【 発想と脳のメカニズム 】サヴァン症候群・病気・覚醒剤との関連/歴史上の人物を例に説明

創造性は、人とは違うものを生み出すということです。

つまり狂気と天才は紙一重なのです。

優れた創造性は狂気に似ていると考えられています。

脳の一部に障害が起こると、創造性の発揮にも障害が起こります。

スポンサーリンク

サヴァン症候群

精神遅遅滞や自閉症のような障害を持つ人の中には、芸術の分野などで優れた能力を発揮する「サヴァン症候群」の人がいます。

これは例えば、一度聞いたピアノ曲の場合は何曲であっても完璧に演奏することができるなどです。

その他にも、幼少期から遠近法のある絵を描けるなどがあります。

また、計算・記憶・直感像が秀でている場合もあります。


しかし、言語能力が身につくとともに芸術性が低下するという結果も出ています。

そのため、未発達な言語・社会性の欠如などの弱点が、特殊な能力を発揮させることに影響している可能性があります。


ただし、サヴァンの能力は非常に限られた狭い領域でしか発揮されないということも事実です。

具体的には下記です。

音楽の才能があっても楽器がピアノに限られていたり、作曲は苦手であったりするということです。

そのため、精神障害は優れた作品を生み出すこともあるのですが、精神障害自体が創造性を生み出しているとは言い切れません

病気と創造性の関連

統合失調症と創造性の関連

偉大な業績をあげた人物が統合失調症であることはほとんどありません。

しかし、偉大な業績をあげた人物の多くは明らかに統合失調症人格であり、近親者が統合失調症そのものに罹患していると、デイヴィッド・ホロン氏は報告書で述べました。

大統領・国際的に著名な鉄悪者・文学者・天文学者・化学者・医師などの、重要な発見は発展に関わった多くの重要人物の家計が全て、家族を病院に送っていたとの記述があります。


創造性と統合失調症の関係はあると考えられていますが、断定まではできないという状態です。

そのため、統合失調症が人とは異なる発想を生むことがあるとしても、奇妙だけで完結してしまうことが多く、感動を呼び起こすことはほとんどないとされています。

躁鬱病と創造性の関連

世界的に有名な化学者の18%、芸術家の38%、作家の46%において何らかの精神障害が見られることが発見されました。

しかし、実施あの精神病そのものは全体の1.7%と低いという結果が出ています。

中でも、統合失調症はあまり見られず、躁鬱病などの気分障害が多かったのです。


著名な作家30人にデータを取ったところ、統合失調症はいなかったが、躁鬱病やうつ病などの気分障害の経歴をもつ人が多く、縁者にもその割合が高いということが明らかになりました。

ただし、躁状態でもうつ状態でも気分障害の時期には創造性の発揮は困難とされていたため、気分障害そのものが直接創造性を生み出すというかどうかは定かではありません。

そのため、症状が出ているときは創造性は発揮されませんが、創造性のある人々が気分障害を患ったことがあるという例が多いため、気分障害と創造性は関連していると考えられています。

てんかんと創造性の関連

転換も創造性とむ過ぎつけて考えられてきました。

ドストエフスキーもゴッホも、画家は転換患者が多かったと分かっています。

また、転換発作の後に絵や文章を描きたくて仕方がなある症状があると述べています。

頭部を頭蓋骨の外側から時期刺激して、脳の特定部位の活動をますという研究方法があります。

この刺激を側頭葉に当てたところ、詩神の訪れというような感覚を引き出したという研究結果が出ています。

側頭葉てんかんは、側頭葉を刺激することにより、創造的活動を促している可能性が考えられます。

覚醒剤と創造性の関連

マリファナの吸引・LSD・メスrカリンなどの覚醒剤の接種が、創造性を促進するのではないかと考えられたこともあります。

芸術家が薬物や瞑想などを試みた結果、実際に幻覚剤接種後のめくるめく幻覚が絵画として残されたり、研ぎ澄まされたとされる感覚で受け取ったものが音楽に残された利子ました。

しかし、そこで見られるイメージは類似性多く、薬物が大きな創造性を産むというわけではないと考えられています。

学問・芸術の領域でも、このような薬物や瞑想により歴史に残るほど創造的なものができたという例はあまりありません。


そのため薬物を用いると、自分は創造的な仕事ができている気分が味わえるだけという見方もあります。

歴史上の人物

アインシュタイン

アインシュタインは、創造性が並外れて優れています。

しかし、難読症(読書が困難)・失計算症(計算が困難)がありました。


アインシュタインの脳は死後に取り出され、観察されました。

その結果、アインシュタインの脳は次のことが明らかになりました。

・平均より随分小さかった

・外側溝(前頭葉・側頭葉の間にある溝)が本来の場所にない

・右頭頂葉が大きい

・皮質は薄いものの神経密度が大きい

・ダリア細胞(神経細胞の栄養・代謝を支える細胞)が多い


難読症・失計算症により、右頭頂葉が通常と異なっている可能性があると指摘されています。

また、脳重が少なかったのは、単に老化に伴う脳の萎縮を反映しているだけという指摘もされています。

ダーウィン

ダーウィンも、並外れた創造性を持っています。

しかし、学習障害児と判断されていました。

ゴッホ

絵画に関して著名です。

しかし、てんかんに罹患していました。

そして、てんかん発作の後に絵や文章を描きたくて仕方がなくなる症状について述べました。

ラヴェル

有名な「ボレロ」という曲をはじめ、優れた作曲家として多くの作品を残してきました。

ボレロの詳細→https://ja.wikipedia.org/wiki/%E3%83%9C%E3%83%AC%E3%83%AD_(%E3%83%A9%E3%83%B4%E3%82%A7%E3%83%AB)

しかし50歳代以降、脳梗塞または脳血管障害による失行(脳の障害により意図した行為が行えなくなる状態)を伴う進行性失語症(言葉を話したり、聞いた話を理解することが困難な状態)になりました。

ボレロは、その病気の進行中にできた作品です。

同じ旋律が何度も繰り返されるボレロは、脳のなんらかの障害がもたらしてている可能性があると言われています。

ただし、高い創造性の表現という見方もされます。


そして、病気の進行が進むにつれて、言葉の障害が顕著になり、曲に関するアイデアがあってもそれに基づいた作品として完成させることができなくなりました。

そのため病気の進行が進むにつれて創造性が失われていきました。

まとめ

関連があるといえるものもあればそう断定できないものもあるという結果でしたね。


気分障害のある芸術家が多かったというデータから、躁鬱病やうつ病の患者様は感受性が豊かだからかで、創造性も高いということが分かりますね。

それか創造性が高いから感受性が豊かで躁鬱病やうつ病になりやすいか、どちらが発端かは定かではないですが、このような研究結果は非常に興味深いですね。


関連記事→【 EQ——こころの知能指数 】絶対に読んでおきたい本

投資マインド
スポンサーリンク
\Follow/
スポンサーリンク
\Follow me/
\Follow/
Miories
タイトルとURLをコピーしました