メタバース【 DecentralandとThe Sandbox、どちらの方が優位性がある? 】特徴・違いまで解説

今回は、メタバース系の仮想通貨のトップは、「Decentraland」と「The Sandbox」です。

時価総額とユーザーがトップということです。


しかし実際は、どう違うのか、どちらが良いのか、疑問に思うことでしょう。


結論的には個人によって意見が分かれます。(Decentraland派とThe Sandbox派にキッパリ分かれます。)

つまり結論は個人によって見解が分かれるのです。

そのため、全ての情報を踏まえて判断しましょう。

スポンサーリンク

Decentralandの特徴

ディセントラランドの詳細はこちらです。→仮想通貨【 Decentralandとは 】特徴・今後・投資における将来性についても解説


Decentralandの最大の特徴は、VRプラットフォームDAOです。

既にDecentralandの方向性の決定がDAOのガバナンス投票によって決められています。

つまり、完全自律分散が成り立っているということです。


これは、Meta(メタプラットフォームズ:旧Facebook)との最大の違いであり、このDAOの成立に優位性があるのです。

投票により方向性が決定され、ここまで自律分散が成立しちえるコミュニティはまだ少ないです。

そのため非常に貴重です。

The Sandboxの特徴

ザ・サンドボックスの詳細はこちらです。→仮想通貨【 The Sandboxとは 】特徴・投資における将来性についても解説


The Sandboxの最大の特徴は、ゲーム性に特化しているということです。

マイクラのように視覚的にカクカクしているところも特徴です。

そのため、ランド上を歩いていても、ジャンプして登る場所があったりと、Decentralandよりは土地が複雑になっていました。

そのためややゲーム初心者には進みづらいのかなとも思いました。


しかし体感ですが、深夜のユーザーはThe Sandboxの方がいつも多いように感じました。

発展のためか、The Sandboxの方がサーバーが重かったです。

違いを表でまとめ

DecentralandThe Sandbox
トークン総発行量21億9491万6827MANA30億SAND
特徴VRプラットフォーム・DAOゲームに特化
サーバーやや重いかなり重い
LANDの個別区画90,601区画166,464区画
DAODAOが成立しているDAOを目指している

このように、違いはこれくらいしかありません。

逆に共通点は多いです。

収益化させている・土地の売買可能・アバターの着せ替え可能・博物館などがあるが挙げられます。


ざっとまとめると上記ですが、今後発展により更に相違点や共通点が増加していくことでしょう。

随時情報を追っていきましょう。

まとめ

個人的には、視覚的にDecentralandの方が好みでした。

また、The Sandboxがゲーム性がありジャンプなどが必要で、迷子になったり穴から抜け出せないこともありましたが、これは慣れによって解決されるのかもしれません。

ゲームに不慣れだったり初心者だったりすると、Decentralandの方が馴染みやすいかもしれません。


しかしカクカクの視覚だからメタバース上で発展させやすいのかもしれません。

しかしサーバー的には、The Sandboxの方が重かったです。


実際に情報を調べた上で、自身も両方のメタバースに足を運んでみるとより違いが分かりやすいと思います。


しかし仮想通貨の業界は、アップデートや実装などの最新情報により一気に優位性がコロッと変わる世界です。

情報を追い続けましょう。

追記

新たに、「Everdome」という、現実世界とつなげた3Dのメタバースも開発されています。

そして現実世界と繋がっているメタバースはエバードームの特徴です。

仮想通貨【 Everdome(DOME)とは 】創設者・特徴・供給量・上場している仮想通貨・投資における将来性についても解説


競合が次々と現れているため、よく情報を精査していきましょう。

仮想通貨・Defi・NFT
スポンサーリンク
\Follow/
スポンサーリンク
\Follow me/
\Follow/
Miories
タイトルとURLをコピーしました