【 ESGとSDGsとは 】違いまで解説

スポンサーリンク

ESGとは

ESGとは、環境・社会・企業当時に配慮している企業を重視・選別した対象への投資です。

ESG評価の高い企業は、事業の会社意義や成長の持続性等の優れた企業特性を持ちます。


ESGは日財務の情報であり、企業へ投資する際に活用され、より優れた経営をしている企業という評価がされます。

これまでは、企業価値は業績や財務状況の分析が主でした。

しかし現在は、企業の安定的・長期的な成長のためには、環境・社会問題への取り組みが必須となってきており、ESG投資が世界的に推奨されています。

財務状況ではみえない将来の企業価値を見出すために、ESGの重要性が高まっています。

ESGの3つの観点

ESGの評価の観点は3つあります。

その3つとは、環境(E)社会(S)ガバナンス(G)です。

それぞれ説明します。

環境(E)

二酸化炭素(CO2)排出量の割く・廃水による水質汚染の改善・海洋中マイクロプラスチック等の環境問題解決策のことです。

その他には、再生可能エネルギーの使用生物多様性の確保等の利用再生があります。

社会(S)

適正な労働条件・男女平等・人権・ダイバーシティ・ワークライフバランス・児童労働問題・地域社会への貢献があります。

ガバナンス(G)

業績悪化になる不祥事のリスク回避・リスク管理のための情報開示・法令順守があります。

資本効率に対する意識の高さもあります。

SDGsとは

SDGsとは、持続可能な開発目標のことです。

SDGsは「Sutainable Development Goals」の略称です。

2015年9月の国連サミットで採択されました。

2030年前に時置く可能で良い世界を目指す国際目標で、環境・社会・経済の3側面からとらえられる17のゴールと169のターゲットで構成されています。

SDGsは、全ての国が取り組む目標となっています。

各国政府の取り組みだけでは達成困難のため、民間企業・地方自治体等全ての機関や人の行動変容が求められています。

ESGとSDGSの違い

ESGとSDGsの違いを表でまとめました。

ESGSDGs
対象国連・各国政府民間企業・投資家
3つのテーマ環境・社会・企業統治環境・社会・経済
規模全世界と全世界の人々全企業

まとめ

近年では、環境問題の深刻化から、環境に関する方針が発展して生きています。

例えば、環境スチュワードシップ(詳細→【 環境スチュワードシップとは 】分かりやすく解説)などもその一部ですね。


全ての企業と全ての人々が環境を大切に、持続可能性について考えて行動できたら世界は良い方に変わっていきますね。

https://accounts.binance.info/ja/register?ref=TT7DEOPV
投資マインド
スポンサーリンク
\Follow/
スポンサーリンク
\Follow me/
\Follow/
Miories
タイトルとURLをコピーしました