援)
その後・ビルダー(カスタムビルコンストラクタ・建築プロジェクトカタログ・他のプレイヤーが作成したプロジェクトを発見)
・モバイルアプリ(専用のモバイルアプリケーションを使用して、スマートフォンで分散型としの資産を管理)

投資における将来性

メタバースはメタバースでも、ゲームですね。

BCGには様々な種類がありますが(詳細→【 稼げるNFTゲーム全種類(19種類) 】それぞれの特徴・稼ぎ方・始め方)、メタバースに重点を置いているBCGはあまりないため(アクシーもメタバースに展開すると述べてるが1年以上経っても完成できていない)、この点は優位となるでしょう。

しかし今後メタバースBCGの競合が出てきてしまうと、厳しい戦いになるかもしれません。

そのためメガクリプトポリスでなければならない理由が強固にできると強いですね。

仮想通貨・Defi・NFT
スポンサーリンク
\Follow/
スポンサーリンク
\Follow me/
\Follow/
Miories
タイトルとURLをコピーしました