【 PBRとPER 】計算式まで解説

今回は、株式投資の基本である「PBR」と「PER」について説明していきます。


スポンサーリンク

PBRとは

PBR(倍)=株価÷1株あたりの純資産(PBS)

銘柄が割安かどうかを判断する指標です。

PBRは株価純資産倍率です。

純資産とは、企業の総資産から総負債を引いたもので、「株主資本」とも呼ばれます。

あるいは、企業が解散した場合、株主に分配されることから、「解散価値」とも呼ばれます。

PBRは、株価を一株あたりの純資産で割った数値のため、純資産に対して株価が割高か割安かを示します。

PBRが1倍以上であれば純資産に対して割高、PBRが1倍未満であれば純資産に対して割安です。




PERとは

PER(倍)=株価÷1株あたり当期純利益(EPS)

PERは株価収益率のことです。

PBR同様、銘柄が割安かどうかを判断する指標です。

具体的には、企業の利益に対して、株価が割高か割安かを示すものです。

PERの数値が高いほど利益に対して株価は割高低いほど利益に対して株価は割安です。

当期純利益(EPS)とは、1年間で企業が稼いだ純利益から法人税などを差し引き、最終的に残った利益のことです。




PERは、平均が15倍です。

そのため15倍より高ければ割高・低ければ割安という判断になります。

まとめ

バリュー株投資をするうえで、PBRとPERは重要になってきます。

大きく分けると、PBRが資産に対して割安か、PERが収益に対して割安かという違いです。

実際の株式投資でより有効となるPBRとPERの応用編について追々説明していきます。


類似記事

【 実質PBR 】株式投資で重要

株式投資における税金・手数料・スリッページ

配当と株主優待


楽天証券 | ネット証券(株・FX・投資信託・確定拠出年金・NISA)
投資信託や確定拠出年金、NISAなら初心者に選ばれる楽天グループの楽天証券。SPUに仲間入りし、ポイント投資で楽天市場のお買い物のポイントが+1倍!取引や残高に応じて楽天ポイントが貯まる、使える楽天証券でおトクに資産形成を始めよう!
株式
スポンサーリンク
\Follow/
スポンサーリンク
\Follow me/
\Follow/
Miories
タイトルとURLをコピーしました